《説教のあとの幻影》は、画家のポール・ゴーギャンによって制作された作品。制作年は?。, 敬虔なブルターニュの人々は、聖人の祝日に伝統衣装を身に着け、免罪符を受け取る習慣があり、本作はその習慣を題材としている。画家は木によって絵を2つのはっきり異なる部分に分けている。左側には、赤い野原を背景にこぎれいな白いボンネットを被った女性たちが、模様のように描かれている。鑑賞者の視線は、説教が生み出した、ヤコブが天使と格闘する幻影に吸い寄せられていく。この格闘は創世記に出てくる話である。よく知られているブルターニュ地方のレスリングの習慣は、あまり敬虔とは言えない楽しみだが、宗教的な題材と融合されている。画家は、「風景とレスリングは…説教を聞いて、祈っている人々の想像の中にのみ存在する。」と述べている。この世のものとは思えない雰囲気を表現するために、ゴーギャンは縮尺を歪め、鮮やかで自由な色を使っている。, 画家は1888年から1991年の間、ブルターニュ地方のポン=タヴェンで、若手の画家エミール・ベルナールと密に協力して仕事した。どちらの画家も、象徴主義運動の影響を受け、「原始芸術」に関心を持ち、同じ時期に同じような表現形式に達した。本作の2、3週間前に、革新的であるが、構図的に弱いベルナールの「草地のブルターニュの女たち」が制作されたため、盗作疑惑が持ち上がった。ゴーギャンは最終的に象徴主義・印象主義と決別し、クロワゾニズムの輪郭線で囲んだ形を、平らにし、単純化した。残念ながら本作はゴーギャンとベルナールの間に亀裂を生じさせることとなった。, こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。. ヤコブと天使の闘い 旧約聖書 創世記36章24-32に記される「ヤコブと天使の戦い」を主題とした作品。主題を簡単に説明するとこうなります。 ヤコブは、旧約聖書ではイスラエル民族の始祖と … ドラクロワは、晩年の12年間をサン・シュルピス教会(Eglise Saint-Sulpice)で、助手と2人で壁画の連作に没頭します。先日訪れたドラクロワ美術館でそのスケッチを見て面白そうだったので、その教会へ歩いて行ってみました。歩いて10分くらいの距離です。, ゴシック様式のこの教会の礼拝堂に描かれた作品は、大きさはもちろん、構図や色彩に圧倒されました!さっそくどんな作品なのかご紹介しましょう。, 部屋の左右に741x485cmの壁画が2枚、天井画が1枚描かれ、これら3枚をドラクロワは「老芸術家の遺言」と呼んでいたそうです。礼拝堂に入る前から、ちょっと緊張します。, 旧約聖書 創世記36章24-32に記される「ヤコブと天使の戦い」を主題とした作品。主題を簡単に説明するとこうなります。, 兄エサウの家へ向かう途中に、ヤコブの前に一人の男(天使)が現れ、しつこく論争をけしかけます。しだいに喧嘩から格闘になりますが、結局ヤコブが勝ち、天使からイスラエルと名乗ることを許されたという逸話です。, 画家は、この逸話を「選ばれた者が神から与えられる試練」と解釈、ヤコブと天使の格闘の様子を描きました。, 天使とヤコブの筋肉隆々の表現は、ミケランジェロの影響があるのではないかと言われています。鮮やかな色彩表現は、当時すでに健康状態の悪かったドラクロワの強い創作意欲を感じます。作品の前に立つと、たしかにそのエネルギーを感じるから不思議。, この作品は、ヨハネの黙示録から大天使ミカエルが悪魔たちとの戦いに勝利したエピソードを主題にしています。, 天井を見上げると、大天使ミカエルが長い槍のようなものを持っています。勇ましい!それもそのはず、大天使ミハイルは邪悪な力と戦う最高位の天使なのです。, 太陽の光を背に受けて、長い槍をもつミカエルが神々しく見えますね。倒れた悪魔のマントの鮮やかな赤が作品のアクセントになっているようです。, エルサレム神殿から財宝を奪おうとしたシリアの宰相ヘリオドロスが、突如現れた騎士によって転倒させられ、二人の天使に鞭打たれるというもの。つまり天使からお仕置きされている様子が描かれているのですね。, 躍動感を感じます。現代のアニメーションにもなりそうな、構図と色使いがすばらしい。若いなあ。ほんとに晩年の作品なのかと、信じられない気持ちです。, この3つの作品をまとめると、「ヤコブと天使の闘い」は、選ばれた者が神から与えられる試練を、「神殿を追われるヘリオドロス」は天からの助けを、そしてそれを天井から大天使ミカエルが見つめる、という形になっていると思いました。, サン・シュルピス教会は、ノートルダム大聖堂に続いて2番目に大きく、美しい外観やドラクロワの作品以外にも見どころが多くおすすめの教会です。, ドラクロワ美術館で見かけたスケッチのおかげで、サン・シュルピス教会ですばらしい壁画と天井画を見ることができました。, いずれも、画家が晩年の12年間を費やしたすばらしい作品で、彼の並々ならぬ創作エネルギーに感動しました。, ドラクロワ美術館とあわせてサン・シュルピス教会も見学されることをおすすめします。ドラクロワ美術館からは歩いて10分ほどです。, この教会のエリアは、セレクトショップやレストランがならび散歩も楽しいところです。チョコレートの名店「ピエール・エルメ(Pierre Hermé)」の前には、お客さんが長い列を作っています。 ドラクロワ美術館の帰りに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。. 鑑賞者の視線は、説教が生み出した、ヤコブが天使と格闘する幻影に吸い寄せられていく。この格闘は創世記に出てくる話である。よく知られているブルターニュ地方のレスリングの習慣は、あまり敬虔とは言えない楽しみだが、宗教的な題材 彼の人生の最後の数十年間、ドラクロワは公式の命令の執行に忙しかった。それで、パリのリュクサンブール宮殿のために、芸術家は多くの天井画を作成しました – それらの1つ)。これは特別なスキルを必要としましたが、Delacroixはこの仕事を気に入っていました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドラクロワ美術館に行ってきました!充実した作品と建物内部をご紹介 | マダムソムリエの移住日記@パリ.

完了 反対語, 4g 繋がらない ドコモ, 鬼滅の刃 カフェ 9期, 横山裕 若い頃, 一十百千万 表, 中国 国営企業 国有企業 違い, Twitterトレンド 設定, エヴァ4号機 消滅, 鬼 滅 の刃 23巻 通常版, 横山めぐみ 出演, Extensive 詳細な, フォロワー数 検索, 赤西仁 アメリカ移住, きめつのやいば 204話, 不協和音 ドラマ 音楽, 鬼滅の刃 全集 中 展 中止, ラストフレンズ 動画 3話, ご連絡ありがとうございます ビジネスメール, コロナ 洗濯, 昔話法廷 さるかに合戦, 聖おにいさん ドラマ, 古本市場 オンライン, 中村倫也 結婚したい, 軽井沢在住 作家, 森七菜 天然, ブルックスコーヒー まずい, 山田孝之 インスタ ストーリー, 山崎 育 三郎 ファンクラブイベント, アヒルのくちばし 英語, 森七菜 出演情報, INP 赤西仁,