ヒサカキ(姫榊)は神事にも用いられる縁起のよい植物です。本榊の代わりに神棚に供えられることもあります。かわいらしい花や美しい葉に反し、ガス臭のような独特の匂いが特徴です。そこでヒサカキの特徴と本榊との違い、花言葉や挿し木の方法など育て方について解説します。 参考文献 ヒサカキ属 ヒサカキは生育環境をあまり選ばないという特徴があり、サカキが育たない場所で神事の際に代用品として用いられることもあります。 育てやすく、春になると独特の香りがするため、季節の到来を知らせてくれます。 ポインセチアの育て方へ ヒサカキ(姫榊)は神事にも用いられる縁起のよい植物です。本榊の代わりに神棚に供えられることもあります。かわいらしい花や美しい葉に反し、ガス臭のような独特の匂いが特徴です。そこでヒサカキの特徴と本榊との違い、花言葉や挿し木の方法など育て方について解説します。 別名イソシバ, 潮風や乾燥に強いことから街路樹として用いられることがある。ヒサカキのような宗教的な利用はなされないため、知名度はヒサカキより低い。, 常緑低木で、高さ5mくらいまで。直径も20cmほどになるが、根本から枝を出すことが多い。樹皮は灰色がかった褐色、新しい枝は褐色で時に毛が生えており、二年目から皮目を生じる。, 葉は倒卵形で先端はわずかにくぼみ、基部はくさび形、長さ2-4cm。葉質は厚くて硬い。表側は深緑色で強い光沢があり、縁は波状の鋸歯があるが、葉の縁が裏側に反り返るため目立たない。小枝はやや横向きに出て、葉が二列に並び、水平に広がる。この点はヒサカキも同じだが、葉が密生しているためこの種でその印象が強い。, 花は10-12月に葉腋に1-3個束生し、下向きにつく。白い五枚の花弁はツボ状に寄り添う。果実は径5mm、丸くて黒く熟する。花のつく枝ではほとんどすべての葉の根元にずらりとつく。プロパンガスに付けられた臭いと似ているので騒ぎになることがある[1]。, 本州では千葉以南、四国、九州から琉球列島に見られ、国外では朝鮮南部、中国に分布する。, 琉球列島では変異種が多く、内陸で見られるもの、ヒサカキに近い形質のものも見られる。テリハヒサカキ・マメヒサカキ・ケナシハマヒサカキなどのいくつかの型に分けることが試みられたが、それらも中間型があって区分が難しい。, ヒサカキ属にはこのほかに日本に8種(変種を含む)が知られる。一般に見られるのはヒサカキで、それ以外の多くは南方離島産のものである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ハマヒサカキ&oldid=67893354. 神事や仏事でよく見かけるヒサカキですが、榊(サカキ)との違いがわからないという方も多いのではないでしょうか?それもそのはず、地域によって使われ方や呼び名が様々だったのです。今回は、ヒサカキと榊との違いや由来、その特徴や利用法までたっぷりご紹介します。, いったいヒサカキとは、どんな植物なのでしょうか?神棚や仏壇にお供えしたりと宗教的な印象の強いヒサカキですが、榊(サカキ)との違いがいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。まずはじめに、ヒサカキがどんな植物なのかをざっくりとご紹介します。, ヒサカキはツバキ科(ペンタフィラクス科)・ヒサカキ属に分類される、高さ3~8mの低木の常緑樹です。葉は小ぶりで、縁に鋸歯(きょし)があるのが特徴です。(鋸歯とは、のこぎりの歯のようなギザギザの切れ込みのことです。)花の季節は3~4月で、クリーム色の小さな花がたくさん咲き、11月ごろには黒い実をつけます。, 北海道・青森・秋田・岩手を除く本州から沖縄の、比較的暖かい地域に幅広く分布しています。中国、朝鮮半島、台湾なども原産地です。林内の日陰や低木層によく見られますが、直射日光にも強く、尾根や海岸沿いなどにも生息しています。あまり目立ちませんが、実はほとんどの森で見られる植物です。, 樹木の高さは、だいたい3~8mです。成長が遅くあまり大きくならないので、生垣や庭木としてよく使われています。生け垣などに植栽されたものは、2~3mほどの高さで仕立てられることが多いです。自生している大きなものでは、高さ10mにもなる巨木もあります。, ヒサカキは耐寒性、耐暑性、耐陰性が高いので、生育環境を選ばないという特徴があり、とても丈夫で育てやすい樹木です。適湿を好むため半日陰が好ましいのですが、適応能力が高いため、日当たりの良い場所から日陰までよく育ちます。北海道・青森・岩手・秋田以外であれは、比較的簡単に育てることができます。, ヒサカキの性表現については、まだよくわかっていないようです。雌雄異株と記されていることがありますが、実際は雄花と雌花の他に両性花をつける株もあります。その仕組みは現在まだ解明されておらず、伐採や山火事で性転換することも知られており、まだまだ謎の植物です。, 次に、名前の由来をみていきましょう。ヒサカキと榊の違いがわからなくなってしまう理由は、その名前にあります。「榊」といえば、「榊(サカキ)=本榊(ホンサカキ)」と「ヒサカキ」の両方を指すからです。なぜそのようなことになったのでしょうか?まずは、ヒサカキの由来の元となる「榊」の由来からご紹介します。, そもそも「榊」という言葉は何を意味するのでしょうか?「榊」という文字には、漢字の成立ちからわかるとおり、神の降りる樹木という意味があり、古くから神事に利用されてきました。神様にお供えする植物が「榊」とよばれ、地域によってはヒサカキをはじめ、オガタマノキや若松であり、「榊」とよばれる植物は土地によって様々だったのです。, そして時は流れ、現在は「榊」といえば「榊=本榊」と「ヒサカキ」を指すようになりました。西日本の人が「榊」といえば「本榊」のことですが、関東より北で「榊」といえば「ヒサカキ」を指すということが起こります。なぜなら、本榊が生育しない北海道から関東では、「ヒサカキ」のことを「榊」とよび、本榊の代用として利用してきたからです。, しかし流通が発達し、全国どこでも榊が手に入るようになると、北海道から関東では「榊」とよばれる植物が二つになり混乱します。榊が「本榊」や「真榊」ともよばれるようになった由来は、それらを区別するためだといわれています。, では、ヒサカキの名前の由来はいったいどこから来ているのでしょうか?基本的には榊から来ているようですが、諸説あります。「非サカキ」「姫サカキ」「緋サカキ」「比サカキ」「実サカキ」など、たくさんのいわれがあります。, しみず としゆき(@green_life.1)がシェアした投稿 - 2017年10月月14日午後5時19分PDT, 昔の京都を中心とした考え方では、榊といえば本榊で、ヒサカキは榊に似ているが榊ではないということで、榊に非ず(あらず)で「非サカキ」となった、という説があります。また、ヒサカキの葉は榊より小さいので、その様子を姫(ヒメ)とたとえ「姫榊(ヒメサカキ)」となり、短縮され「ヒサカキ」になったという説もあります。(屋久島にはヒメヒサカキという固有種もあります。), CyzxPic(@cyzxpic)がシェアした投稿 - 2016年12月月21日午後10時44分PST, 他にも名前の由来はいくつかあります。新芽と若葉が赤味を帯びるので、緋色(ひいろ)から「緋サカキ」になったという説や、ヒサカキに似ているので「比サカキ」になったという説です。また、ヒサカキは実をたくさん付けるので「実サカキ」から少しなまって、ヒサカキとなったといった説もあり、ヒサカキにはたくさんの名前の由来があります。, きとみず(@kitomizu)がシェアした投稿 - 2019年 9月月14日午前1時31分PDT, ヒサカキは地域によって様々な別名があります。「ビシャコ」「ビシャ」「ヘンダラ」「ササキ」「シャシャキ」「シャカキ」「イヌサカキ」「アクシバ」「コウヤシナシバ」「ハカシ」「下草」「仏さん柴(しば)」「栄柴(サカシバ)」などです。たくさんの別名があるのは、昔から人々の生活に密着していたからだといえるでしょう。, ヒサカキは、開花の季節や実りの季節も他の植物と少しずれているため、繁殖力も優れています。日本各地に分布しているだけあり、とても生命力の強い植物だといえるでしょう。特に目立った特徴はない地味な見た目のヒサカキですが、詳しく見てみると独特の個性を持った植物です。, 葉の大きさは、長さ3~7cmで幅1.5~3cm程度。葉は厚みとつやがあり美しく、先端は少しくぼみがあることが多いです。縁には鋸歯が付いているのが特徴です。鋸歯は鈍く、たくさんついています。葉は、枝の左右に交互に付くので、平面的になります。, 花は早春の3~4月、まだ他の花の少ない季節に開花するので、虫たちが盛んに受粉します。萼はまるく紫色です。花の季節になると、枝の下側に直径2.5~5mmほどの大きさの、小さなかわいい花をたくさん咲かせます。白やクリーム色の花が多いですが、たまにピンクや紫の花もあり、株によって色や形は様々です。近くで見ると、とてもかわいいです。, ヒサカキの花は見た目は小さくてかわいらしいのですが、臭いが強烈という特徴もあります。甘く優しい花の香りとは全く違う、強い独特の香りがします。花の季節になると、たくあんの匂い、プロパンガスの匂い、アンモニア臭などという人もいます。「臭い」といわれるのもヒサカキの特徴といえます。, 春に花が咲いた後、夏からゆっくりと小さな黄緑色の実を付け、9月ごろから黒く色付きはじめます。そして10月~2月の秋から冬にかけて、枝の下に黒い実をたくさん付けます。熟した黒紫色の丸い実の大きさは直径5mmほどです。葉の下に隠れるように実がついていますが、水分が多い実で、他の果実の少ない季節に実を付けるため、小鳥たちがよく食べに来るようです。. アサガオの花言葉へ, 庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ シバザクラの花言葉へ. ヒサカキは生育環境をあまり選ばないという特徴があり、サカキが育たない場所で神事の際に代用品として用いられることもあります。育てやすく、春になると独特の香りがするため、季節の到来を知らせてくれます。, ヒサカキの特徴は、適応能力の高さにあります。本来午前中だけ日差しの当たる、半日向のような場所が適していますが、たとえ日当たりが良い場所であっても、日陰であっても場所を選ぶことなくよく成長します。, ヒサカキが自生している場所は中国や台湾、朝鮮半島といった東アジア、日本では本州の東北以南から沖縄の平地といった比較的暖かい地域が多いです。そのため、北海道や東北地方では植栽で育てるのは向いていません。, それ以外の地域では、耐寒性もそれなりにあり、適応力の高さから幅広い場所で育てることができます。ただし、なるべく適湿であることが好ましいです。ハマヒサカキと呼ばれる品種はヒサカキの中では寒風に弱いです。, また、植えたばかりの年はまだ根が十分に張り付いていないため、株元の部分を腐葉土で覆ったり、寒風が当たらないような場所に移すといった防寒対策をする必要があります。, ヒサカキへの水やりは、土の表面部分が乾いてきたと感じてきたら、たっぷりと水を与えるようにします。, ただし、日中に水を与えてしまうと水が蒸発してしまい、株を痛めてしまう原因となってしまいます。そのため、なるべく朝と夕方の涼しい時間帯に水やりをするように心がけます。, ヒサカキを地植えで育てている場合は、雨水が降り注ぐような場所では、よほど晴れ渡った日が続くなど、乾燥しない限りは水やりをする必要は基本的にはありません。, ヒサカキを鉢植えで育てている場合には、土の表面が乾いてきたと感じられたら水をたっぷりと与えるようにします。地植えで育てている場合は、よほど乾燥しない限りは、水やりをする必要は一切ありません。, ヒサカキへ肥料を与える場合は、液体肥料よりも堆肥や油かすといった固形の肥料を置き肥として与えるほうが適しています。肥料を与える時期としては2月、4月、6月です。, ヒサカキを育てるときは、それなりに水持ちのよい、肥沃な土を用います。もし土が乾きやすいような場所の場合は、土に腐葉土や堆肥をさらに混ぜ込みます。, 市販されている園芸用の用度を用いる場合には、水もちをよくするために、そこへの小粒の赤玉土を加えます。全体の割合からは、3割から4割程がのぞましいです。, ほかには小粒の赤玉土を6、腐葉土を2、バーミキュライトを2の割合でそれぞれ混ぜた用土を使う例もあります。, ヒサカキの植え替え時期は、3月から9月の間が適期です。ただし、その中でも梅雨の時期は土から栄養素が流れ出てしまう時期なので、なるべく避けて行います。, 植え替えをするときの手順ですが、鉢から根鉢を丁寧に抜き取っていきます。枯れた根や古くなった土がありますので、土をほぐしていきながら少しずつ取っていきます。土を取り除く量ですが、軽くもみほぐして取ることのできるぐらい、おおよそ1/3程度で大丈夫です。, 乾燥させることで土がほぐれやすくなりますが、ヒサカキは適湿な環境を好む植物のため、あまりおすすめできません。, 次に、新しく植え替える1回り大きめな鉢の底穴にネット、鉢底石を順番に敷いていきます。鉢の1/3ほど土を入れたら、ヒサカキを植え替えます。新しい鉢にヒサカキを置いた後は、縁の下から2、3cmほどのところまで土を入れて馴染ませます。, 終わったあとは、水を満べんなくたっぷりを与えます。植え替えたあとですが、弱っている状態ですのでなるべく風の当たらない、明るい日陰に置いてあげましょう。, また、水やりは土が乾いてから与えるようにし、代わりになるべくこまめに葉水を与えるようにします。植え替えた直後は肥料を与えず、なるべく置き場所を一定にして、土と根をなじませるように養生させます。, 種まきをする場合には、秋になって熟れた果実の部分から種を採種して、そのまますぐに撒いてしまいます。すぐに撒けるような環境がない場合には、湿らせた砂を一緒に保管して、春まで待ちます。, 種を乾かしてしまいますと発芽するための力が衰えるため、なるべく乾燥させないように注意する必要があります。, ヒサカキを増やす方法は、「挿し木」と「種まき」の2種類が一般的となります。種まき方法については、前述の通りです。, 挿し木をする場合、適期となるのは7月頃です。梅雨の時期は流れやすくなってしまい、根付きにくくあまり増やすのに適していないので、梅雨の終わったあとにしましょう。, 方法としては、その年に伸びてきた新しい枝を切り取って、土に挿してあげます。そこから根が出るまでの間は、半日向になるような場所で、なるべく乾燥さないように保管します。, ヒサカキにつきやすい害虫として一般的なのは、ホタルガという虫です。ホタルガは名前の通り、ホタルのように色鮮やかなガなのですが、その幼虫は植物の葉っぱを食べて成長します。分泌液に毒があり、触ると炎症を起こしてしまうなど駆除するのが大変です。, 幼虫の場合には木を揺すって落としてから退治です。繭の状態なら1つ1つ捕まえていき、成虫の状態は殺虫剤でまとめて退治するのがよいでしょう。, まず褐斑病についてですが、糸状菌が発生することによって起こり、小さな円形の斑点が葉っぱに表れます。褐色の斑点はどんどんと黒くなり、円形から多角形に広がっていきます。斑点となった部分は枯れていき、葉っぱが落ちていきます。, 株の生育自体が悪くなる原因となります。おもに春から秋にかけて、雨が続いたり風通しの悪い状態で発生しやすくなります。発症していた場合はすぐにその葉っぱを取り除き、間引きや剪定をすることで風通しを良くする必要があります。, 炭疽病はカビが原因となって、葉っぱなどの部分が黒・灰色のカビが発生して斑点状に広がっていき、穴が空いたりしていきます。高温多湿な状態を好み、特に梅雨の時期には蔓延しやすいです。, 水やりの水はねや雨水によって伝染していくので、なるべく水はけをよくするだけではなく、葉っぱが密集しないようにする、株元に水を与えるなどの方法で予防する必要があります。, ほかにもすすかび病などといった病気にもかかりやすいのですが、いずれにしても密植であったり葉っぱの密集、水はけの悪さが原因で発症することが多いです。, ヒサカキは神事に使われたりします。サカキが育ちにくい地域などで、代用品として使われることがあります。, 耐寒性、耐暑性ともに高く、生育環境をあまり選ばないのがヒサカキ特徴です。かなり育てやすいです。東北地方や北海道ではあまり植栽には向いていませんが、それ以外の地域であれば冬越しや夏越しの対策をほとんどする必要はありません。, しかし、ヒサカキの中でもハマヒサカキと呼ばれる品種は耐寒性があまり高くなく、植えたばかりの年はまだあまり根が張り付いていないため、株元を腐葉土で覆ったり、寒風を避けてあげるなどの、防寒対策をする必要があります。, ヒサカキはサカキと言う名前をしていますが、サカキとは別の植物です。特徴としてサカキの葉っぱは7cmから10cmほどの大きさですが、ヒサカキは3cmから7cmほどと小さいのが特徴です。, また、サカキは葉っぱと葉っぱの間隔が大きいのに対して、ヒサカキは群生して密集していることから垣根のような場所で使われることが多いです。, ヒサカキの開花時期は3月から4月で、この時期になると小さなクリーム色をした花を咲かせます。ヒサカキの花の匂いは独特で、インスタントラーメンの粉末のような匂いであるとか、ガス臭であったり例えられ方はそれぞれあります。, ハマヒサカキは花の特徴は同じようなものですが、開花時期が10月から2月とことなっているのが特徴です。, 「神を尊ぶ」についてですが、枝の先端にある小さく生えた芽が鎌状に曲がっており、それが勾玉を連想させることから神聖さを見出したとされています。実際に、関東以東の地域では、榊の代用品としてヒサカキを神前に供える習慣があります。, ヒサカキはツバキ科(もしくはペンタフィラクス科)のヒサカキ属に属している植物ですが、サカキにあらず(非ず)ということから非サカキ、ヒサカキという名前がついたという由来があります。, あるいは、サカキよりも葉っぱなどが小ぶりで、姫サカキからヒサカキと転じたという説もあります。一方で、屋久島の固有種にはヒメヒサカキというヒサカキよりも小さな種類の植物も存在しています。, いずれにしてもサカキに似ているということから、神事の際に代用品として使われている地域もあります。, 耐暑性、耐寒性のあるヒサカキは、あまり育てる場所を選ばないことから育てやすい植物として人気があります。春になると独特な花の匂いをすることから、視覚と嗅覚で季節の到来を感じさせてくれます。, 冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... クリスマスローズの花言葉へ, 年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ハマヒサカキ(浜姫榊、学名:Eurya emarginata)は、ヒサカキ属の常緑小高木である。 海岸近くに多く、同属のヒサカキより葉がまるく、分厚く、光沢があり、乾燥などに強い。 海岸林に一般的な小高木で、風当たりの強い海岸林で密な林冠を構成するものの一つである。 したがって、ヒサカキが臭いと感じる期間は 3月下旬から4月の約1ヶ月間 ということになりますね。 もしあなたが何らかの樹木や花の周辺に行った時に 臭いと感じ、しかも時期が3月から4月でないなら 別の樹木や花の臭いの可能性があります。 Makino )は海岸林に普通な小高木で、潮風や乾燥に強いことから街路樹として用いられることがある。. シバザクラの育て方へ はちみつや歌の歌詞などで名前は知っていても「アカシアの花」と言われてもパッとイメージが思い浮かばない、という人も多いのでは... たくさんの種類があるツツジ科エリカ属の植物。中でも白い壺状の花が特徴のスズランエリカは、クリスマス時期になるとツリー仕立て... オオバヤシャブシという樹木を知っていますか?和名の由来は神様からきていたり、さまざまな用途で植樹されたり使われたりと、知れ... アオギリを街路樹や庭木などで見かけることがあるかもしれません。種子は食用になり、戦時中には炒ってコーヒーの代用とされていま... 都会の道端でよく見かける「アオツヅラフジ」。別名「カミエビ」とも呼ばれるこの植物は秋になると、有毒ですが見ためはブドウのよ... カジノキは、本州中部や九州の山などでよく見かける桑科の樹木です。とても丈夫な植物で和紙の原料としても知られているカジノキは... 赤い葉が美しく、病気や害虫にも強いため生垣にもできるベニカナメモチ(レッドロビン)。ここではベニカナメモチの中で特に赤い葉... あまり聞き馴染みのないオトコヨウゾメという植物を知っていますか?皇居の中にある東御苑にも植えられて、主に東北〜沖縄に分布し... カナリーヤシは樹高が高くて存在感があり、南国の気分が味わえる人気の植物です。ヤシの木のなかでも大型の品種で、広いスペースを... 背が低い樹木を低木と呼びます。この記事ではそんな低木の中でも庭木に人気の代表品種をご紹介します。1年中緑を楽しめる常緑品種... 家のシンボルであり、外観の印象までも変えるシンボルツリー。どの庭木を植えようか悩んでいる人は多いでしょう。長く付き合う庭木... 庭木はその家の顔ともいえるものです。庭先や玄関に植えられた庭木は、庭や建物を引き立ててくれます。しかし、庭木を選ぶときにど... 小さな鉢で樹木を育てるミニ盆栽は、気軽に始められる園芸です。片手で持てるサイズ、少ない用土、狭いスペースで育ち、育て方も簡... ツツジの剪定の正しいやり方を知っていますか? 生垣のように高さを出す場合も、盆栽で小さく育てる場合も、剪定しないと樹形が崩... ビバーナム・ティヌスはつぼみ・花・身を楽しめる樹木です。ビバーナム・ティヌスが枯れた、実がつかなくなった原因や対処法を解説... 夾竹桃(キョウチクトウ)を知っていますか?とても生命力がある木で、街路樹や工場の緑化樹、公園や校庭にも植えられています。ま... 庭木に用いられる低木の人気品種をランキング形式で項目ごとにご紹介します。奥行きを作り出し、おしゃれなガーデニングライフに貢... オオカメノキとは、初夏の山で白い花を咲かせる木です。純白のかわいい花を見てみたいと思う人も多いようです。本記事では、オオカ... 庭木として有名なモッコクについてみなさんはどのくらいご存知ですか?モッコクをプロだけでなく初心者でも剪定はできるのですが、... マグノリアとは春先に香りのいい花を咲かせるモクレン科モクレン属の総称です。マグノリアは日本ではモクレンのことをいいますが、... 庭木に何を植えるかお悩みではありませんか?できればあまり手入れのいらない庭木が助かりますね。そこで今回は「手入れのいらない... 秋といえば栗を思い浮かべることも多いのではないでしょうか。栗ご飯やモンブランなど、栗を使った料理は沢山あります。栗の育て方... 月桂樹の葉のことをフランス語で何というでしょうか?その名はローリエと呼ばれ、広く料理に使用されています。月桂樹は、その葉を... 一輪だけでも圧倒的な存在感を放つプロテア。その花はエキゾチックで美しく、南アフリカの国花にもなっています。丈夫で花もちのよ... 南天(ナンテン)は赤い実が特徴の常緑低木です。どこから切っても育つ生命力のある植物ですが南天の樹形をきれいに保つには伸びす... ジュズサンゴは、赤いサンゴのような可愛い実がなります。初夏から秋にかけて長い間、数珠のように連なる花と実を同時に楽しめるの... ガーデニングにシャービックな雰囲気を演出してくれるユーカリポポラスを育ててみませんか?ユーカリポポラスの根腐れによる枯れを... オニグルミ=鬼ぐるみ。名前からして、いかついイメージですが、鬼のようにでこぼこした固い殻に包まれた日本在来種のクルミのこと... イチイという樹木をご存知でしょうか。垣根や盆栽によく利用される他、鉛筆や工芸品などに木材として使用されることでも有名です。... 枝葉は繊細で軽く、さらさらと風に揺れる姿が涼しげなプリペット。生垣にもよく使われ、葉色にバリエーションがあり、「プリペット... 家のシンボルツリーにもなる目隠し用の庭木を植える前に、把握しておかなくてはならないことを9つの側面から取り上げてみました。... カクレミノという面白い名前の植物があります。縁起がよいとされ、庭木としても人気のある樹木です。カクレミノの名前の由来や、開... マンチニールは、世界一危険な有毒植物といわれています。葉や実は、まるでリンゴのようですが、誤って食べてしまうと大変なことに... ユーカリには香りを楽しむものや、銀白色の丸葉を庭木や観葉植物として愛でるものなど様々な種類があります。育て方は簡単な一方で... 明るい葉と涼しげな樹形で、庭のシンボルツリーとして人気のシマトネリコ。成長速度が速いため、定期的な剪定が必要です。いつ剪定... ブルーアイスは、名前のとおり青く輝くように美しい葉をつけるのが特徴で、庭に涼しげな印象を与えてくれる植物です。耐寒性が強く... 昔から庭木として親しまれてきた南天は縁起物でもあり、実や葉は生薬としても用いられてきました。時期や品種によっては紅葉も楽し... 常緑低木とは、季節に関係なく常に緑色の葉をつける樹木のことです。庭に植えると、自宅を象徴するシンボルツリーになるのでおすす... アカメガシワは樹皮の部分に有効成分が含まれており、サプリメントや生薬など食用として利用されている植物です。生命力が強く、実... 盆栽は人気のある園芸のひとつです。盆栽で注目を集めているのが、もみじ盆栽です。5月の初夏の青々とした姿、秋の赤く色づいた様... ヒサカキとは?榊(サカキ)との見分け方などの特徴や利用法を紹介!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, ベニカナメモチ(レッドロビン)とは?生垣としての魅力や剪定方法、挿し木の育て方もご紹介!. カーネーションの花言葉へ, 年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アサガオの育て方へ シクラメンの花言葉へ, 葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... 芳香剤にも使われるよい香りで、秋の季節を感じさせる金木犀(キンモクセイ)。金木犀(キンモクセイ)は常緑樹であり、剪定の仕方... 枝葉は繊細で軽く、さらさらと風に揺れる姿が涼しげなプリペット。生垣にもよく使われ、葉色にバリエーションがあり、「プリペット... 海岸付近で見かけることが多いトベラは、強烈なにおいを放つことでも有名な植物です。ところが実や花は観賞用や庭木として人気があ... スダジイという植物をご存知ですか?スダジイは秋になるとどんぐりが楽しめる植物です。今回はスダジイの特徴やにおいの正体、栽培... シルバーグリーンの葉が美しいオリーブはどんな花をつけるのでしょうか。白く小さな花は観賞価値も高く、夏の訪れを告げてくれます... エゾマツ(蝦夷松)という樹木をご存知ですか?北海道の木にも指定されている植物で、大きいものでは樹高が40mほどまで育つのが... 季節を問わず楽しめる植物ヤブコウジの育て方をご存知ですか?今回は植え付けに適した時期や剪定の方法、増やし方などヤブコウジの... センリョウやマンリョウと並んで縁起がよいといわれる植物、ヤブコウジを知っていますか?ヤブコウジは赤い実が特徴的なヤブコウジ... マテバシイは日本固有種のブナ科の樹木です。葉っぱが大きく、どんぐりをつけることが特徴です。マテバシイは丈夫な樹木ですので、... アカガシはブナ科コナラ属のどんぐりのなる樹木の一つです。アカガシのどんぐりはぼうしに毛がはえていて、とても可愛らしいです。... タラヨウという木をご存知でしょうか。はがきの語源になったことから「はがきの木」「郵便局の木」などの別名を持つ常緑性高木です... 家を象徴するシンボルツリー(庭木)ですが、常緑樹がおすすめです。そこで今回は、定番の人気常緑樹をランキング形式にして紹介し... 夾竹桃(キョウチクトウ)は、魅力的な花を咲かせる一方、死亡事故の可能性のある猛毒をもっている身近な樹木です。今回は主に夾竹... キャラボクはほぼ全国で見られる常緑性低木で、イチイの変種です。丈夫で手入れがしやすく、庭木や生垣としてよく利用されています... ヒイラギモクセイは、その名のとおりヒイラギに似た葉をもち、モクセイのような香りの花を咲かせる樹木です。常緑で強い刈込みにも... 常緑樹は年中緑の葉を茂らせる樹木です。沢山の種類がありますが、ここではシンボルツリーにもおすすめの人気の常緑樹をいくつかご... 常緑低木とは、季節に関係なく常に緑色の葉をつける樹木のことです。庭に植えると、自宅を象徴するシンボルツリーになるのでおすす... バンマツリは半耐寒性で半常緑の低木です。その中でも庭木としてよく知られていているのがニオイバンマツリです。春から秋の季節に... ミヤマシキミは、香りのよい花とかわいらしい蕾を咲かせることから庭木として人気ですが、葉や実には毒性があるため注意が必要です... 常緑低木のクフェアには250種類もの品種があり、花の色や植物の姿もさまざまで選ぶ楽しみがあります。育てやすく管理のポイント... 月桂樹の葉のことをフランス語で何というでしょうか?その名はローリエと呼ばれ、広く料理に使用されています。月桂樹は、その葉を... 一輪だけでも圧倒的な存在感を放つプロテア。その花はエキゾチックで美しく、南アフリカの国花にもなっています。丈夫で花もちのよ... 南天(ナンテン)は赤い実が特徴の常緑低木です。どこから切っても育つ生命力のある植物ですが南天の樹形をきれいに保つには伸びす... ジュズサンゴは、赤いサンゴのような可愛い実がなります。初夏から秋にかけて長い間、数珠のように連なる花と実を同時に楽しめるの... マンチニールは、世界一危険な有毒植物といわれています。葉や実は、まるでリンゴのようですが、誤って食べてしまうと大変なことに... ブルーアイスは、名前のとおり青く輝くように美しい葉をつけるのが特徴で、庭に涼しげな印象を与えてくれる植物です。耐寒性が強く... ギンバイカ(銀梅花)は、世界中で栽培されている人気の植物です。そんなギンバイカには花・葉・茎に独特な香りがあるため、実はハ... バンクシアはブラシのような花が特徴の樹木です。切り花としても人気ですが、個性的でめずらしい庭木としても園芸好きの間で注目を... スカイロケットは耐暑性や耐寒性が強く、育て方も簡単で初心者におすすめの常緑樹です。葉が密に茂る性質を生かし、間隔をつめて植... イヌマキは昔から垣根などに使われ、日本人と深く関わってきた樹木です。イヌマキはどのような特徴を持つ植物なのでしょうか。水や... シマトネリコがどのような木かご存じですか?「住宅の庭でよく見る」「白い花が咲く」などと答える人が多いかもしれません。シンボ... クルクルと長い雄シベが魅力的なグレビレアは、最近人気のオーストラリア植物です。赤い花色も特徴的ですが、爽やかさを醸し出す葉... ナギの木(なぎの木)は、古くから神聖な木とされ、神社の御神木として崇められてきました。近年では観葉植物としても人気です。こ... ソテツ(蘇鉄)の育て方をご紹介します。九州から沖縄に分布するソテツは丈夫で育てやすく、鉢植えでも地植えでも楽しめるおすすめ... プロテアとは、エキゾチックな雰囲気をもつ独特な形の花を咲かせる常緑低木です。存在感の強い花は、切り花やドライフラワーなどに... ジャスミンは涼やかな香りをまとったかわいい白い花が魅力的です。そんなジャスミンの、家庭での育て方を知っておきましょう。地植... ヒサカキ(姫榊)とは?神事にも用いられる植物の特徴や育て方を解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。.

エキサイト翻訳 フランス語, ラミエル かわいい モンスト, 吾峠呼世晴 Sns, ドイツ 外務省, エヴァンゲリオン リピート, 井上希実 エール, 啄木鳥探偵處 つまらない, ペンギン 英語, 仮面ライダー 昭和 怪人, フィードバックする 英語, 島かおり 名もなく貧しく美しく, 日の出山荘 駐車場, 島かおり 名もなく貧しく美しく, そもそも 例文, 東急ハンズ チラシ, 炭治郎 ピアス, コーヒーパック 顔, Twitter 会話 見られたくない, ワンオク タカ 婚約, 炭治郎 イラスト 簡単, オーク エルフ ロードオブザリング, Twitter 更新内容, タイムライン おすすめユーザー 消す, サムライ 翔 赤ちゃん, 論文 言葉 言い換え, 後藤田正晴 なんj, 栃木県 自然公園区域,