本当は浅煎りのコーヒーのはずだったのに、深煎りに半分をお湯を足したものを日本では「アメリカン」としているのです。. アメリカは、世界で最もコーヒーを消費する国家です。もちろん、広大な国家面積と人口があるので純粋に量が多くなってくるのですが、それにしても規模の違う量を消費します。日本と比べると、約3倍ものコーヒーを飲んでいるとのこと。 しかしながら、国民一人あたりで換算すると、日本とほぼ同量のコーヒー消費率となっています。これは、多様性のある民族構成、貧富の差など様々な要素が関係しているためです。 2000年代から、日本のコーヒー文化を作ってきたのはアメリカでした。1996年夏に日本にスターバックスが出店し、それ以降日本にいまも続く「カフェブーム」を引き起こしています。, さらに2000年代になって、アメリカでサードウェーブ(第三の波)という波が起こります。これはまだ起きたばかり。最近の日本のコーヒー業界ではこの波が広がり続けています。, 今回はそんなアメリカでコーヒーが飲まれるきっかけとなった事件から、日本でも流行しているサードウェーブについてなど。アメリカのコーヒー文化について解説していきたいと思います。ちなみに、日本の喫茶店でよくある「アメリカン」は実はアメリカにはありません。なんでそんなことになったのかについても、ちょっとだけ解説していきたいと思います。, 喫茶店に行くと必ずあるメニュー「アメリカン」。これ、日本独自の文化だって知ってましたか?日本ではアメリカンというと、薄めのコーヒーをイメージしますよね?なぜなんでしょうか。, アメリカではボストン茶会事件という紅茶の事件から、コーヒーが飲まれるようになります。, ボストン茶会事件で海に茶を投げ捨てられる。以降、コーヒーがアメリカの常用飲料となる, 北アメリカには、17世紀後半にコーヒー、ココア、紅茶が伝わりましたが、イギリスの紅茶の飲用習慣をそのまま引き継いで、当時は紅茶の方が普及していました。ところが、イギリスが、コーヒー貿易の競争でオランダやフランスに敗北し、紅茶貿易に切り換えたことにより情勢が変わりました。イギリスは「茶条令」の発布によって輸入紅茶を独占した上で、価格をつりあげ、重い税金をかけたのです。これに怒ったアメリカの人々は、ボストンに停泊していたイギリスの東インド会社の船を襲い、積み込んであった紅茶をすべて海中に投げ捨ててしまいました。これが1773年に起こった「ボストン茶会事件」です。 コーヒーの歴史を語る上で、アメリカを外すことはできません。コーヒーのトレンドをいち早く取り入れブームを牽引しているアメリカのコーヒー文化が一体どうやって根付いたのかご紹介しています。 ©Copyright2020 コーヒーと旅するように生きる.All Rights Reserved. コーヒーの歴史を追っていく当コラム。今回は、コーヒーがヨーロッパからアメリカへと伝わった当時のエピソードに関して見ていきましょう。, コーヒーがアメリカに普及した背景には、あの有名な“ボストン茶会事件”が関係しているのです。, アメリカ(北アメリカ大陸)にコーヒーが伝わったのは1640年〜1670年の17世紀中頃だと考えられています。オランダ人によって持ち込まれたコーヒーは、当初高級品として民衆が口にできる飲み物ではありませんでした。初期のアメリカでは、“紅茶”が国民的な飲み物として浸透していたのです。, 高級品として扱われていたコーヒーですが、1680年代にはニューヨークが国際的なコーヒー豆取引場所となり、近郊のボストンでもコーヒーハウスが立て続けにオープンしたのです。, そんな中、1773年に発生したボストン茶会事件により、アメリカ国民は紅茶への関心を失っていったのです。, 当時アメリカは、独立に向けての動きが激しくなっていました。その中で、1812年から1814年まで続いた米英戦争の影響で、アメリカ国内に入ってくる紅茶の量が激減すると、国民は一気にコーヒーへと視線を向けました。, アメリカの独立後、マルティーニ諸島、ブラジル、ハイチから大量のコーヒーが流入し価格が下がりました。コーヒーにかかる関税が紅茶より安かったことも影響し、コーヒーは一気に普及し始めたのです。, アメリカが独立する直前の年間コーヒー消費量は、わずか数十グラムだったのに対し、1830年代には年間で2kg以上を消費するまでになりました。しかしながら日常的に飲用できるほど安値ではなかったため、“贅沢品”として嗜好的要素が強かったようです。, 当時のアメリカでは、コーヒー豆を運送する手段や梱包が発達していませんでした。劣化した豆には“牛の血”などが着色料として使用され、風味を良くするためにタマネギ、シナモン、ココアなどが一緒に焙煎されたといいます。, 次第に鉄道や蒸気船が発達し、コーヒー豆は新鮮なまま輸送されるようになりました。様々なコストが削減されていく中で、コーヒーの価格は徐々に下がり、一般層も気軽に楽しむ事ができるようになったのです。, そして、1920年に禁酒法が成立してからは、お酒の代わりにコーヒーが代用されることになり、需要がさらに高まっていきました。, 植民地であったアメリカは、当初イギリス他統治国の影響で紅茶が浸透していました。しかし、独立が進むにつれ次第に国民はコーヒーを楽しむようになり、現在までに至るコーヒー文化が作られていったのです。, アメリカの例を見ると、コーヒーの歴史は世界の歴史や大きな出来事と関連づいていることがよくわかりますよね。, Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!, CoffeeMecca[コーヒーメッカ]はコーヒーを飲む皆様にコーヒーをもっと趣味にしてもらう、コーヒーの総合メディアです。コーヒーの淹れ方・飲み方やコーヒーショップの紹介、コーヒーの健康法・効用などコーヒーに関わる様々なことを紹介していきます。, 日本が世界に誇るコーヒー総合機器メーカー Kalitaとロックバンド BIGMAMAのコラボレーションが実現!. アメリカ(北アメリカ大陸)にコーヒーが伝わったのは1640年〜1670年の17世紀中頃だと考えられています。オランダ人によって持ち込まれたコーヒーは、当初高級品として民衆が口にできる飲み物ではありませんでした。初期のアメリカでは、“紅茶”が国民的な飲み物として浸透していたのです。 2000年代から、日本のコーヒー文化を作ってきたのはアメリカでした。1996年夏に日本にスターバックスが出店し、それ以降日本にいまも続く「カフェブーム」を引き起こしています。さらに2000年代になって、アメリカでサードウェーブ(第三の波)という波が起こります。 世界的規模のチェーン店「スターバックスコーヒー」発祥の国、アメリカ。カフェでコーヒーをテイクアウトして待ちを闊歩する姿は映画でもお馴染みであり、コーヒー好き国家ということを象徴するシーンです。, アメリカは、世界で最もコーヒーを消費する国家です。もちろん、広大な国家面積と人口があるので純粋に量が多くなってくるのですが、それにしても規模の違う量を消費します。日本と比べると、約3倍ものコーヒーを飲んでいるとのこと。, しかしながら、国民一人あたりで換算すると、日本とほぼ同量のコーヒー消費率となっています。これは、多様性のある民族構成、貧富の差など様々な要素が関係しているためです。, スターバックスに代表されるシアトル系のカフェを中心に、国内のコーヒーチェーンだけでなく世界各国のカフェチェーンがあるのもアメリカの特徴。そのため、あらゆる種類のコーヒーを飲む機会が多くなってくるのです。, 移民も多いので、州や地域によっても飲まれているコーヒーはバラバラ。「リトルイタリー」と呼ばれるイタリア系の移民が多い地域では、エスプレッソを飲む姿がよく見られるなど、1つの国の中で世界中のコーヒー文化が集まってきていると言えます。, 都市部などでは、ドーナツチェーン店などで提供される薄いアメリカンも飲まれますし、アイスコーヒーもあります。, しかし、メニューに「アメリカン」という表記はありません。カフェで「コーヒー」と頼むとでてくるものが日本で言う「アメリカン」ですが、アメリカ人は自国のコーヒーをアメリカンと言ったりはしません。, チェーン店が発達した現在ではアメリカ国内で統一した味が楽しまれていますが、昔は東部と西部で味の違いがあったようです。, これには水質の違いが関係しています。西部は強いアルカリ性の水質であったため浅入りのもの、東部はアルカリ性も弱いため深くローストした濃いコーヒーを好んでいたのだとか。, コーヒーにミルクを入れて飲む方が多いアメリカにおいて、家庭で人気を集めているミルクが「ハーフアンドハーフ」です。, これは、ミルクとクリームが半分半分になっている製品。牛乳よりも少し濃いめのミルクで、その独特な油感が好まれています。カフェなどでも稀に見られ、ない場合は自分でミルクとクリームを混ぜて作る方もいるようです。, 以上のように、アメリカは国内で様々なコーヒーが飲まれています。人種のサラダボウルと呼ばれるだけあって、あらゆる人のニーズに応えられるカフェが多く、一般市民の方も色々なタイプのコーヒーを口にする事が多いのでしょう。, Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!, CoffeeMecca[コーヒーメッカ]はコーヒーを飲む皆様にコーヒーをもっと趣味にしてもらう、コーヒーの総合メディアです。コーヒーの淹れ方・飲み方やコーヒーショップの紹介、コーヒーの健康法・効用などコーヒーに関わる様々なことを紹介していきます。, 日本が世界に誇るコーヒー総合機器メーカー Kalitaとロックバンド BIGMAMAのコラボレーションが実現!. この事件を機にアメリカはイギリスからの独立の気運を募らせたとともに、紅茶よりもコーヒーを好むようになっていったのです。, アメリカでコーヒーが流行った当時、紅茶を輸入することが難しくなってしまい、紅茶の代わりにコーヒーを飲む人がたくさん増えてきました。そこで考えたのが「浅煎り」コーヒー。, コーヒーは収穫されてから、焙煎という「焼く」ということをします。たくさん焼くと、深煎り。あまり焼かないのが浅煎りです。浅煎りにすることですっきりと飲みやすく軽い味わいになります。, そしてこのコーヒーが日本に入ってきたとき、アメリカのコーヒーは「薄い」というイメージになります。, ですが喫茶店では浅煎りのコーヒーではなく、深煎りのコーヒーをお湯で薄めたアメリカンを提供しています。だから、もう全く別のものになっちゃってるんですよね。本当は浅煎りのコーヒーのはずだったのに、深煎りに半分をお湯を足したものを日本では「アメリカン」としているのです。, アメリカンをアメリカーノだと勘違いして、スタバやカフェなどで注文する人が多いです。ただ、こちらも全くの別物。, アメリカーノはエスプレッソを薄めたコーヒーのことです。ちなみにエスプレッソとはコーヒーを濃縮した液体とのこと。もともと濃縮したコーヒーをお湯で薄めているので、味は普通のコーヒーに近くなります。, ここまで過去のアメリカのコーヒー文化の話をしてきました。これからは最近のアメリカのコーヒー文化の話をしていきたいと思います。, 一言で言うと本当においしいコーヒーを、ていねいに一杯ずつ抽出するということですね。, です。こちらのコーヒーショップのレシピについてはほかの記事にまとめてありますので、よかったらご覧ください。, 元スタバ店員。海外のコーヒーショップをめぐり世界一周。帰国後、大学中退。コーヒーマイスターの資格所持。.

フィードバック奏法 エフェクター, 藤岡弘息子 母親, Ufotable 繋がるアクリルスタンド, コーヒー 入れ方 種類 エスプレッソ, Twitter 急に非公開, 鬼滅の刃 青い彼岸花, クロムクロ その後 ネタバレ, インフルエンザ 予防接種 2回目 違う病院, エスタック総合感冒 インフルエンザ, アセトアミノフェン 市販薬 子供, エヴァンゲリオン カヲル 死亡, 歴代総理大臣 出来事, 家事ヤロウ レシピ 餃子, ひよっこ 意味, エヴァ エクストラモデル, 郵政民営 反対, 失意 使い方, 心が叫びたがってるんだ 漫画, 三浦春馬 遭遇, どんぐりの粉 効能どんぐり製作 指導案, 民意 類義語, 大都会 トランペット, インフルエンザ 微熱 続く, Twitter リスト 更新されない, ツイッター 通知 来ない Android, 子供 インフルエンザ検査 しない, プーさん 中身,