また、色が変わることを知っていても、「こんなに変わるとは思っていなかった」と言う人も多いです。, 上の写真も、ライブナチュラルプレミアムのブラックチェリーです。こちらは新品ではなく、5年経過した状態になっていますが、新品よりも色があせているように見えると思います。, 実はこの写真、左側はラグを引いて5年経過した状態、右側は窓際でずっと日光を浴びた状態の写真になっています。 もう一つ大きな違いは「経年変化」です。 オークの経年変化はナチュラル色から褐色へと濃くなっていきます。 一方、ウォールナットは色あせと表現する人もいるほど、濃い茶色が明るい茶色に変化していきます。 使用していくと経年変化でナラと近い色見になっていきます。 「レッドオーク」はホワイトオークに比べるとやや赤みがかっていて、 木目はよりはっきりしていて力強さを感じます。 bicasaおすすめのオーク材を使用したプロダクト ナラ・オーク材の魅力は丈夫な硬さや天然木らしい木目と色、深みを増す経年変化です。重歩行用としても充分な硬さと耐朽性から、住宅だけではなく、商業空間や公共施設の床材としても幅広く活用され … 力強い木目が特徴的で、明るい雰囲気の色となっています。, 木材の中では明るい色なので、家具の色と合わせやすいです。 これに関してはパパぶたの目で見た感じの色になりますが、パパぶたとしては気になるところでした。, ブラックチェリーは高級家具に使われる木材で、時が経つほどに色が濃くなり、飴色の艶が出てくるのが特徴です。, ライブナチュラルプレミアムの商品はどれも肌触りがいい商品ですが、そのなかでもブラックチェリーが一番肌触りがいいです。, 木の違いによって肌触りが変わりますが、オークのように木目が多いものと比べるとまったく違います。, 色が濃いため、髪の毛などのごみが目立ちづらいです。 また、色が濃いと細かな傷が目立ちにくいというメリットもあります。, ブラックチェリーは最初は薄い赤色ですが、年数が経つにつれて濃い赤色に変わっていきます。 わずか3年ですが、色が濃くなってきているのが分かります。, ブラックチェリーの新品の状態の色が好きな人にとっては、こんな風に色が変わってしまうと好みの色とは違う色になってしまうため要注意です。 プロフィールは, 天然の木を挽いているため、集成材では味わえない天然の木ならではの木目や経年変化、質感を味わうことができます。, ライブナチュラルプレミアムのオークとブラックチェリー。どちらの床材を入れるか検討しました。. 使用する面積によりますが、パパぶた家の場合は約30万円の金額アップとなりました。, パパぶた家は2階建ですが、ライブナチュラルプレミアムを採用したのは1階のみです。家の中全てをライブナチュラルプレミアムに出来ればよかったのですが、これだけ金額が高くなってしまうと手が出ませんでした。, オークとブラックチェリーのどちらにするか悩みましたが、最終的にはブラックチェリーを採用することに決定しました。, 決め手となったのは、ブラックチェリーの数年経ったあとに出てくる飴色の艶の高級感です。これだけはオークや他の木材でも真似することができませんので、ブラックチェリーを採用することになりました。, それぞれの木材にメリット・デメリットがあります。それぞれの木材の特徴を把握し、お気に入りのライブナチュラルプレミアムを選びましょう!, 絶対いれた方がいいよ!リビングの雰囲気が全然違うし、ワックスフリーなのも手間がかからなくて嬉しいからね!, 30代子育て夫婦が、積水ハウスで家を建てることになりました。家づくりに役立つ情報を発信していきます! 経年変化が激しい樹種トップ3【No.1708】 無垢材テーブルの樹種を選ぶ際に、気にしておいたほうが良いのが経年による色味の変化です。材木屋さんや家具屋さんの間では経年変化という表現をしています。 ブラックチェリーは普通は色が濃くなっていきますが、日光にあたると劣化によって色があせていきますので注意してください(窓際で光があたっているため、本来の色より明るく写っております)。, ご覧のとおり、設置されている場所によっても全然色が変わってくるのがブラックチェリーです。 毎日掃除ができれば問題ありませんが、忙しいとそういうわけにもいきませんので、忙しい方にはうれしいメリットです。 その時に案内してくれた営業にライブナチュラルプレミアムの人気の木材を聞いてみたところ、一番人気はブラックウォルナットでした。, ウォルナットは、世界三大銘木の一つで、ブラックチェリーと同様に高級な家具材として使われています。 僕の財布も経年変化してきました! いま僕の使っている財布も載せておきますね。 ブライドルシリーズのインペリアルパースという二つ折り財布です。 ココマイスターのブライドルレザーは良いエイジングをするので、ぜひ見てください。 もちろん、見栄えを良くするためにわざと加工しているケースもあるため、これだけで判断するのは危険です。, パパぶた家は朝日ウッドテックのショールームにいって全てのライブナチュラルプレミアムを確認してきました。 ブラックチェリーと相性がいいのはウォルナット系の濃い目の色です。もちろん明るめの色でもいいですが、年数が経つにつれてブラックチェリーの色が濃くなっていくことから、ウォルナット系の濃い色の家具を選ばれる方が多いです。, 上の写真ですが、左側の本になっているものが新品のブラックチェリー。右側が3年経ったブラックチェリーです。 朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムという床材を採用することにしました。 ですがこのライブナチュラルプレミアム、木材選びがとても悩みます。パパぶた家は「オーク」と「ブラックチェリー」の二種類で最後の最後まで悩みました。 オーク材など、経年で色変化がある樹種もあるので、それを見越して購入されると良いですね。まあ、少しづつなので、気づかないうちに濃くなっていますけどね。そんなに気になるものではありません。 マルトクショップの一番人気、 ホワイトオーク は 経年変化の控えめ な樹種。 写真の向かって左側は5年以上使用している天板、右は撮影日に研磨してオイル塗装しました。 あまり印象を変えたくない方に「ホワイトオーク」 オークも変化しますが、印象はあまり変わりません. あまり印象を変えたくない方に「ホワイトオーク」 オークも変化しますが、印象はあまり変わりません. その後、ライブナチュラルプレミアムに変更するために見積もりを取り直したところ、1㎡当たり14,300円という驚きの見積もりが出ました。, 標準の床材と比較すると、その差額は8,800円/㎡になり、2.6倍の値段です。 ブラックチェリーを採用するときは、必ず新品の状態と数年経った後の状態を確認するようにしましょう。, 魅力的なライブナチュラルプレミアムですが、種類が多く、かつ経年によって色が変わることから、どの木材を選ぶか悩まれる方が多いです。 また、施工されたばかりのものと年数が経過したものでは色が変わってしまい、かつ日当たりによっても色が変わるため、雰囲気が違います。, 複数個所の現場を見学し、色の変化にも納得がいってからどの木材を使うのかを決めましょう。, わざわざ現地を見なくとも、Instagram(インスタグラム)やRoomClip(ルームクリップ)、ブログなどで色や雰囲気を確認することができます。, 写真は本人が知らないうちに様々な補正がかかっている可能性があり、実物の色・雰囲気とは違う可能性があります。 レッドオーク . solidでは、この3種をメインに取り扱っております。 それぞれ個性がありますが、 本日は、その中で一番違いのわかりやすい “色の経年変化” についてお伝えしていきます。 まずお伝えしなくてはいけないことは、 朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムという床材を採用することにしました。 ですがこのライブナチュラルプレミアム、木材選びがとても悩みます。パパぶた家は「オーク」と「ブラックチェリー」の二種類で最後の最後まで悩みました。 経年変化:肌色から徐々に茶色と黄色が少しずつ現れ、やわらかい黄金色に変色していきます。 ... ホワイトオークやレッドオークなどの素直な木目に比べて、板目で材を取ると力強い精悍な木目が表れ、独特の存在感を見せてくれます。 オークにはレッドオークやホワイトオークのように種類があったり、オーク(ナラ)と表記されたりすることがあります。 そのため、オークとナラが同じなのか違うのか、よくわからないと感じる方もいるのではないでしょうか。 同じオーク材もいいですし、ウォルナットなどの濃い色の家具との相性も抜群です。, 色が明るいため、部屋全体が明るい雰囲気になります。家のなかを明るい雰囲気にしたければ、オークが間違いありません。, 他の木材よりも木目がはっきりとしています。木目がはっきりしているとそれだけで部屋全体が高級な雰囲気になります。, 床材以外にも様々な家具で使われる木材のため、幅広い世代に好まれます。今後数十年住む家になりますので、年齢が変わっても好まれるオーク材を選ぶのもいいでしょう。, 幅広い世代に好まれており、家具等でも使われている木材のため、数多くの家庭で使われています。 そのため、せっかくライブナチュラルプレミアムのオーク材を使ったとしても、「よく見る色だな」となってしまうこともあります。, 天然の木ですので使う場所にもよりますが、若干緑色に見えるような部分があります。 茶色と黒が混ざったような濃い色のため、家の中が引き締まり、落ち着いた雰囲気となります。, また、ブラックウォルナットは年数が経つにつれて色が明るくなっていきます。写真の下側が新品の状態、上側が3年たった状態のブラックウォルナットです。, もともと見積もりに入っていたのは、積水ハウスでよく使われている「ナチュラルテイストフロア」という床材で、1㎡あたり5,500円でした。 家の中で一番過ごす時間が長いのはリビングです。そんなリビングですから、家族みんながリラックスできる空間を作りたいですよね。, パパぶた家も、「リビングを居心地のいい空間にしたい!」と考え、朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムという床材を採用することにしました。, ですがこのライブナチュラルプレミアム、木材選びがとても悩みます。パパぶた家は「オーク」と「ブラックチェリー」の二種類で最後の最後まで悩みました。, あまりに悩みすぎて、ライブナチュラルプレミアムが実際に引いてある展示場5か所、現場見学会1か所、朝日ウッドテックのショールームまで見学に行き、木材を比較してきました。, そこでこの記事では、パパぶたが調べてきたライブナチュラルプレミアムの「オーク」と「ブラックチェリー」の比較をまとめましたので、ぜひご覧ください。, ライブナチュラルプレミアムとは、朝日ウッドテックという会社が発売している床材で、天然の木を厚さ2mmで挽いている床材です。, 通常のフローリングは集成材といって、小さな木材を接着剤で張り合わせたものを使用しています。, ですがこのライブナチュラルプレミアムは天然の木を挽いているため、集成材では味わえない天然の木ならではの木目や経年変化、質感を味わうことができます。, オークは、イギリスでは「森の王」と呼ばれており、古くから建築や家具に使われています。家具を選びに行くときは、間違いなく見ることができる木材です。 この濃い赤色がとても美しい色で、部屋を落ち着いた雰囲気にしてくれます。, オークと比べ、家具の色を合わせづらくなります。 展示場や完成見学会、朝日ウッドテックのショールームなど、見学できる場所はいろいろあります。, ライブナチュラルプレミアムは天然の木を使うため、現場ごとに雰囲気が変わります。 マルトクショップの一番人気、 ホワイトオーク は 経年変化の控えめ な樹種。 写真の向かって左側は5年以上使用している天板、右は撮影日に研磨してオイル塗装しました。 「思っていた色と違った」ということにならないように、必ず実物を確認してからどの木材を採用するか決めましょう。, まずはライブナチュラルプレミアムが施工されている現場を見学しましょう。

ナラの木 葉, どんぐり倶楽部 その後, オルカ アプリ, 西島秀俊 嫁 年の差, エヴァンゲリオン 映画 順番, 平山浩行 嫁, コラボカフェ 福岡 2020, 鬼 滅 の刃 グッズ ぬいぐるみ, クロムクロ 配信, 松尾アナ 出産, 首 リンパ 押すと痛い, エミリーブラント ジョンクラシンスキー, 東急ハンズ ロフト, ソフトバンク通信障害 いつまで, 森七菜 髪型, エヴァq Ss, 勘定科目内訳明細書 固定資産 記載例, なるほど 類語, 鬼滅の刃 再放送 TOKYO MX, ルパンの娘 ドラマ, アスカ 気持ち悪い その後, 君に届け 菜々緒 何役, 西島秀俊 Cm くま, 山中聡 カラオケ, エヴァンゲリオン 鬱アニメ, 美食探偵 原作 完結, どんぐり問題 色鉛筆, タンニン 効能, 突然 言い換え ビジネス, Nevaeh 意味, 沼津 オープン予定,