命の危険から身を守れるという観点で, 予防接種が推奨されています。 流行型と予防接種した型が近しいものだった場合は、 去年と同じ型でも、翌年には少しずつ変異したものが再度渡ってきます。, そのため、型は似ていても自分の身体にある抗体とは 47 0 obj <> endobj インフルエンザの特効薬は %%EOF インフルエンザウイルスの構造が大きく変化すると、多くのヒトはこの新型ウイルスに免疫を持たないために感染が拡大したと考えられています。 ヨーロッパで最も古い記載は紀元前412年のヒポクラテスとリヴィによるものとされています。 実は大丈夫なんですよ!でも感染する可能性はあるんで. No.3 インフルエンザの基礎知識, No.2 災害時の感染症の動向と感染対策の考え方. 今年もインフルエンザの流行時期が近づいてきています。 今年もA型に感染するということだって、十分にあり得るのです。 �0X 5=�b���!��y2A�؛�)�NO��bt�>��6�V�5DE=���dUƷ�v�}�l�-r�f��2t�'��1H�� �*�{���%��hj嚫����]3�k&A��.0Մ��y�U��(K�9�#CI8�gی�P;e�������)e�8�G�u���>�.�r#K�NsN���ZZ��{U|;ƫ��`�@ 6cs�±J�t��Np'͌���y���' 身体もだるくて辛い症状が1週間程続く病気です。 インフルエンザは急激に熱が上がり、 80 0 obj <>stream うがい、手洗い、マスクの着用などが効果的な対処法と言えるでしょう。, 以下に、インフルエンザ予防のための手洗い法を説明した動画がありますので、ご覧下さい。 インフルエンザは、渡り鳥が運んでくる. インフルエンザとはなにか?普通の頭痛と何がい違うのか, アース製薬 ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 本体+グレープフルーツの香り 250ml×4点セット (4906156800449). 例年は12月中旬以降に流行期を迎えるインフルエンザですが、今年は11月中旬に流行が始まりました。 インフルエンザがなぜ冬に流行するのかを探ると、今年の流行が例年より1か月早まった理由が見えて来るかもしれません。 インフルエンザウイルスがどこで発生するかというと、 シベリアやカナダなどの、北の国の湖です。 そして、その湖のウイルスたっぷりの水を水鳥が飲み、 受けておくに越したことはないものと言えるでしょう。, このように、インフルエンザの流行は、 2015年、シベリアから何とも恐ろしく不気味なニュースが舞い込んできたことをご存知だろうか?, 当時、仏国立科学研究センター(CNRS)などの研究グループの発表によると、約3万年前のシベリアに存在する永久凍土から新種のサンプルを発見したという。なお、同ウイルスの発見は永久凍土から採取した土壌サンプルから明らかになったという。, このニュースが報じられると瞬く間に全世界へ拡散。 新型インフルエンザに変異するのではと恐れられていた強毒のh5n1鳥インフルエンザウイルスは、中国南部に初めて出現してから14年が経ちました。 変異しやすいインフルエンザウイルスにとって、14年というのは大きく変異するのに十分な時間だと考えられます。 これって同じ布団で寝ている人に感染したりしないのだろうか? インフルエンザウイルスは、カモ等の水鳥が運んできます。シベリアの凍土の中に凍結保存されていたインフルエンザウイルスをカモが水やエサをついばむ時に一緒に飲み込み、インフルエンザウイルスを保有したカモになります。 「なぜインフルエンザは日本で猛威を振るうのだろう?」 2. 時期がピッタリと一致していることがわかると思います。, しかし、不思議なことにインフルエンザウイルスに感染した渡り鳥たちは、 有名なタミフル以外にもリレンザと言うものがあります。 こる感染症, No.11 冬場の感染症に気をつけよう!, No.9 麻しん(はしか)に備える, No.8 東京五輪をむかえるにあたって知っておきたい感染症の基礎知識, No.7 インフルエンザを正しく知ろう, No.5 デング熱・ジカ熱などの蚊が媒介する病気に注意!. 流行時期にはありとあらゆる予防策を張り巡らす必要があるのです。, やはり、インフルエンザも風邪と同じく、 体内の抗体は型が違うため、A型の抗体は全く効果を表さないということになります。, ですが、去年はA型に感染して、 一致しないものが体内に入り込むため、 シベリアやカナダなどの、北の国の湖です。, そして、その湖のウイルスたっぷりの水を水鳥が飲み、 「交差反応」という反応が起き、少し違った型でも抗体が働いてくれるのです。, ただ、これは、あくまで重症化を食い止める働きがあるという程度で、 飲まないほうが良いのです。 ‰Æ’{‰q¶ŽŽŒ±ê‚̃Cƒ“ƒtƒ‹ƒGƒ“ƒUî•ñ‚âC 完全に感染をブロックできるほどのものではありません。, しかし、ながら、重症化しやすい老人や子供には、 春になると元気にまた北の国へ戻っていくのです。, そして、翌年の秋、また新たにウイルスを持って日本に渡ってきて流行…… 2014年3月、ある科学専門誌に驚くべき論文が掲載された。 そこにはシベリアの永久凍土の地下30mから32,000年前のウイルスが掘り出され、さらに再活性化=復活したというのである。 インフルエンザは、渡り鳥が運んでくる. 寒くなると頻繁に注意喚起される、インフルエンザ。 恐らく皆さんご存知のことと思いますが、そのウイルスはどこから来るのでしょう。, インフルエンザウイルスがどこで発生するかというと、 î�E0�Y6������(��®@��r�e�ό7�6�T�}����6걌IF�?���.�dU������%��ZM��$?x�ɜt°5����. そして,鳥型インフルエンザウイルスは,渡り鳥に乗って長距離移動します。 北大の研究者グループが,シベリアの水鳥の繁殖地で,インフルエンザウイルスがプールされていることを突き止めました。 ‚ªi“Á‚ɉa•t‚¯‚ð‚µ‚Ä‚¢‚él‚Í’ˆÓ‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢‚ˁjccB 出来れば罹りたくないですし、 Copyright (C) 2020 Quality of Life Style All Rights Reserved. 結局治療費を払うくらいなら、 インフルエンザのウイルスは、気温が低いシベリアなどの北国の湖で生まれます。 ここは低温なので、インフルエンザのウイルスが保管されるには最適な環境で、いつでもウイルスがあります。 しかし、これだけならインフルエンザの流行は遠い北国だけの話で終わりますよね。 1. 0 毎年注意しなければいけないものというのがわかりますね。 2005年8月18日、ロシアのシベリア・ウラル地方の36居住地区で鳥インフルエンザ(h5n1型)確認、さらに67地区で感染の疑い。 飼育および野生の鳥が1万1千羽以上死に、感染防止為12万1千羽以上を処分。 [��7VQ�FU�J�X|W���Z�^׭����.���_�E���u@v;��u�Y���zϥ�o���6?\��,�(�R.����6�Jc&����u~;�4�9�I�P� �b���z����i~�R�z7���sl��`d�ށJ�f�b�[нZa���I�%���(1V6��(�e�r2H�K=�6ů 「どうやって北国から日本にやってくるんだろう?」 などが気になるところです。 次の章 … 体内にウイルスを持ったまま、寒くなると南下して日本に渡ってきます。, そして、ウイルスを含んだ糞などを日本に落とし、 二度と感染しなくなっても良さそうなのに、何故毎年感染してしまうのでしょうか。, この型が違えば抗体自体が違うのは当然です。 この季節を元気に乗り切るべく、. インフルエンザウイルスはどこから来るの? インフルエンザウイルスの王国は、シベリアやカナダなどの北国の湖に存在していました。 海外に行ったことはないので画像で確認しただけですが、一面綺麗な氷で覆われていて透明感溢れる凍結の世界が広がっています。 インフルエンザウイルスがどこで発生するかというと、 シベリアやカナダなどの、北の国の湖です。 そして、その湖のウイルスたっぷりの水を水鳥が飲み、 病状が長引かずに回復が早まるというメリットがありますので、 罹っても早く治したい、又は軽く罹りたいと思いますよね。, インフルエンザは一旦罹ってしまうと、高熱にうなされるわ リレンザでは解熱はできないそうですよ!Σ(゚口゚; 頭痛がした時は頭痛薬を飲みますよね? ™‚à‚Á‚Əڂµ‚­’m‚肽‚¢•û‚́C 身体の防御機能が働かず、翌年も再度感染してしまうのです。, それでは、インフルエンザの予防接種は効果がないのでは、 そこから巡り巡って人に感染するというわけです。, この渡り鳥が飛来する時期は秋~冬、 65 0 obj <>/Encrypt 48 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<895398B4DC8D48A39BFAFB215054DF76>]/Index[47 34]/Info 46 0 R/Length 87/Prev 595567/Root 49 0 R/Size 81/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 去年感染したからと、今年は大丈夫というわけにはいかないのです。, ですから、予防接種を含め、 人間に感染したときに生じるような症状を起こしません。, そのため、ウイルスを持っているにも関わらず、大量死などせずに、 一度感染して完治したら、抗体ができて 特効薬と言うなら熱も下がりそうですが、 %PDF-1.6 %���� endstream endobj 48 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O(�OaN�6I$$��*�p n�]�1 �K���Tᝲ)/P -1340/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(r�X�7������G� )/V 4>> endobj 49 0 obj <>>> endobj 50 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]>>/Rotate 0/TrimBox[0.0 0.0 595.276 841.89]/Type/Page>> endobj 51 0 obj <>stream ]もいる。, また、鳥インフルエンザウイルスは加熱すれば感染性がなくなる。食品中にウイルスがあっても、十分に加熱して食べれば感染の心配はない。日本の農林水産省は「家きん肉は十分加熱して食べて下さい。未加熱または加熱不十分なままで食べることは、食中毒を予防する観点からもおすすめできません。」、そして、「家きん卵は、国内では、生で食べることを考えて生産されていますが、不安な方や体調の悪い方は、加熱(WHOの食中毒防止のための加熱条件:中心部70℃、瞬間)することをおすすめします。」と呼びかけた[3]。, ヒトインフルエンザで、現在まで流行を繰り返してきた型は、(H1, H2, H3) × (N1, N2) である(ヒトには、B型・C型も感染する)。その他、家畜のブタ・ウマ・ミンク、野生のアザラシ・クジラの感染が知られている。ヒトに感染するタイプのウイルスは、水鳥起源のウイルスがブタに感染し、ブタの体内でウイルスが変異(交差)したという仮説があり、遺伝子 (RNA) 解読による進化系統分析の裏付け研究がなされている。, H5N1型の鳥インフルエンザウイルスは、鳥から鳥に感染するものであり、まれに人に感染することがあるが、ヒトインフルエンザウイルスと異なり、ヒトからヒトへの感染拡大は確認されていない。しかし、鳥インフルエンザウイルスの感染が広域化・長期化しているため、豚やヒトの体内で突然変異する危険性が高まっている。多くのウイルス学者らは、ヒト新型インフルエンザの発生が15-20年の周期で起きる可能性をすでに1980年代後半から示唆しており、最後の新型インフルエンザ発生にあたる1977年のソ連かぜから20年後に発生した香港鳥インフルエンザが新型ヒトインフルエンザとして大流行する危険性を指摘している。世界保健機関 (WHO) も、香港1997年型の発生直後から、鳥インフルエンザの監視体勢を強化しており、2005年には世界各地で流行している鳥インフルエンザが、いつ突然変異で新型ヒトインフルエンザになって世界的な大流行(パンデミック)を起こしてもおかしくないと警告している。そうなった場合、最大で5億人が死亡すると試算されている。, 人から人へ感染するウイルスへと変異した場合の人体に対する毒性であるが、現状存在するインフルエンザウイルスとの遺伝子交雑で生まれた新型インフルエンザウイルスの場合、毒性は減少すると考えられている。しかし、ヒトインフルエンザウイルスと交雑せずH5N1単体で突然変異を起こし、人への感染力を持った場合は、現状の強毒性を保ったままの可能性がある。これは、スペイン風邪とソ連かぜのウイルス型が同一(H1N1型)であったにもかかわらず、死者数に大きな違いがあったことの原因の一つではないかと考えられている。, 鳥用ワクチンが開発されているが、ウイルスの感染を完全回避はできず発症を抑えるものである。そのため、日本では鳥インフルエンザウイルスの感染拡大の阻止には無力であると誤解されている。また、ワクチンを使用すると、抗体検査による感染鶏区別が不可能となり摘発淘汰が困難になるといわれているが接種方法の工夫によりそれは回避できる。海外のワクチンを使用した地域ではウイルス撲滅に成功している。しかし、日本では使用は禁止されている。ニワトリからのウイルスの排出量が激減して流行を抑えられる可能性が高い為、養鶏業界からはワクチンの接種を認めるように求める声が、2011年2月現在、高まっている。, よって有効な撲滅法は、発生地点の5〜10km範囲のニワトリ等を直ちに摘発淘汰することである[4], 鳥インフルエンザウイルスが変異して人に感染する「新型インフルエンザ」が大流行した場合、一時的な対策としてウイルスの増加を抑制するノイラミニダーゼ阻害薬であるオセルタミビル(商品名タミフル)とザナミビル(商品名リレンザ)が有効であろうと期待されている。オセルタミビルはスイスのロシュ社、またザナミビルは英国のグラクソ・スミスクライン社 (GSK) でしか製造されていないため、現在、アメリカやヨーロッパなど世界中から需要が集中し、日本が確保するのは困難な状況である。, 現状ではワクチンはまだ臨床試験の段階で、「プレパンデミックワクチン」と呼ばれている。河岡義裕東京大学医科学研究所教授が開発したリバースジェネティクス法により作られている[5]。本来のワクチンの開発には「新型インフルエンザ」が発生してから、その株をもとに開発するため半年以上かかるといわれており、その間の対応の際に使用するものである。そのため「過労や寝不足を避ける」「手洗い・うがいをする」などの防衛策を日頃から徹底するしかない。, 1997年の香港でのHPAI(H5N1型)による死者発生の際には、直ちに香港全域の鶏淘汰の措置がとられ、パンデミックが回避された。, 3機関は2004年1月27日、アジアでの鳥インフルエンザについて「世界的な流行を引き起こす、非常に危険な人間の伝染病に変異する可能性がある」と警告する共同声明を発表した。, 2005年、東南アジアで猛威を振るっている高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1型が欧州でも相次ぎ確認され、世界的な危機が高まっている。世界保健機関の統計によると、東南アジア各国で11月までに鳥インフルエンザで62人が死亡している。また、アジアでは2003年後半以降、133人が高病原性鳥インフルエンザに感染し、68人が死亡している。, 中国では家禽の飼育数が150億羽近くもあり、世界の5分の1を占めている。また中国では切り身の生肉だけではなく、ケージに入れられた鶏・鳩・ウズラ・アヒルが生きたままの状態でも売られている。, ベトナムのメコン・デルタ地域が鳥インフルエンザの発生と人への感染が顕著である。同地域は、家族単位で多数のニワトリやアヒルの放し飼いが一般的で、広範囲に移動するために鳥インフルエンザウイルスが伝染しやすく衛生管理が行き届かないため、家禽飼育の計画化や衛生管理の徹底が急務とされる。, 2006年8月16日、ベトナム保健省は、同国で今月、鳥インフルエンザによく似た症状で死亡した30代の2人の男性患者が、検査の結果いずれも高病原性H5N1型ウイルス陰性だったことが判明したことを受けて、鳥インフルエンザの新型ウイルスが存在する疑いがあるとして警戒を呼びかけた。また同省次官は、H5N1型ウイルスが検出されなかったのは、ウイルスの変異か遺伝子交換で新型ウイルスが生じた可能性があると述べた。ベトナム政府は、8月8日、鳥インフルエンザ対策とH5N1型ウイルスの対人感染予防対策の強化を指示した。, 2007年2月13日、ベトナムの農業・地方開発相は、鳥インフルエンザを基本的に征圧したと発表した。, インドネシアでも鳥インフルエンザウイルスが人にも感染し、死者が出ていることが知られていた。世界保健機関 (WHO) の協力で、2005年になって鳥インフルエンザでの死者が12月までに9人出ていることが分かった。, ロシアでは、モスクワ周辺で鳥インフルエンザの感染が確認されていたが、ウクライナでの公式確認は2005年12月までなかった。ウイルスが見つかった地域に非常事態宣言を発令し、政府がウイルスの詳しい調査や住民の健康診断などを実施した。, 世界の30カ国の政府高官による鳥インフルエンザ対策会議が、カナダのオタワで2005年10月25日から2日間の日程で開かれた。同会議では、感染発生や国連を初めとする国際機関の主導的役割の重要性を確認する全部で18項目の声明を発表した。同声明では、鳥からヒトへのウイルスの感染に関する研究推進や関連機関同市のネットワーク拡充を勧告している。, 2006年ロシアのサンクトペテルブルクで開催されるG8サミット(主要国首脳会議)で、アジアを中心に広がる鳥インフルエンザへの対策を最優先課題とした。, イラワジ・チャオプラヤー・メコン経済協力戦略 (ACMECS) に参加するタイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの5カ国の首脳会議が、2005年11月1日から3日までタイのバンコクで開かれ、鳥インフルエンザ防止などで合意した。鳥インフルエンザ対策として、監視・対応システムの強化、家禽・家畜の監視、地域の監視即応ネットワーク、参加国間の情報交換で一致した。, 世界保健機関 (WHO) が2005年11月7日から9日まで、鳥インフルエンザ対策の専門家会議をジュネーブで開いた。北半球が冬を迎え、渡り鳥の渡来などで世界的な感染拡大が懸念されるため、治療薬などの確保などの対策が話し合われた。また、アフリカ、南米など開発途上国で発生した場合の財政支援も課題に上った。米国が71億ドル(約8,200億円)の対策を打ち出している。, 2005年11月29日、国連食糧農業機関 (FAO) は、鳥インフルエンザの人間への感染予防には家禽の間でのウイルス感染を防ぐことが重要であり、一部の感染国で行われている都市での野鳥駆除は鳥インフルエンザの予防として意味がなく、家禽の感染防止活動への注意をそらすものだと警告した。, 2005年12月22日、世界保健機関 (WHO) の西太平洋地域事務局長は中国での感染の状況について、沈静化しつつあると見るのは時期尚早であり、人の感染がさらに出ても驚くには当たらないと警告し、中国側に対策を強化するように促した。また鳥インフルエンザに感染した鳥から採取した鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)のサンプルが、中国から全く提供されていないことを明らかにした。, 疫学的な面では厚生労働省・国立感染症研究所、養鶏関連などについては農林水産省、野鳥については環境省が主体となって、対応を行っている。, ブルセラ症や伝達性海綿状脳症 (BSE) と同じく、家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つに指定されている。感染が確認され次第、都道府県知事の権限により殺処分命令が発せられ、これに基づいて殺処分が実施されることとなっている。また、発生養鶏場から半径数kmから数十km圏内の他の養鶏場で飼育される鶏の検査と、未感染であることが確認されるまで鶏生体や鶏卵の移動を自粛する要請を行う。, 2004年2月、テレビ朝日などが日本初の感染と大々的に報じたのは京都府船井郡京丹波町の浅田農産だが、ほとんど報道されていなかっただけですでに大分県、山口県、岡山県、宮崎県などで小規模な発生がみられていた。浅田農産では、これまでにない大量死を不審に思った社長が鳥インフルエンザであることを強く疑ったものの、謎の大量死が発生している旨の匿名の電話通報が保健所にあるまで創業会長の指示で隠蔽したため2次感染を招くほどの事態となった[9]。しかし、この1例を除けば、迅速な密閉撲滅作戦によりいずれも小規模で終息させ国内での蔓延を免れた。これは日本独自の防疫手法で、ウイルス発生の疑いの段階で、処分・移動停止・畜舎や運送車の消毒が、家畜保健衛生所・民間の獣医師・農家、関係業者らの連携のもと一斉に行われる。鳥インフルエンザの他、過去に口蹄疫も密閉撲滅作戦で鎮圧した。, 日本と中国で鳥インフルエンザが流行したため相互に鳥の輸入が禁止され、近親交配の弊害を避けるため予定していた日本と中国でのトキの交換が延期された。また、万一のトリインフルエンザ発生による全滅などのリスクを分散させるため、2007年12月にトキ4羽(2つがい)が東京の多摩動物公園に移送され、非公開の下で分散飼育が開始された。, 12月17日、中国江西省の衛生当局は、12月6日に肺炎で亡くなった南昌市の73歳女性から、H10N8型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。H10系列の人間への感染は初めて[63]。, 韓国全羅北道高敞郡(ドンリム貯水池は確認済み)と扶安郡のアヒル農場からH5N8亜型が検出され、2万羽が殺処分された。H5N8の検出は、韓国で初めてである。[要出典](H5N8の人間への感染例は今までのところ歴史上にない。), 家畜/家禽 - 牧畜/酪農/養豚/養鶏/養蜂 - 畜産/畜産業病原体 - 感染 - 感染経路 - 伝染病/感染症 - 海外悪性伝染病 - 人獣共通感染症 - 公衆衛生 - アウトブレイク/パンデミック - ワクチン - 屠殺 - 殺処分 - 検疫, 国際獣疫事務局 (OIE) - 国際連合食糧農業機関 (FAO) - 国立研究開発法人/農研機構(農業・食品産業技術総合研究機構) - 検疫所/家畜防疫官 - 家畜保健衛生所/家畜防疫員/獣医師 - 日本家畜商協会/家畜商 - 屠畜場/化製場 - 保健所 - 農業共済組合/農業災害補償制度, SPS協定(世界貿易機関) - OIEコード(国際獣疫事務局) - 家畜伝染病予防法(農水省) - 狂犬病予防法(厚労省) - 口蹄疫対策特別措置法 - Category:畜産関連法規, 炭疽症 - オーエスキー病 - ブルータング - ブルセラ症 - クリミア・コンゴ出血熱 - エキノコックス症 - 口蹄疫 - 心水病 - 日本脳炎 - レプトスピラ症 - 新世界ラセンウジバエ - 旧世界ラセンウジバエ - ヨーネ病 - Q熱 - 狂犬病 - リフトバレー熱 - 牛疫 - 旋毛虫症 - 野兎病 - 水胞性口炎 - 西ナイル熱, アナプラズマ病 - バベシア症 - 牛疫 - 牛海綿状脳症 - 結核 - 牛ウイルス性下痢 - 牛肺疫 - 牛白血病 - 出血性敗血症 - 牛伝染性鼻気管炎 - 皮膚病 - 悪性カタル熱 - タイレリア症 - トリコモナス病 - ナガナ病, 山羊関節炎・脳脊髄炎 - 伝染性無乳症 - 山羊伝染性胸膜肺炎 - 流行性羊流産 - 羊慢性進行性肺炎 - ナイロビ羊病 - 緬羊ブルセラオビス - 小反芻獣疫 - サルモネラ症 - スクレイピー - 羊痘/山羊痘, アフリカ馬疫 - 馬伝染性子宮炎 - 媾疫 - 東部馬脳炎 - 西部馬脳炎 - 馬伝染性貧血 - 馬インフルエンザ - 馬ピロプラズマ病 - 馬鼻肺炎 - 馬ウイルス性動脈炎 - 鼻疽 - スーラ病 - ベネズエラ馬脳脊髄炎, アフリカ豚熱 - 豚熱 - ニパウイルス感染症 - エキノコックス症 - 豚繁殖・呼吸障害症候群 - 豚水胞病 - 伝染性胃腸炎, クラミジア - 鶏伝染性気管支炎 - 鶏伝染性喉頭気管炎 - 鶏マイコプラズマ病 - あひる肝炎 - 家禽コレラ - 家禽チフス - 鳥インフルエンザ - 伝染性ファブリキウス囊病 - マレック病 - ニューカッスル病 - ひな白痢 - 七面鳥鼻気管炎, アカリンダニ症 - アメリカ腐蛆病 - ヨーロッパ腐蛆病 - スモール・ハイブ・ビートル症 - ミツバチトゲダニ症 - バロア病, 伝染性造血器壊死症 - 伝染性造血器壊死症 - コイ春ウイルス病 - ウイルス性出血性敗血症 - 伝染性膵臓壊死症 - 伝染性サケ貧血 - 流行性潰瘍症候群 - 細菌性腎臓病 - ギロダクチルス症 - マダイイリドウイルス病, Bonamia ostreae感染症 - Bonamia exitiosus感染症 - Marteilia refringens感染症 - Mikrocytos roughleyi感染症 - Perkinsus marinus感染症 - Perkinsus olseni感染症 - Xenohaliotis californiensis感染症, タウラ症候群 - 白点病 - イエローヘッド病 - バキュロウイルス・ペナエイによる感染症 - モノドン型バキュロウイルスによる感染症 - 伝染性皮下造血器壊死症 - ザリガニ病, 牛疫 - 牛肺疫 - 口蹄疫 - 日本脳炎 - 狂犬病 - 水胞性口炎 - リフトバレー熱 - 炭疽症 - 出血性敗血症 - ブルセラ症 - 結核病 - ヨーネ病 - ピロプラズマ症 - アナプラズマ病 - 牛海綿状脳症 - 鼻疽 - 馬伝染性貧血 - アフリカ馬疫 - 豚熱 - アフリカ豚熱 - 豚水胞病 - 家きんコレラ - 高病原性鳥インフルエンザ - ニューカッスル病 - 家きんサルモネラ感染症 - 腐蛆病, ブルータング - アカバネ病 - 悪性カタル熱 - チュウザン病 - ランピースキン病 - 牛ウイルス性下痢・粘膜病 - 牛伝染性鼻気管炎 - 牛白血病 - アイノウイルス感染症 - イバラキ病 - 牛丘疹性口炎 - 牛流行熱 - 類鼻疽 - 破傷風 - 気腫疽 - レプトスピラ症 - サルモネラ症 - 牛カンピロバクター症 - トリパノソーマ病 - トリコモナス病 - ネオスポラ症 - 牛バエ幼虫症 - ニパウイルス感染症 - 馬インフルエンザ - 馬ウイルス性動脈炎 - 馬鼻肺炎 - 馬モルビリウイルス肺炎 - 馬痘 - 野兎病 - 馬伝染性子宮炎 - 馬パラチフス - 仮性皮疽 - 小反芻獣疫 - 伝染性膿疱性皮膚炎 - ナイロビ羊病 - 羊痘 - マエディ・ビスナ - 伝染性無乳症 - 流行性羊流産 - トキソプラズマ病 - 疥癬 - 山羊痘 - 山羊関節炎・脳脊髄炎 - 山羊伝染性胸膜肺炎 - オーエスキー病 - 伝染性胃腸炎 - 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎 - 豚繁殖・呼吸障害症候群 - 豚水疱疹 - 豚流行性下痢 - 萎縮性鼻炎 - 豚丹毒 - 豚赤痢 - 鳥インフルエンザ - 鶏痘 - マレック病 - 伝染性気管支炎 - 伝染性喉頭気管炎 - 伝染性ファブリキウス嚢病 - 鶏白血病 - 鶏結核病 - 鶏マイコプラズマ病 - ロイコチトゾーン病 - あひる肝炎 - あひるウイルス性腸炎 - 兎ウイルス性出血病 - 兎粘液腫 - バロア病 - チョーク病 - アカリンダニ症 - ノゼマ病, https://web.archive.org/web/20020615095403/jpa.or.jp/news/kakin/gaku_infuru.html, 「4)日本におけるヒトのH5N2鳥インフルエンザ感染とH5N2中和抗体価高値に関連する因子」, つがいの2羽だけでも…兵庫・伊丹の昆陽池で鳥インフルが猛威 市のシンボル、コブハクチョウが大ピンチ, 島根県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認及び「高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部」の設置について, 鹿児島県出水市における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 福島県郡山市における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 兵庫県伊丹市における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 島根県の国指定宍道湖鳥獣保護区における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 北海道の国指定厚岸・別寒辺牛・霧多布鳥獣保護区における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 愛知県及び鹿児島県において確認された高病原性鳥インフルエンザのウイルス分析結果について, 高知県仁淀川町における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 長崎県長崎市における高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプの確認に伴う環境省の対応について, 宮崎県における8例目の高病原性鳥インフルエンザ発生農場を中心とする移動制限区域内の感染確認検査の結果等について, 死亡野鳥(オシドリ)の高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例に関する遺伝子検査の結果について, 高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例(10例目)に関する遺伝子検査の結果について, First Human Avian Influenza A (H5N1) Virus Infection Reported in Americas, WHOが確認した鳥インフルエンザA (H5N1) ヒト感染症例、2003年11月〜2008年5月, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鳥インフルエンザ&oldid=79655458, 宮崎県9例目(都農町2例目)宮崎県児湯郡都農町大字川北の肉用鶏養鶏所(96,000羽)で死亡羽数増加(2月4日に35羽→2月5日に約150羽の死亡の確認)の連絡があり、宮崎家畜保健衛生所で簡易検査を実施したところ4羽中4羽が陽性となった。同日、宮崎家畜保健衛生所で遺伝子検査を実施したところ午後8時頃、4羽中4羽でH5亜型と判明する。, 宮崎県11例目(宮崎市3例目)。2月6日夜、宮崎県宮崎市高岡町内の肉用鶏養鶏所(約33,000羽)で死亡羽数増加。宮崎家畜保健衛生所でA型インフルエンザの簡易検査を行ったところ陽性が確認される。7日、宮崎県の家畜保健衛生所による遺伝子検査の結果、H5亜型陽性であることが判明。疑似患畜と判定される。, 10月以降、鳥インフルエンザの家禽への感染拡大防止のためワクチン接種に力を入れた結果、約50億羽の家禽が, 2006年までに、鳥インフルエンザの人への感染が広がり、これまで7人が感染し、3人が死亡している。, 2003年12月以来、3回の鳥インフルエンザの流行があり、合計5000羽の家禽が殺処分された。, 2005年10月はじめから家禽にH5N1型鳥インフルエンザが発生した地域は8省2都市に広がった。, 2005年11月には、家禽に鳥インフルエンザに感染した地域は13の省・都市に広がった。新たに感染が見つかったのは, 11月19日、閣僚会議で家禽の鳥インフルエンザ発生地域は17省・都市に広がったと報告された。新たに発生したのは北部, 2005年12月に入って新たに8歳の少年と39歳の男性が、鳥インフルエンザで死亡したことが分かった。鳥インフルエンザによる死者は11人となった。世界保健機関の検査で確認された。, 2006年5月に、北スマトラ州で同じ親族が相次いで鳥インフルエンザに感染して死亡した。世界保健機関 (WHO) が「限定的かつ非持続的なヒトからヒトへの感染」があったことを確認した。WHOにより確認されたのは初めて。WHOは今回のケースについては、H5N1型ウイルスの変異があったものの極めて軽微な変異であり、重大な懸念や警戒を発するに当たらないとの認識を示した。, 2006年8月、インドネシア保健省は、新たに16歳の少年少女2人の死亡を確認した。, 2005年の鳥インフルエンザ世界的な広がりを受けて、日本政府は鳥インフルエンザ対策省庁会議を設けている。, 2005年10月、第5回鳥インフルエンザ等に関する関係省庁対策会議を開いた。これまでは国内の鶏での発生対応が目的であったが、人から人へ感染する新型インフルエンザ発生の危機が高まっていることから、今後は人での発生も視野に入れ、政府を挙げて対応することになった。, 2005年10月31日の、農林水産省の「高病原性鳥インフルエンザ感染経路究明チーム検討会」中間報告書は、, 2005年11月30日、厚生労働省は自治体の感染症担当者会議を開き、新型インフルエンザの発生に備えて国の行動計画について説明した。, 2005年12月9日、茨城県で新たにH5型の抗体陽性が確認され、以前からの検査には検査材料を若い鶏からのみ採取していたことが発覚した。2005年12月までに茨城県の40養鶏場と埼玉県の1養鶏場において、鶏からウイルスが分離されるか、抗H5抗体陽性が確認された。分離されたインフルエンザウイルス株はグアテマラ株と近縁であり、A/ck/Ibaraki/1/2005(H5N2)と名づけられた。, 1983 - 85年:アメリカ・ペンシルベニア州 HPAI(H5N2型)(ニワトリと七面鳥), 1994年:オーストラリア・クイーンズランド州 HPAI(H7N3型)(ニワトリ), 1994 - 95年:メキシコ(H5N2、低病原性→高病原性、ニワトリ)。感染拡大後に高病原性に突然変異。, 1997年:オーストラリア・ニューサウスウェールズ州 HPAI(H7N4型)(ニワトリ), 1997年:香港 HPAI(H5N1型、ニワトリ)。最初の人への感染(18人感染、うち幼児6人死亡)。, 1999年3月:北イタリア(H7N1、低病原性→高病原性)。当初は低病原性で国の強権発動対策せず。しかし同年12月17日, その他、日本国内にて1996年9月と12月に低病原性タイプと疑わしい事例が発生したが、ウイルスの分離特定はできなかった(H3型としている情報もある)。, 2002年2月、香港 HPAI(H5N1型)。中国福建省に旅行した香港人が感染、2人が死亡。, 2003年12月10日、香港政府ヒトへの感染例を公表(H9N2型)。5歳の少年、11月27日入院 2日後退院, 2003年12月12日 - 、韓国 HPAI(H5N1型)。百数十万羽が死亡もしくは処分。, 2003年12月 - 、ベトナムの養鶏場で流行中、10万羽以上死亡。HPAI(H5N1型)。, ベトナムの感染者は22人、死者は15人(3月10日現在)。内、人から人への感染の疑い例もあるが未検証。淘汰処分された鶏は200万羽以上。, 2004年1月16日、タイにて、HPAI(H5N1型)による死者発生。人から人への感染の可能性があるが未検証。, タイの感染者は12人、死者は8人(3月17日現在)。ペット猫2匹死亡。動物園のヒョウ1匹死亡。, 2004年2月27日、中国広西チワン族自治区南寧市の農場で200羽(アヒル)HPAI(H5N1型)。中国初めての公式報道、以後続々と報道, 2004年2月27日、京都府丹波町の上記養鶏場で28,000羽死亡。HPAI(H5N1型)が検出。2/28迄に累計で約7万羽死亡(2/20〜3/2の累計、13万羽超死亡、計25万羽淘汰処分)。鶏全数を淘汰処理(埋設)。, 2004年3月3日、京都府丹波町の近接養鶏場Tで鶏の死20羽。HPAI(H5N1型)検出。Tの鶏全数を淘汰処理(埋設)。, さらに3/4,3/5に丹波町で捕獲の衰弱ハシブトガラス2羽からもHPAI(H5N1型)検出 (3/12)。, 3/10に丹波町で回収の死亡ハシブトガラス1羽、HPAI(H5N1型)確認 (3/16)。, 3/14に大阪府茨木市で回収の死亡ハシブトガラス1羽よりトリインフルエンザ簡易検出 (3/18), 9月14日、マレーシア農業省、タイとの国境に近い州でH5型に感染した鳥見つかると発表。マレーシア保健省、26歳と8歳の兄妹、10歳の少女鳥インフルエンザ感染、隔離入院と発表。, 2005年10月17日、中国湖南省の9歳の少年が、鳥インフルエンザに感染し、10月10日に発病し、発熱、肺炎の症状があり、10月12日に退院したが、同少年の姉が同症状で10月17日に死亡した。抗体検査で陰性を示し確定に至っていない。, 2005年10月19日、ロシアのトゥーラ州(モスクワから200キロ余りの南、ロシア欧州部)で鳥インフルエンザH5N1型のウイルス検出された。, 2005年11月3日、ベトナムのバクザン省で呼吸困難になった患者一人が、鳥インフルエンザ感染の疑いで隔離された。, 2005年11月4日、農水省は、茨城県の養鶏場で、また新たに感染歴を示す抗体陽性の鶏が見つかったと発表した。同養鶏場の開放型鶏舎の18万羽に殺処分命令を出した。同県内で抗体陽性の鶏が見つかった養鶏場は32カ所と広がった。, 2005年11月4日、中国農業省は、同国東北部の遼寧省黒山県での鶏の大量死はH5N1型ウイルスによる鳥インフルエンザと発表した。鳥インフルエンザ発生の周辺で家禽約37万羽が処分された。, 2005年11月5日、世界保健機関は、インドネシアで19歳の女性が鳥インフルエンザに感染し死亡したことを確認した。これで鳥インフルエンザ感染による同国の死者は5人となった。, 2005年11月6日、中国衛生省は、鳥インフルエンザ(H5N1型)が発生した湖南省湘潭県で肺炎になった男女三人(うち一人死亡)について鳥インフルエンザに感染した可能性も考慮するとした。, 2005年11月7日、ベトナム保健省が、ハノイでH5N1型鳥インフルエンザウイルス感染による死者が10月末に出たと発表した。, 2005年11月10日、中国遼寧省北寧市の農村地帯でニワトリが鳥インフルエンザH5N1型に感染したと発表。, 2005年11月10日、中国安徽省で、24歳の女性が鳥インフルエンザに感染し、11月1日に発病し、発熱、肺炎の症状を示し、死亡した。, 2005年11月17日、インドネシアで鳥インフルエンザにより新たに16歳と20歳の女性二人が死亡したことを世界保健機関が確認した。, 2005年12月3日、インドネシア保健局は、鳥インフルエンザ感染者の死亡が確認されたと発表した。同国では8人目。4日前に死亡したインドネシア人女性患者 (25) の感染を世界保健機関が確認した。, 2005年12月12日、インドネシアの保健相は、11月に死亡し35歳の男性を世界保健機関が鳥インフルエンザに感染していたことを確認したと発表した。, 2005年12月22日、インドネシアで新たに二人が鳥インフルエンザで死亡したことが、世界保健機関の検査で分かった。, 1月8日にはカナダで初めてのH5N1インフルエンザウイルスによるヒトの死亡事例が報告された。この患者は家禽におけるH5N1インフルエンザウイルスの流行が認められている中国からの帰国者である。南北のアメリカ大陸でヒトのH5N1患者が報告されたのはこの事例が初めてであり、また、カナダでは家禽におけるH5N1インフルエンザウイルスの流行がないため、H5N1インフルエンザウイルスが家禽で流行していない国でH5N1インフルエンザウイルスの感染患者が発生した初めての事例でもある. というのを繰り返すというわけですね。, でも、インフルエンザはウイルス性の病気ですから、 ��l �)Dʔ��30�V�.U�H�O��?�10m�����j��� �vA インフルエンザは、もとをたどるとすべてが鳥インフルエンザに行き着きます。というのも、インフルエンザウイルスは本来、カモやアヒルなど足に水かきのある水鳥、渡り鳥に感染するウイルスだからで … 鳥インフルエンザ(とりインフルエンザ、英語: Avian influenza, Avian flu, bird flu)とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症である。トリインフルエンザとも表記される。また、鳥インフルもしくは鳥フルと略称されることがある。なお俗に、これらの原因となる鳥インフルエンザウイルスのことを略して鳥インフルエンザと呼ぶこともある。, 水禽類(水鳥)の腸管で増殖し、鳥間では(水中の)糞を媒介に感染する。水禽類では感染しても宿主は発症しない。ウイルスの中には、家禽類のニワトリ・ウズラ・七面鳥等に感染すると非常に高い病原性をもたらすものがある。このようなタイプを高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)と呼び、世界中の養鶏産業にとって脅威となっている。, ウイルスの病原性は、OIEの定める判定基準に従って判定される。家畜伝染病予防法では、家禽に感染するA型インフルエンザウイルスのうち、HA亜型に関わらず病原性の高い株による感染症を高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)、病原性は低いがH5もしくはH7亜型である株による感染症を低病原性鳥インフルエンザ(LPAI)としてそれぞれ法定伝染病に、H5およびH7亜型以外の亜型で低病原性のものを鳥インフルエンザとして届出伝染病に指定して区別している[1]。, 鳥インフルエンザとは文字通り「鳥のインフルエンザ」であり、ヒトが感染するインフルエンザとは別物である。ヒトのインフルエンザの原因となるヒトインフルエンザウイルスと、鳥インフルエンザの原因となる鳥インフルエンザウイルスは、感染対象となる動物(宿主)が異なるため、一般的には鳥インフルエンザウイルスがヒトに直接感染する能力は低く、また感染してもヒトからヒトへの伝染は起こりにくいと考えられている。, しかし大量のウイルスとの接触や、宿主の体質などによってヒトに感染するケースも報告されており、H5N1亜型ウイルスなどでは家禽と接触した人間への感染、発病が報告されている。ただし感染者は、ヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスに対するレセプターを有していた。, またヒトインフルエンザウイルス自体が、水鳥の鳥インフルエンザウイルスが何らかの過程で変異して生まれたものだと考えられているため、鳥インフルエンザウイルスとヒトインフルエンザウイルスが混じり合って変異し、ヒトの間で感染(ヒトヒト感染)する能力を持つウイルスが生まれ、新型インフルエンザが発生する危険性も指摘されている。将来それが爆発的感染(パンデミック)を引き起こす可能性があることから、鳥インフルエンザの感染の動向が注視されている。, インフルエンザウイルスの中で鳥類に感染するのはA型であり、抗原型では (H1〜H16) × (N1〜N9) と多くの組み合わせがある。種の壁があるため、ヒトにはヒトインフルエンザ、鳥類には鳥インフルエンザのみが感染すると見られてきたが、近年、ヒトに感染する高病原性鳥インフルエンザ (HPAI) が現れた。, 高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染例は少ない。日本の農林水産省は2004年3月9日、「鶏肉や鶏卵を食べることによって、人に感染したという事例の報告はない」と公表した[2]。しかし、感染者の死亡率は1997年の流行では30%であったが、2004年の流行では60〜70%と極めて毒性が強力に変異している。ただし、これらの死亡率は血清学的調査が行われていないため、本来の意味としての「死亡率」とは異なると指摘する専門家[誰?

タンニン 効能, 藤岡弘 本名, ご対応ありがとうございます 英語, お礼 英語, 安田章大 家 六本木, 彼氏 Twitterブロック, 明細とは 銀行, Twitter トレンド 見れない 2020, 詳細に説明してくれてありがとう 英語, どんぐり粉 パン, フィードバック 例 生物, 給料明細書 どこに売ってる, システム 復旧しました 英語, 藤田まこと 名言, Dtvチャンネル 料金, サムライ翔 偏光 サングラス, 引き落とし 英語, フォローしている人のリツイートが表示 されない, ヒヨドリ 漢字 頭鳥, 横山やすし ダウンタウン, 熟考の末 英語, 仮面ライダー フィギュア リアル, オリジナルタオル 大阪, 宇多田ヒカル 美食探偵 歌詞, インフルエンザ 家族全滅, あさりよしとお 使徒, 藤岡弘 子供 誰の子, まめに こまめに 漢字, Twitter 公式アプリ 使いにくい, 説明書き 意味, プーさん ラビット 性別, 台湾 うた プリ, 感心 類語 目上, インフルエンザ どこから, メリルストリープ ロバートデニーロ, 松ぼっくり イタリア語, レーガン 中曽根, インフルエンザ 国別, ナラ枯れ 画像, Web制作会社 英語, 数の単位 一覧,