私はビールが大好きです。めっさ好き! クジラのごとくビールを飲んでます。 ドイツといえば美しいお城などの観光スポットやおいしいご飯、ビールが有名で、一度は行ってみたいと思う方も多いと思います。今回はそんな魅力たっぷりのドイツのおすすめ観光地を、人気の観光スポットから穴場観光スポットまで一挙ご紹介します。 - © 2014-2020, Travel Book.,Inc All Rights Reserved. / デュッセルドルフ, A post shared by Alexandra Deeff (@alexandradeeff) on Jan 26, 2019 at 8:26am PST, デュッセルドルの駅から徒歩15分くらい、フライン川のほとりに13世紀に建てられたドュッセルドルフの中で1番古いとされている教会で、バジリカ(中廊が側廊より高い教会のこと)でも有名です。1815年に教会の塔が雷にうたれて焼失してしまい、1817年に上部分だけ修繕しましたが、その際に使用した木材が歪んできて、現在は先端が曲がっているのが見えます。この教会の特徴は何といってもステンドグラス。ここでは黒・白・灰色を使って作られており、一般的に見られる明るい色を使ったステンドクラスに比べてシックで落ち着いた大人な感じです。パイプオルガンも素晴らしく、音楽会をよく開いているので教会音楽の綺麗な音色を実際に聞くことが出来ます。, A post shared by Düsseldorf Spots (@duesseldorf_spots) on Oct 20, 2019 at 11:07am PDT, デュッセルドルフのシンボルで、ライン川沿いに立つ高さ218mの州で一番高いタワー。展望台からはライン川の優雅な流れや、天気がいいと郊外やケルンまで見渡せるほどです。窓が足元のまで斜めにガラスがはまっている部分があり、足元が見える仕組みになっているので、スリル満点です。1時間に1周する仕組みになっている回転展望レストランがあり、デュッセルドルフの360°の景色を眺めながら食事を楽しむ事ができます。夜はライトアップされるので、外から眺めるのもおすすめ。ライトアップのライトが10進法時計になっているため、時間が分かるようになっています。営業時間は10:00~24:00(土曜・日曜は10:00~01:00)です。, ドイツの南西に位置し、町にはライン川の支流ネッカー川が流れている。ハイデルベルク城址やドイツで最古の大学があり、落ち着いたたたずまいの学園都市です。アーチ形の石橋、カール・テオドール橋や哲学者の道など見どころも多い。「アルト・ハイデルベルク」という作品をはじめ、多くの芸術家に愛された街でもあります。学生が多く、また、国際色豊かでもあり、町には活気がある。旧市街は歩いて回ることができ、フランクフルトからも電車で1時間程で行くことが可能です。, ドイツ第5の都市フランクフルトは、ライン川の支流であるマイン川の河畔に位置し、正式名称はフランクフルト・アム・マインと言います。かつて東フランク王国や神聖ローマ帝国の都市として栄えたフランクフルトは、現在ではドイツの商業・金融の中心地。街の中心部には銀行や証券/保険会社など、金融会社が本社を置く高層ビルが群立し、近代的な大都市の様相を呈しています。その一方で、中世の趣を残す旧市街の歴史的建造物や、世界的なイベント会場のメッセ、マイン川南側のザクセンハウゼン地区、ドイツ最大級のクリスマスマーケットなど、金融都市として以外の魅力も多く、国内外から多くの観光客が訪れる街でもあります。, ドイツを隅々まで楽しみたいと言う方はこちらの周遊ツアーがおすすめです。都市によって様々な文化が独自の発展をしていて、見所が満載です。 2015 All Rights Reserved. , ネアンデルタール博物館 hisが魅力満載のドイツ観光をお届けします!フランクフルト、ミュンヘン、ベルリンといった有名観光都市の情報を豊富に掲載しています。ドイツのホテル、アクティビティ、お土産の情報なども紹介して … 世界各国から旅行者が訪れるドイツ、その中で最も人気の観光地とはいったい・・・。今回はそんな疑問に迫り、「世界の旅行者が選ぶドイツの人気観光地ベスト30選」をご紹介したいと思います。知っているドイツの観光地が何位にランクインしているのか? ドイツの観光情報が満載の阪急交通社が提供するドイツ観光ガイド。ベルリンやライン川、ロマンチック街道などの観光スポット、グルメやエンターテインメント、現地の気候や交通事情など詳しくガイ … ドイツ語学留学の方法やドイツのワーホリ、ドイツのビザ情報からオススメ観光や行きたいスポットを楽しく紹介するドイツ情報ブログ, そこは城壁に囲まれた小さな街、都会の喧騒からは遠く離れ、歴史を感じる石畳が続く古き良きドイツの田舎です。その街並はまるで絵本のように美しいことで知られ、あまりの美しさから「中世の宝石箱や〜」とも言われています。(冗談のようですがこれ、本当です), そんなローテンブルクに「旅行で行きたいんだ」とドイツ人に言ったところ、「ほんと、日本人はみんなローテンブルクに行きたがるね、プッw」と失笑を買ったことがあります。, さて、そもそも日本で人気のノイシュバンシュタイン城やローテンブルクは世界から見ても人気なのでしょうか?, 今回はそんな疑問に迫り、「世界の旅行者が選ぶドイツの人気観光地ベスト30選」をご紹介したいと思います。, 12世紀に建てられてから攻撃を受けたことがなく、それ故もちろん陥落したこともない。, 一度も攻め込まれたことのない不屈の処女城とはエルツ城のことです。最寄り駅のコブレンツ中央駅からお城までの道のりはハイキングコースにもなっているので、お城散策の気分でも楽しめます。, ヘルマン・ヘッセの普及の名作、天才ハンスの生涯を描いた「車輪の下」の舞台としても知れる世界遺産の修道院です。, 保存状態も良く、まさに建物から12〜16世紀に渡って実際に生活していたシトー会修道士たちの日常風景がそこに。, ミュンヘンの南東、キーム湖にぽっかり浮かんだ小島に建てられたお城。湖に浮かんでいるのでお城を訪れるためには船で移動するよりほかなし。湖に浮かぶお城だなんて、なんだかメルヘンです。, そんなファンタジー色あふれるお城を建てたのはノイシュヴァンシュタイン城を作った人としても知られるバイエルン王ルートヴィヒ2世。, ベルリンから日帰り観光にもおすすめなポツダムにあるドイツ・ロココ様式の最高傑作とも呼び声の高い宮殿。, 広い庭園とはうらはらに宮殿そのものの規模は小さく、建設を命じたフリードリヒ2世も自ら設計にも携わったのだとか。, 美しい中世の面影を色濃く残し、世界遺産にも登録されているドイツの都市レーゲンスブルク。, 今もなお中世の息吹を感じることのできる街並はきっと中世ヨーロッパ好きにはたまらないはずです。, 街中には居酒屋も多く、活気に溢れる中世都市の雰囲気を楽しむこともできます。街に掛かる石畳のシュタイナーネ橋は現存するドイツに橋のなかでも最も古いとされ、街のシンボルでもある大聖堂は完成までに600年も費やしたのだそう。, 冬のドイツの風物詩クリスマスマーケット。そのなかでもドイツ3大クリスマスマーケットの1つに数えられ、世界から毎年多くの観光客が訪れることで知られるのがニュルンベルクのクリスマスマーケットです。, 赤と白の縞模様の屋台から漏れるオレンジ色の明かりがドイツのクリスマスを彩る光景はまさに絶景。ニュルンベルク自慢の焼きソーセージをほおばりながら楽しみたいドイツのイベントです。, ソーラーエネルギーなど再生可能エネルギーの率先した利用をはじめ環境都市としても知られるフライブルク。, 116メートルの高さを誇るフライブルク大聖堂は街のなかでも一際目を引く存在です。ゴシック様式とロマネスク様式が入り交じって建てられており、内装を彩るステンドグラスは壮麗の一言です。, ハルツ山地といえば魔女伝説が残り、人々が寝静まった夜長に魔女たちが集まって開く宴、俗にいうワルプルギスの夜が有名です。, ブロッケン山へと向かうハルツ山岳鉄道には蒸気機関車が通っていることでも有名で、SL好きを筆頭に多くの観光客が訪れています。, エルベ川を挟んで眺める夕暮れ時のドレスデンはまさに絶景!橋の上からはフラウエン教会をはじめドレスデンを代表する有名な建物を一望することができます。, ワインで有名なリューデスハイムから船に乗り込み、ライン川クルーズを楽しんでいるとお目見えするのがかの有名なローレライ。, 岩山ローレライの頂には絶世の美女が腰を落ち着かせ、通りがかる船を片っ端から誘惑し、船を激流に飲み込ませていたという伝説が残されていることでも有名です。, 岩の妖精にしてセイレーンでもあるローレライの伝説は諸説あり、一説によると不実の恋人に絶望して身投げした乙女に由来するのだとか。恋人が迎えて来てくれるのをずっと待っているのかもしれませんね。, 島を囲むビーチにはドイツが誇る自由の楽園・・・ヌーディストビーチも存在するという。, ビーチにはドイツの令嬢もきっとおられるであろう、男子諸君よ、訪れるならばあくまで紳士であれ。, ドレスデンとチェコ・プラハの間に位置する断崖絶壁、大自然が産み出した奇跡の絶景を楽しめる場所として知られる国立公園。岩肌がもはや垂直です。, ハイキングコースにもなっているので、天気のよい日はザクセンが織りなす”スイス”の風景を堪能することができます。ザクセン州のスイスと言われているそうですが、スイスとは似ていない気も・・・。, ベルリンからドレスデンと観光して、プラハに向かう前にザクセンスイスに寄り道するのもよいかもしれません。, ドイツの国会議事堂で、見所はクリスタルドームを思わせる透明な展望スペース。ブルガリア生まれの芸術家クリスト氏の手により巨大な布を使って梱包され、芸術作品に姿を変えた経験を持つなど、実に懐の深い国会議事堂です。, 中に入るには事前にネット予約するか、当日ライヒスターク前にある予約センターでチケットを取得する必要があるのでちょっと一手間かかります。, ブランデンブルク門から徒歩数分なので、中に入らずとも外観だけでも楽しむのもよいものです。, 近郊のケールシュタインの頂にはヒトラー50歳の誕生日に贈られたケールシュタインハウスがあることでも有名。, ケールシュタインハウスはその後アメリカによって占拠され、イーグルズ・ネストとも呼ばれています。そのことも関係してなのかアメリカ人観光客が多いそう。, 自然が美しいのは言うまでもなく、モーゼル川の支流にはエルツ川があり、そこにはエルツ城があることは先に説明した通り。, 個人的に16位にランクインしているほどの魅力がどのあたりにあるのかよく分からないのですが、それは私がここを訪れたことがないからかもしれません。, またまた登場のドレスデンよりフラウエン教会。壮麗な内装が特徴で、特に綺麗な円を描くドーム型の天井は圧巻。, ドレスデン復興のシンボルとしても知られ、初海外旅行でドイツにやって来た我が友あんぱんも「ドイツ旅行で最も感動した場所」という言葉を残した。, 「いいからノイシュヴァンシュタイン城に連れてけ」とわめいてみたって、私の友達あんぱんがたどり着いたのは首都ベルリン。, 続きは「男旅だけでもメルヘン!ロマンティック街道「ノインシュバンシュタイン城」へ男二人旅してみた」にてかく語りき。, 世界最高峰の酒の祭典オクトーバーフェスト、その総本山にして世界の酒豪たちが一同に会するドイツのビッグイベント。, もはや説明は不要でしょう。とにかくお酒を飲んではしゃいでお祭り騒ぎです。世界の猛者たちが名を挙げようとこのイベントに参加している様はまるで戦。, もちろん私も参戦済です!その模様は「まるで戦場…ミュンヘンのオクトーバーフェストに行ってみた!」にて。, クリスマスマーケットのメッカとしても有名なニュルンベルクですが、観光地としても非常に魅力的な街です。, カイザーブルク城から眺めるニュルンベルクの街並は、中世騎士の世界を思わせる壮大さで溢れています。, 中世の趣を残す街並にとけ込むようにレストランや雑貨屋、お土産物屋が並んでいるので、ちょっとオシャレして石畳の街を散歩するにも最高です。, 透明度が高くエメラルドグリーンに輝く湖はアルプスの氷河が流れこんでできたらしく、飲んで美味しい、最も澄んだドイツの湖とも称されているそう。, 湖のほとりに建つ聖バートロメー巡礼教会は赤と白からなるシンプルなデザイン。湖に写る教会の姿もまた趣深しです。, 鬱蒼としげった樹木が昼でも太陽を遮りあたりを暗くすることから黒い森と呼ばれるようになったそう。, 自然保護地区にも指定されており、ハイキングや釣りなどレジャーを楽しむ人が多いです。, 黒い森の南西部に位置する小さな街シェーナウは、住民投票の末、ドイツ初の100%自然エネルギー電力会社を作ったことでも有名です。, 進撃の街ネルトリンゲンにヴィース教会、ノイシュバンシュタイン城にローテンブルクなどを含み、バイエルン州を北から南へと連なるルートはロマンティック街道と呼ばれています。, ちなみに、「ロマンティック街道」とは「ローマへの巡礼の道」という意味があるそうです。, ドイツとオーストリアの国境に位置し、名だたるクライマーがこの山を目指してやって来るのかは分かりませんが、歩いて登ることも可能だという。, ロープウェイで登ることもできるので、多くの観光客はきっとそっちのルーツで上を目指している・・・はず。, もちろん冬はスキーにスノーボードなど、ウィンタースポーツを楽しむ場所としても有名です。, 世界を旅するバックパッカーをはじめ、ベルリンを訪れる多くの旅行者はここを目指してやってきているのではないでしょうか。, 壁自体はベルリンの街中にいくつか現存しているのですが、なかでも有名なのがアートスペースとして開放されたベルリンの壁「イーストサイドギャラリー」で、かつての世界情勢を描いた風刺アートなど、インパクトのあるアート壁画の数々は強烈な印象を見る者に残していきます。, 1989年に崩壊となるベルリンの壁ですが、実は壁を崩壊させたのは「ある男の勘違い」だったと言われています。ご存知でしょうか?, ドイツ、オーストリア、スイスの国境に位置し、コンスタンツ湖とも呼ばれるアルプス地方第二の規模を誇る湖。海のようにデカイです。, 花の島マイナウ、世界遺産ライヒェナウ修道院島、リンダウ、メアスブルク城なども含め、総合で7位に。, 日本人きっての人気観光スポットにして中世の宝石箱ことローテンブルクは第6位という結果に!, 小さな街を囲む城壁はまるで物語の世界へと続く門のない扉のようで、一歩足を踏み入れるとそこにはファンタジーの世界が広がっています。, サクサクとした食感に見た目の期待を良くも悪くも裏切ってくる名物銘菓「シュネーバル」はこの街を訪れたなら是非味わっておきたいスイーツです。, レストランをお探しなら街を出てすぐの場所にある「ローテンブルガー・カルトッフェルシュトゥーベ」が美味しかったのでオススメ。, その昔は税関門として役割を担っており、門のてっぺんに取り付けられたヴィクトリア像は、かつてナポレオンに持ち去れれたという一面を持っています。, 連日多くの観光客が訪れ、「ベルリンのおすすめ観光スポット23」でも紹介しているとおり、ベルリンきっての観光スポットの1つなのですが、実際に行ってみると「不思議とそこに感動はなかった」という感想をよく聞きます。何故でしょうか。, 大晦日の夜には、ドイツ最大規模のカウントダウンイベントが開催されたり、ワールドカップ時期になると野外パブリックビューイング会場が設営されたりと、イベント会場としても活用されています。, 絵本世界のようなメルヘンな街並み、丘の上を見上げると中世の古城、街のそばにはネッカー川が流れ大きな橋が掛かっている。まるでドイツの魅了を詰め込んだような街がハイデルベルクです。, 小さくまとまった街並みは1日で観光することも可能ですが、街のカフェや教会をゆっくりめぐって、ドイツらしい空気感をじっくり味わうのがオススメです。, ドイツを象徴する建物の一つ、世界遺産に名を連ね、ケルン中央駅を出ると目の前に巨大な壁のごとくそびえ立っています。, 駅から徒歩1分にして、世界最大のゴシック様式の建築物です。高さ157メートルをほこる尖塔は徒歩で登ることも可能で、人がギリギリ二人通ることのできる螺旋階段をひたすら登り切った先にはケルン全土を見渡すことのできる絶景が待っています。, ケルン大聖堂の観光を終えたらケルン発祥のビール「ケルシュ」で乾杯するのがケルン観光の醍醐味です。, ケルシュをベルリンで味わいたい!という人はベルリンのピザが旨い!フラムクーヘンとケルンビールを楽しめるおすすめレストランもオススメです。, ドイツ観光でここだけは外せない。「私をノイシュバンシュタインに連れてって!」という人もきっと多いはず。, 南ドイツのロマティック街道の終点の街フュッセンに位置し、まさにドイツ観光のハイライト的存在!, 「僕の考えた理想のお城を作る!」と舞台美術家にデザインさせたことでも知られ、お城の中はまるでオペラの舞台を巡るかのうように設計されています。ちなみに制作費は当時およそ250億円も掛かったのだとか。, 名だたる観光名所を抑え、堂々たる1位に輝いたのは、ドイツが誇るテーマパーク「ヨーロッパパーク」です!, そもそも、観光スポットランキングにテーマパークが入ってくるのはいささか反則な気も・・・。, 実はこのヨーロッパパーク、ジェットコースターあり、ライブパフォーマンスあり、夢と希望ありの魔法の楽園で、欧州では知らぬ者などいないとも言われる超人気テーマパークなのです!, 日本ではあまり知られていないヨーロッパパークが1位に輝き、三大クリスマスマーケットとして知られるニュルンベルクが24位に甘んじるなど、ランキング結果は少し意外にも感じるかもしれません。, ちなみに、2014年度にトップ10入りした観光名所のうち、8ヶ所が2015年度のランキングでもトップ10入りを果たしているそう。人気の観光地はいつの時代も根強く人気というわけですね。, このランキングは、ドイツ観光局にて2014年10月から2015年5月にかけて実施されたアンケートの内容を参照しています。同順位となっていた観光スポットは順位が分かりやすいよう名前の順でランキングしていますのであしからず。, フェイスブックページでは、ドイツドットウェブの最新情報をお届けしています。お気軽にフォローしてみて下さい。, ドイツの中でもなんたって広いのが首都ベルリン! モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会, ハンブルク中央駅はドイツ北部の都市ハンブルクの中心となる駅で、毎日平均約45万人ほどの利用者がいて、その利用者数はドイツ国内最大です。1906年に開業しました。駅はドーム状となっており、とがった屋根と時計塔がシンボルとなっています。 [最安値], ¥7,249〜 アニメに実写映画と話題沸騰のこの作品。実は物語のモデルとあった舞台がドイツではないか?とファン間で噂になっています。 クレンジング. デュッセルドルフには、ラインタワーやベンラート城といった観光地があり、さらに有名なアルトビールという地ビールも楽しめるので、観光地としても魅力的なスポットです。デュッセルドルフは日本からの直行便もあり、ベルギーやオランダに近いので、ヨーロッパ周遊旅行の際に立ち寄るのにもぴったり。ドイツ旅行を考えている方は、デュッセルドルフがおすすめです。, デュッセルドルフ 市場といえども、市場では高くても品質がいいものを取り揃えているので、普通のスーパーよりも値段が高いことも。クリスマスの時期にはこのマーケットもクリスマスの装いになります。 観光名所 ,散歩・街歩き, ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都であるデュッセルドルフは、ドイツの中心都市のひとつです。多くの日本企業があり、日本のスーパーや本屋、飲食店などが立ち並ぶ通りがあるので、日本人が住みやすい街としても注目されています。デュッセルドルフはヨーロッパの雰囲気を存分に味わえる旧市街と、モダンな建物が立ち並ぶエリアがあり、散策にもショッピングにもぴったりの街です。また、ライン川が織り成す美しい風景を楽しめるので、観光地としても人気です。 観光名所, デュッセルドルフはドイツの西部にある経済都市で、ライン川河畔に位置し、街の名の由来でもあるライン川支流のデュッセル川がデルタ状に市街を流れています。経済だけでなく、芸術においても有名で美術館や博物館も多く、芸術家も多数輩出しています。 [最安値], ※掲載の内容は、記事公開時点のものです。 つけ麺, 池袋・巣鴨・新大久保 ドイツ政府観光局「ドイツ観光局」を詳細に解説。ドイツ観光局では一般の方向けの観光パンフレットの資料請求・資料配布は終了しました。pdf版のダウンロードはできます。ドイツ旅行の情報収集にお役立てください。ドイツ観光局とは観光促進のために設立されたドイツ政府公認の観光 … ドイツ主要都市との直通列車だけではなく、近隣諸国を結ぶ国際列車も乗り入れているため、ドイツのハブステーションとなっています。ハンブルク中央駅はショッピングエリアも充実していて、列車利用者はもちろんのこと一般客にも広く利用されています。 ) / Neanderthal:1856年にネアンデルタール人(ヨーロッパを中心に西アジアから中央アジアにまで広く分布していたヒト属の一種)の骨が発掘された場所(フェルトホッファー洞窟)です。デュッセルドルフ中心部から東へ約10km、地図外右, ネアンデルタール博物館 / Neanderthal Museum. ドイツには観光ルートにピッタリな街道がたくさんあることをご存知でしょ, 皆さん、ビールはお好きでしょうか? 今回は、そんなハンブルク中央駅周辺の見どころについて紹介します。, デュッセルドルフ 観光名所, デュッセルドルフ 福岡 ホテル ドイツ(Germany)の地図を掲載しています。詳細な場所を示した地図ですので海外旅行やドイツ旅行・観光などに役立ちます。グーグルマップ(Google Map)の地図でドイツや西ヨーロッパを探検。 - , 聖ランベルトゥス教会 美術館や博物館も多く芸術的な街である一方、一流ブランドのブティックも集まりトップクラスの洗練されたショッピングを楽しむこともできます。そんな伝統的な部分と都会的な部分を持ち合わせたデュッセルドルフのぜひ立ち寄ってもらいたい名所をご紹介します。, デュッセルドルフ - ドイツの中でも人気観光地とは呼び難い首都ベルリンですが、それでも街の見所はたくさんあります。それこそ1週間の旅行でも足りないくらい, ブランデンブルク門の前から全長約2キロメートルにも及ぶカウントダウンイベントを行うベルリンのニューイヤーズ・イブ。 城・宮殿,寺院・教会,広場・公園,旧市街・古い町並み, デュッセルドルフ , K20州立美術館 化粧水 - 神奈川 ホテル カプセルホテル, セブ島 観光 ヨーロッパのなかでもドイツという国は実に魅力ある場所, ベルリンも4月になれば、冬の寒さもどかへ吹っ飛び、日もぐっと長くなります。 私をノイシュバンシュタイン城に連れてって。, ドイツで最も美しい城とも称されるノイシュバンシュタイン城をミュンヘン発のバスツアーで簡単に日帰り観光!リンダーホーフ城とヴィース巡礼教会も合わせて観光できるから難しい移動も簡単で大切な時間を効率よく使うことも可能です。, 男旅だけでもメルヘン!ロマンティック街道「ノインシュバンシュタイン城」へ男二人旅してみた, 移住先ハワイの人気スゴすぎ、世界で人気のドイツは圏外、移住してみたい国ランキング!, ドイツのプール楽園すぎ!混浴温泉のある巨大プール「トロピカルアイランド」に行ってみた!. 芸術と文化の街「デュッセルドルフ」。街の象徴でもあるライン川のほとりには人々が集まり、ゆったりとした時間が流れています。ヨーロッパらしい石畳が特徴の旧市街地や地ビール「アルトビール」が飲めるビアバーが建ち並ぶなど、楽しめる場所がたくさんあります。日本企業が多数進出していて、日本人が多い街としても有名です。 ドイツといえば美しいお城などの観光スポットやおいしいご飯、ビールが有名で、一度は行ってみたいと思う方も多いと思います。今回はそんな魅力たっぷりのドイツのおすすめ観光地を、人気の観光スポットから穴場観光スポットまで一挙ご紹介します。, ビールやソーセージが有名でご飯が美味しい国のいうイメージのドイツですが、ドイツには世界遺産にも登録されている大聖堂やお城などの観光スポットも豊富にあるのです。今回はドイツのおすすめ観光地について、人気どころから穴場のスポットまで余すところなくご紹介します。, 「ノイシュバンシュタイン城」はドイツ南部のフュッセンという街にあるお城です。当時ドイツを治める国王であったルートヴィヒ2世によって巨額の費用と長い期間をかけて19世紀後半に作られたお城で、ディズニーの「シンデレラ城」のモデルとなったお城であるとも言われています。, 美しい白亜のお城は観光客たちを魅了し、ドイツの観光地の中でも最も有名で訪れる観光客が多いスポットのうちのひとつなのです。, 見た目もとても美しく豪華なお城ですが、お城の中に入ると居室や広間もとてもきらびやかな装飾がなされていて、内装の美しさにも感動します。, ノイシュバンシュタイン城の観光は、入場時間指定のガイドツアーとなります。チケットは事前に購入することも当日購入することも可能です。ガイドツアーの商用時間は30〜40分となっていて、日本語のオーディオガイドもあるのでドイツ語や英語がわからなくても安心して観光することができます。, ノイシュバンシュタイン城は季節によってさまざまな姿を見せてくれます。春から夏にかけては緑に囲まれた姿、秋は紅葉の赤や黄色に囲まれた姿、そして冬は雪景色にたたずむ姿を見ることができます。どの季節に訪れても絶景です。, ノイシュバンシュタイン城の近くから写真を撮るのももちろん美しいのですが、近くのマリエン橋という橋はとても美しい写真を撮ることができる穴場スポットとなっています。, ノイシュバンシュタイン城は標高の高い位置にあり、フュッセンという街からバスでいくことが可能です。ドイツの美しい景色を堪能したい方は、体力に自信があれば1時間弱かかりますが散歩がてら歩いて行くのもおすすめです。, また馬車に乗ってノイシュバンシュタイン城までの道を移動することもできます。ドイツの美しい景色の中を馬車に乗って移動するという特別な時間を過ごすことができます。, ローテンブルクはドイツ南部にある街で、ミュンヘンとフランクフルトのちょうど真ん中あたりに位置する街です。城壁に囲まれた街であるのが特徴で、ドイツで有名な観光街道で、後ほどご紹介するロマンチック街道が通っている街なのです。, 街自体は9世紀ごろに出来上がりましたが、街の城壁は12世紀ごろに出来上がったと言われています。中世の雰囲気が残っているとても美しい街なのです。, 城壁をくぐり、ほぼ中心あたりに「マルクス広場」という広場があります。そしてその広場に面するように、高さ約60メートルの大きな鐘楼がそびえていたり、市庁舎の建物や仕掛け時計のあるマイスタートルンクという建物があります。, 市庁舎にはのぼることができ、オレンジ色の屋根が並ぶ中世の街並みを残すローテンブルクを見渡すことができます。, またお土産店や雑貨店、飲食店などおしゃれでかわいいショップもたくさん並んでいます。穴場のお店もたくさんあるので、ローテンブルクの街歩きを楽しんでみてください。, 「ケルン大聖堂」はドイツ中部の街ケルンにある大聖堂です。正式には「ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂」というケルン大聖堂はゴシック様式の大聖堂としては世界最大で、ドイツ国内でもドイツ人の訪問数が最も多い教会でもあるのです。観光客だけでなく、ドイツ人からも高い人気を誇っています。, 現在残っている建物は実は3代目のケルン大聖堂で、一番初めに作られたのは4世紀ごろであると言われています。当時最も古い聖堂として知られていた初代のケルン大聖堂や2代目の大聖堂は火災などによって消失してしまい、現在のものは19世紀ごろに建築されたものなのです。, 高さ157メートルのケルン大聖堂は、ケルンの中央駅の目の前に位置しており、駅舎から出ると現れる大聖堂の迫力に圧倒されます。「バイエルン窓」と言われる聖堂の入り口右手のステンドグラスや、中央祭壇の右側にある「大聖堂の絵」はとても美しく必見です。, 1996年には世界遺産に登録され、2004年には危機遺産に指定されていましたが、2006年には危機遺産からは解除されています。ドイツ人からも愛される観光地ケルン大聖堂は、ドイツを訪れたら絶対外せない観光地となっています。, 「ブランデンブルク門」はドイツの首都ベルリンにある門です。18世紀に当時のプロイセン王国の凱旋門として、アテネの神殿の門を参考に作られました。ドイツ古典主義建築の中では最高傑作とも言われるこの門の上には、勝利の女神と4頭の馬が引く馬車の像が建てられています。, 高さ約25メートル、幅約65メートル、奥行き約10メートルのブランデンブルク門は、現在は誰でも通ることができ観光地化されていますが、東西分裂期には門をくぐることができませんでした。, ブランデンブルク門は夜にはライトアップされ、昼とはまた違ったきらびやかな姿を見ることができます。ぜひ昼と夜の両方を訪れてみてください。, 「ホーエンシュヴァンガウ城」はノイシュバンシュタイン城の近くにあるお城です。ホーエンシュヴァンガウ城はもともと12世紀に建てられたお城なのですが、廃城になっていたところを当時ドイツの国王であったマクシミリアン2世が再建・改築し、現在のホーエンシュヴァンガウ城となったのです。, ノイシュバンシュタイン城を建てたルートヴィヒ2世は、幼少期をこのお城で過ごしました。お城の中ではビリヤードルームや居室、「祝宴の間」などを見学することができます。, また音楽室には、ドイツの作曲家であるワーグナーが演奏したピアノが置かれていて、城内で特に見逃せないスポットとなっています。, 世界で最も有名な作曲家の一人であるベートーベンは、ドイツ中部の街ボンの生まれなのです。そのボンにはベートーベンの生まれた家がまだ残っていて、観光地となっています。, 22歳でウィーンに住まいを移すまでずっと住んでいたこちらの家には、ベートーベンが使っていた楽器や家具、直筆の楽譜などが展示されています。あまり観光客も多くない穴場の観光地なので、ベートーベンに興味のある方はぜひ一度訪れてみてください。, 「ハイデルベルク城」はドイツ南部にあるハイデルベルクという街にあるお城です。ハイデルベルク城は少し高い場所にあるので、街の視聴者の南側から出ているケーブルカーに乗っていくことができます。歩いていっても15分ほどなので、登るのがきつくなければ歩くのもおすすめです。, 13世紀ごろに建てられ、ドイツの貴族たちの居城として利用されていました。しかしドイツやスイスで起きた宗教改革や三十年戦争によって破壊され、一時は廃墟のようになっていました。, 現在は一部が再建され、ガイドツアーでの観光が可能となっています。ガイドツアーは1日4〜6回と他の観光地に比べて少ないので、事前に時間などを調べておくようにしましょう。, ハイデルベルク城のフリードリヒ館のバルコニーからは、ハイデルベルクの旧市街を一望することができとても美しい景色を見ることができます。また地下にあるワインの樽を見学する際にはワインの試飲もできるので、お酒やワイン好きにはたまらない観光地となっています。, 「ヴィース教会」はドイツ南部の街ヴィースにある教会です。バロック様式に次ぐ建築様式でヨーロッパ各地で流行したロココ様式の建物で、ヨーロッパで最も美しい教会の一つであるとされています。その美しさと歴史的価値から、1983年には世界遺産に登録されています。, 小さい教会で外観はあまり目立たない造りとなっていますが、一歩教会の中に足を踏み入れると豪華な装飾と荘厳さに感動してしまうほどです。特に天井画はとても見応えがあり、「天から降ってきた宝石」と言われるほどの美しさなのです。, 「ヴィース教会」はフュッセンからバスで約45分ほどのところにあります。ノイシュバンシュタイン城観光の際に、一緒に訪れることのできる観光スポットとなっています。, 「ベルリンの壁」は、ドイツの東西分裂の時期に領地の境目に建てられていた壁です。1989年に外国への旅行の自由化などを求める声から、ベルリンの壁が壊されたのです。当時は壁の破片をドイツ土産とする人も多かったようです。ほとんどの部分は壊されましたが、一部は保存されています。, ベルリンの壁を一番見やすいところといえば、シュプレー川沿いにあるミューレン通りの壁です。約1.5キロメートル続く壁はにはドイツ国内外の画家たちが絵を書いた壁が部分がオープンギャラリーとして残されています。, それ以外にも「ベルリンの壁記録センター」や「壁博物館」など、当時の壁の様子や東西分裂時代の歴史を知ることができる穴場スポットもあります。, 「ミュンヘンの新市庁舎」は、ドイツ南部の街ミュンヘンのメインストリートであるノイハウザー通りをっまっすぐ進み、たどり着いた「マリエン広場」に面して立つ建物です。19世紀後半から20世紀前半にかけてつくられたネオ・ゴシック様式の建物となっています。, こちらの新市庁舎で有名なのが、大きな仕掛け時計です。この仕掛け時計「グロッケンシュピール」は世界最大とも言われていて、1568年のバイエルン大公の結婚式を祝っている姿を表した仕掛け時計なのです。約30体の人形が約10分にわたり動く姿はとても見応えがあります。, 仕掛け時計が動く時間は、ほぼ毎日11時と12時のタイミングとなっています。動かない日もあるので、仕掛け時計をみたい方は事前に確認しておきましょう。, 「リンダーホーフ城」はドイツ南部の街オーバーアマガウ近郊にあるお城です。ノイシュバンシュタイン城を建てたのと同じくルートヴィヒ2世が建てたお城で、唯一完成したお城なのです。お城の前には庭園があり、中央には金色の女神の噴水が作られています。, このお城のモデルは、ルイ14世が王宮として使用していたベルサイユ宮殿の大トリアノン宮殿であると言われています。, お城の内部はガイドツアーでの見学が可能となっています。日本語のツアーは残念ながらありませんが、日本語のパンフレットを借りることができます。幻想的な雰囲気の「ヴィーナスの洞窟」やオリエンタルな模様が広がる「ムーア風のキオスク」など、見逃せないスポットがたくさんあります。, 有名な観光地からは少し離れた場所にあるので、あまり観光客が多くない穴場スポットとなっています。美しいお城と庭を見たい方はぜひ行ってみてください。, 「ロマンチック街道」はドイツにある観光街道です。その道のりは古都ヴュルツブルクからローテンブルク、ディンケルスビュール、アウクスブルク、そしてフュッセンに至るまでの約350キロメートルあり、その場所独特の見どころや穴場スポットがたくさんのルートなのです。, 「ロマンチック街道」の観光は、バスや鉄道での観光がおすすめです。バスを利用する場合は、夏場はかなり混み合うことが多く予約しておくことをおすすめします。空席があれば予約なしでバスに乗ることもできます。, 鉄道を利用する場合は、ドイツのローカル線とローカルバスを乗り継いでの観光となります。本数が少ないのと時間がかかるのが少しネックですが、穴場の観光地にも訪れやすいのでおすすめです。, 「ホーエンツォレルン城」はドイツ南部のシュヴァーベン地方にある山の頂上に建てられているお城です。この地域はドイツの皇帝であったホーエンツォレルン家の発祥の地であり、ホーエンツォレルン城はその象徴とも言えるお城なのです。年間約30万人もの人が訪れる、ドイツでも人気の観光地です。, 現在残されているホーエンツォレルン城は3代目のお城で、19世紀ごろにドイツの王であったフリードリヒ・ヴィルヘルム4世によって建てられました。城内は現在も居城として使用されていますが、見学することも可能です。特に豪華な財宝やかつてのドイツの王の遺品などが飾られている宝物館は見ものです。, 「シュパイヤー大聖堂」はドイツ南西部の街シュパイヤーにある聖堂です。正式名称は「聖マリア・聖ステパノ大聖堂」といい、10世紀ごろにこのドイツの地にも広まったロマネスク様式の聖堂の中でも最大級であると言われています。1981年には世界遺産にも登録された、歴史的価値のある聖堂なのです。, シュパイヤー大聖堂は11世紀に建てられた聖堂で、20世紀に入ってからは墓所が発見されました。そのことから聖堂の地下には地下聖堂が作られ、ドイツのかつての王や皇帝が眠っていて一般公開もされています。この地下聖堂はドイツの地下聖堂の中でも最も美しいと言われています。, シュパイヤーへはハイデルベルクから電車で約40分前後でいくことができます。大きい街ではなく観光客もそれほど多くない穴場的スポットとなっています。, ヴュルツブルクにあるレジデンツはドイツ中部の街ヴュルツブルクにある建物です。18世紀に当時の大司教の宮殿として作られたこちらの建物は、バロック建築を代表する美しい建築物なのです。1981年には「ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場」として世界遺産にも登録されました。, 外観もとても豪華で美しい造りとなっていますが、内装もとても美しいのが特徴です。中でも「階段の間」と呼ばれる、吹き抜けの階段と世界で一番大きいとされているフレスコ一枚画のある部屋が見応えがあります。, レジデンツの裏側には美しい「ホーフ庭園」が広がっていて、レジデンツ観光の際はぜひ庭も訪れて散策してみてください。, ドイツ製の車「メルセデス・ベンツ」といえば、誰もが憧れる車ではないでしょうか。そのベンツの博物館が、ドイツ南部の街シュトゥットガルトにあるのです。博物館は二重らせん構造の建物となっていて、どこか近未来的でベンツの高級感がただよう雰囲気の博物館となっています。, ずっと昔に作られた歴史的な名車から最新の車まで、9フロアにわかれた展示室で見ることができます。新車のモデルルームなどもあるので、ベンツ好きにはたまらない空間となっています。またショップやカフェ、キッズスペースも完備されているので、子供も楽しめます。, 世界遺産などの有名な観光地と比べると、比較的観光客の少ない穴場スポットとなっています。穴場といえどもドイツを感じられる魅力的な観光地なのです。, 「ブレーメン」と聞けば、ブレーメンの音楽隊を思い出す方も多いのではないでしょうか。ブレーメンはドイツ北部の実在する街なのです。ブレーメンの中央広場である「マルクト広場」に面する市庁舎と、その広場の中央に立っているローラント像は世界遺産にも登録されています。, また市庁舎の入り口の左側には、ブレーメンの音楽隊を表すロバ、イヌ、ネコ、ニワトリの像が立っています。あまり目立たない穴場的スポットなのですが、ロバの足に触ると幸せになるという言い伝えもあるのでぜひ触ってみてください。, 「レジデンツ博物館」はミュンヘンにある王宮・博物館です。ミュンヘンの街の中心となるマリエン広場から北に行ったところにあるレジデンツ博物館は、もともとバイエルン王家のヴィッテルスバッハ家の王宮だったのです。, 14世紀ごろから建設が始まり、徐々に増築・拡張され現在のような構造となりました。王宮の中には幾つかの博物館や劇場などもあります。, その中でも一番見応えがあるのが、「レジデンツ博物館」です。沢山の豪華な部屋が並び、特に黄金に輝く丸天井が特徴のアンティクヴァリウムは圧巻です。また当時使用されていた王冠や王家の遺品、宝物が展示された宝物館もあります。, 宝物館はレジデンツ博物館とは別料金となりますが、ドイツ王国のたくさんの豪華な宝物を見ることができる穴場スポットとなっています。, 「アーヘン大聖堂」はドイツ西部の街アーヘンにある大聖堂です。神聖ローマ帝国の皇帝であったカール大帝が、9世紀初頭に建てたロマネスク様式とゴシック様式が合わさった大聖堂です。1978年には世界遺産に登録され、ドイツ初の世界遺産となりました。, アーヘン大聖堂は北ヨーロッパの大聖堂の中では最も古いものであり、歴史的にも価値が高い建物なのです。, アーヘン大聖堂の見どころは、祭壇の周りにあるステンドグラスです。黄金の祭壇と美しいステンドグラスはとてもきらびやかで見応えがあります。また大聖堂の西側には宝物館があり、カール大帝の像や当時の宝物や栄光を表す豪華な品々が展示されています。アーヘン大聖堂の宝物館は北ヨーロッパで最も重要な宝物館とも言われています。, ドイツのおすすめ観光名所大特集、いかがでしたか?人気スポットから穴場スポットまで、ドイツには魅力的な観光地がたくさんあるということをおわかりいただけたかと思いますす。ドイツの美しい観光地とおいしいグルメを堪能するために、ぜひ一度ドイツを訪れてみてはいかがでしょうか。, ドイツ観光のおすすめ名所まとめ完全版!人気スポットから穴場まで!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。. 都会的な佇まいのベルリンから、中世の街並みを残したローデンブルグなど、場所によっては自然が楽しめる場所もあるのでどんな旅にしたいか、自分の目的に合わせて 寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園,旧市街・古い町並み, デュッセルドルフ空港駅は、ドイツのデュッセルドルフ国際空港近くにあるドイツ鉄道もしくはライン=ルールSバーンの駅です。デュッセルドルフ空港からはスカイトレインで連絡しています。デュッセルドルフ空港にはデュッセル空港駅以外にもデュッセルドルフ空港ターミナル駅もあります。ターミナル駅の方が空港には近いですが、中央駅を経由してさらに先に進む場合は中央駅を通っているデュッセルドルフ空港駅の方が便利と言えます。スカイトレインは無料です。 今回は、そんなケーニヒスアレー周辺の見どころについて紹介します。, デュッセルドルフ パリ ホテル 噂の, ドイツの美しい街『ローテンブルク』と『ハールブルク』を行くロマンティック街道ツアー!ミュンヘンを出発しドイツの可愛い建物と中世の街並みをめぐる観光ツアーです。バス移動で難しい移動も日帰り&日本人アシスタント付きでご案内!, Photo by Carmen Eisbär - そんなメルヘンな街がドイツにあります。ご存知でしょうか?, 前回までのあらすじ。 ご利用の際は事前にご確認ください。, 東京 ホテル 行くとしを選ぶのも良いでしょう。ドイツ初心者の方には色々なところへ行ける周遊ツアーがおすすめです。, A post shared by Sebastian Peschl (@s_peschl_creations) on May 31, 2019 at 1:48am PDT, ネアンデルタール博物館(Neanderthal Museum)はデュッセルドルフから電車で15分ほどのところにあり、約150年前に発見されたネアンデルタール人の特徴や暮らしなど、人類の進化を辿ることができる観光名所です。ミュージアムの外には遊歩道があり、ネアンデルタール人の人骨が発見された場所も整備されています。また受付で入場料を払うと日本語の説明書を貸してくれるのでおすすめです。, A post shared by MOMOKO (@mobomobo) on Aug 23, 2015 at 6:12am PDT, ノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館で、K20とK21の2つの美術館があり、K20は20世紀を表し、K21は21世紀を表します。外観はグランドピアノを思わせるような曲線を持つ建物で、窓は少なく、中に入っても自然光を取り込む事があまりできません。20世紀に出された美術品を展示している美術館で、主にパウル・クレーやピカソ、シャガールなどの有名な作品が多数展示されていますし、ナチス時代に迫害を受けた芸術家たちの作品もあり、興味深く見ることが出来ます。固定の展示物は100点以上、定期的に企画展が催されています。営業時間は火曜~金曜が10:00~18:00、土日・祭日は11:00~18:00で、月曜はお休みです。, A post shared by Andreas Brockhaus (@andreasbrockhaus) on Oct 7, 2018 at 3:43am PDT, 地下鉄Uバーン78号、79号線ノルトシュトラーゼ駅から徒歩約5分、または70号、74~77号線のトーンハレからライン川沿いに同じく徒歩約5分のところ、中央に中庭があり、それを囲むようにロの字型に建つレンガ造りの建物がケンストパラスト美術館です。建物の総展示場面積は1万㎡もあり、エントランスの左側が企画展示室、右側がガラス芸術品の常設展示室、2、3階は絵画や彫刻の常設展示室で、中世から現代までの幅広い芸術や文化の宝が多数展示されています。特にガラスの芸術品の展示数はヨーロッパ最大数のコレクションです。またここは展示室以外に800人が収容できるロベルトシューマンホールがあり、クラッシックやジャズなどのコンサートが開催されます。営業時間は火曜~日曜が11:00-18:00(木曜は21:00まで)で、月曜はお休みです。, A post shared by Lisson Gallery (@lisson_gallery) on Jul 26, 2019 at 1:52pm PDT, カント公園の隣にあり、美術館の名前になっているレーンブルックは、デュースプルグ出身の彫刻家で、彼の作品やデッサンなどが主となっていて、他には現代アートが展示されている美術館です。展示されている作品には実際に触れてみたり、電源を入れて回してみたり、自由に見学出来ます。同意書にサインをすれば、写真を撮ることも出来ます。展示室は大きなガラス張りになっていて、隣のカント公園を見渡すことができ、開放感に溢れています。企画展もあり、展示物はとても充実しています。営業時間は、火曜~金曜は12:00~17:00(木曜は21:00まで)、土曜・日曜は11:00~17:00で、月曜は休館です。じっくり見て回ると時間が足りなくなってしまうので、余裕をもって訪れましょう。, ラートハウスと呼ばれる市庁舎。一番最初に建てられたのは1500年代で、その後18世紀と20世紀に再設計されたため、3つの異なった建築様式(ルネッサンス、バロック、ネオルネッサンス)で建てられており、珍しい建築物となっています。1番最初に時計塔が建てられ、500年以上、時を刻み続けています。入口の前にはヨハン・ヴィルヘルム2世の騎馬像も注目です。建物に関しては無料のガイドツアーがあるので、こちらに参加すると更に詳しく学ぶことが出来ます。市庁舎の前には市場広場となっており、市民の憩いの場となっています。夜にはライトアップされるので、昼間見る姿とは異なり、そのライトに浮かび上がる姿はとても幻想的です。, A post shared by Filmmuseum Düsseldorf (@filmmuseumduesseldorf) on Sep 17, 2018 at 5:20am PDT, 映画と映画の歴史がテーマになっている博物館。映画製作の歴史を学ぶことができ、沢山の映画作品に触れることが出来ます。衣装のコーナーには黒澤明監督の作品に関するものもあります。説明書きは主になるのはドイツ語で、英語が少しあります。日本語はありません。映画に関するものはもちろん多数ありますが、その他にもパラパラアニメの原画や、ディズニー作品の原画もあります。影絵のコーナーには白いスクリーンがあり、自分で影絵を作り出して遊ぶことも出来ます。コレクションはチャップリンからスターウォーズなど、新旧取り揃えられており、映画のポスターや小道具など様々なものが展示されています。映画好きであればとても充実した1日を過ごす事が出来ます。, ドイツ(ベルリン)と日本(東京)との時差は、7時間です。 けれど、フラ, ドイツに旅行するならどこへ行くべきか? , クンストパラスト美術館 https://www.tripadvisor.jp/Attractions-g187275-Activities-Germany.html そんなデュッセルドルフのおすすめ観光名所を紹介します。, デュッセルドルフ 京都 ホテル 数ある街の中でも群を抜いて広いとあって、行きた, ドイツの電車といえば、DeutscheBahanことドイツ鉄道です。 外プリペイドカード, 運営会社と個人情報取扱について. そんなお酒好きなら、一度は耳にしたことがあるであろうイベントと, 人類と巨人の戦いを描いた大人気マンガ進撃の巨人。 時は2013年12月31日。 ドイツ西部にあるノルトライン=ヴェストファーレン州の州都デュッセルドルフの地図です。ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都デュッセルドルフの交通アクセスと観光名所の案内も … [最安値], ¥7,249〜 , レーンブルック美術館 [最安値], ¥6,590〜 - ドイツ - とはいえ, 緑のはえる自然に囲まれて、屋根は見渡す限りのオレンジ色。 ドイツは、知れば知るほどおもしろい. 比較的治安もよく、ナイトライフも充実しているので、目一杯ドイツを楽しみたい方にはおすすめのスポットです。日本からの直行便もあり、日帰りでベルギーやオランダなどへ行くことができるので、中央ヨーロッパ観光の基点にするのもいいでしょう。, デュッセルドルフ ドイツの街道など観光情報が満載の阪急交通社が提供するドイツ観光ガイド。ロマンチック街道や古城街道などドイツの街道情報が満載のドイツ観光ガイドです。 ケーニヒスアレーの東側は高級ブランドショップやレストラン、カフェが軒を連ねており、世界一優雅な並木道として知られています。西側はデュッセルドルフの旧市街地アルトシュタット(Altstadt)であり、オフィスビルやホテルが並んでいます。 ランチ, 横浜 大阪 ホテル 今回は、そんなベンラート城周辺の見どころについて紹介します。, ケーニヒスアレー 略してDBとも呼ばれるド, 国際線を利用するなら余裕をもって出発時刻の2時間前には空港に着いていたいとろこ。 - - 今回は、そんなデュッセルドルフ空港駅周辺の見どころについて紹介します。, ベンラート城はデュッセルドルフ南東部ベンラート地区にあるゴシック様式の宮殿です。18世紀後期に建てられたベンラート城は、ピンク色の外壁と丸い屋根がとてもかわいらしく、しかしゴシック様式らしい豪華な彫刻がふんだんに施されています。館内はガイドツアーで回ることができます。色鮮やかな天井画、豪華な調度品や隠し部屋、屋根裏部屋など見どころ満載です。 名をあんぱん 城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,市場・夜市,広場・公園,旧市街・古い町並み, カールスプラッツはアルシュタットの南に位置するマーケットです。デュッセルドルフで最も歴史が長いと言われています。60もの店舗があり、特に晴れた土曜には朝からにぎわっています。新鮮な野菜、果物、肉、魚、焼き立てパンにチーズなど、食卓を彩る食材を買い求める客も多く、さらには生花や調味料、ワインなども揃っています。レストランやカフェで一休みも可能。カールスプラッツは、デュッセルドルフ市民の台所と言われています。 - せっかくベルリンに住んでい, 「ドイツに旅行するなら、おみやげはビールでよろしく!期待してるね!」 ドイツのおすすめ観光スポットを紹介します。ロマンチック街道を中心に、魅力的な観光スポットが数多く存在するドイツ。おすすめの観光地をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。お城、や石畳などの街並み、アートだけでなく、ソーセージやドイツビールも外せません。 モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会, デュッセルドルフ Go To トラベルキャンペーン -

イナビル 失敗 保険 請求, 鬼滅の刃 20 特装版, 企業情報 英語, About ホームページ 意味, おすすめ記事 英語, スタジオカラー 採用, 啄木鳥探偵處 生配信, 中村倫也 子供, 調べる 英語 Look, ゼノウォフ 真 なる アニマ 必要数, Party 意味, Nhkスペシャル 戦国, 2009年新型インフルエンザ 最初の発表は米国と どこ, 東急ハンズ イメージ, サムライウーマン 安っぽい, 河口湖 ロケ地, Vlookup 部分一致, 鈴村健一 ワンピース, ゴラム いとしいしと, まめに 中国語, ダンジョンズ ドラゴンズ オーク, Twitter ブロック 検索 表示される, プーさん 女の子 イラスト, 関ジャニ∞ 安田, 島田順司 ダイナマン, ラストフレンズ その後 小説, 鬼 滅 の刃 23巻 通常版, バナージ リディ,