今なら、導入時のiPad代など最大10万円相当が無料になるキャンペーン実施中!, 「ルクミーフォト」は、普段一緒に過ごしている保育士さんだからこそ撮影できる、子どもたちの日常を切り取った写真を、手間なく保護者へ届ける写真販売サービスです。, 専用アプリで子どもたちを撮影するだけで、あとの作業は全てルクミーが自動で行うので、保育士の行う作業もほとんどありません。, 時間のかかる写真のアップロードや販売、決済にプリントアウト、お届けまで全てルクミーで対応します。, ルクミーでは、保護者からの質問や相談を、保育士に変わって24時間365日サポートしています。, 自分の子どもの写真を顔認識機能が自動で判別、一覧で表示されるので、写真選びも簡単です。, 株式会社hugmoが提供する写真代行システム「hugphoto」は、クラウド型サービス「hugmo」シリーズの一つです。hugmoの連絡帳サービス「hugnote」にて共有した写真や「hugphoto」サービスにアップされた写真を販売・購入することができます。, アップロードされた写真は、アルバム管理したりAIによる顔認識によって、お子さんの写真をスムーズに閲覧できるほか、高品質のプリントで印刷することが可能です。なお「hugphoto」は、保育ICTシステム「hugnote」の機能に含まれているため、ライトコースから利用することができます。, お子さまの写真を、AIを使った顔認識やアルバム管理機能によって、スムーズに閲覧したり管理することができます。, 選択した写真は、高画質のL版プリントまたは2L版プリントで、臨場感あふれる写真が届きます。, hugphotoアプリから、お気に入りの写真を選ぶだけで、簡単にオリジナルのフォトブックができます。, 保育園向けのコミュニケーションサービス「キッズリー」が提供する「キッズリープリント」は、キッズリー内でやり取りをしている連絡帳やクラスフォトを、冊子にして届ける冊子製本サービスです。特に月額料金などはなく、サイズやページ数、冊子の種類に応じてプリント費用が発生します。, キッズリーのメイン機能である連絡帳と、クラスフォト。それぞれに適したフォーマットで作成することができ、連絡帳は項目すべてを網羅しており、クラスフォトはこだわりのレイアウトが魅力です。, 冊子の申込は、シンプルな操作性で誰でも簡単に作成が可能です。連絡帳は季節ごと(3ヶ月ごと)に選択でき、クラスフォトは開始日と写真を選ぶだけです。, 幼稚園・保育園向けの写真販売システム「えんフォト」は、保育士や園職員による写真販売の手間を軽減し、保護者側にとっても手軽に写真購入ができる写真販売サービスです。「えんフォト」のサイト内で、写真の展示や販売、決済などが全て完結するため、あれこれ担当者が変わることなく、スムーズな写真販売が可能です。, 「えんフォト」では、写真販売にかかる作業が全てサイト内で完結します。これまでは、写真の展示や集計、販売に決済など園職員の方々の負担が大きかったのですが「えんフォト」を利用することで、展示から決済まで一括で完了します。, ネットショップなどの利用で不安なのが、個人情報の保護やセキュリティ面です。「えんフォト」では、単なるパスワードだけでなく、合言葉設定や園側の承認も加えた3つのセキュリティで、安全に利用することができます。, 保育園・幼稚園導入数が多く、国内でも人気の写真販売サービス「はいチーズ!」は、保育士が撮影した写真や、プロのカメラマンが撮影した写真を、オンラインで簡単に販売することができます。, スマホやパソコンから、好きなタイミングでどこにいても、じっくり写真を選んで注文ができます。また初期費用や月額料金も発生せず、プロのカメラマンも無料で依頼できるという、嬉しいサービスです。, たくさんいる園児の中から、自分の子どもを探すのは一苦労。「はいチーズ!」では、顔検索機能があり、お子さんの写真を探す手間を大幅に削減することができます。, 子どもの写真が掲載されると、保護者あてに「はいチーズ!」から、自動でお知らせメールが届きます。普段の写真や、参加できなかったイベント写真など、メールでお知らせしてくれるので、アップされた写真を見逃すことがありません。, ネット販売で心配な個人情報も、メールアドレス・パスワード・認証キーの個人認証システムを活用しているため、不正なアクセスも防ぎ安心して使えます。, 「フォトレコ」は、保育園や幼稚園に小学校、各種習い事やスクール向けの写真販売サービスです。撮影した写真をサイトにアップするだけで、展示や注文、集金にプリント配送などが自動で行えます。, 月額料金や初期費用もかからず、無料でプロのカメラマンを派遣できるので、人手が足りない保育園などでも助かりますね。, 「フォトレコ」では、最新のセキュリティ環境により、しっかりと安全にデータを管理しています。Pマーク取得企業として、大切な写真を守り、安心して購入できるようなシステムになっています。, 写真以外にも、フォトレコでは多彩なフォトグッズを展開しています。写真データやプリントアウトのほか、パネルやポスターなど、さまざまなニーズにあった写真販売を行います。, 子どもたちの写真を手軽に販売・購入できる写真販売システムはICTシステムの導入とともに利用も可能!, 保育園に子どもを預けるようになると、運動会などの大きなイベントでは、他の園児たちと過ごすわが子の様子を見ることができますが、普段の様子は連絡帳などでしか知ることができません。そんな時に、保育園での日常の姿を写真におさめて展開してくれる写真販売は、保護者からのニーズも非常に高いサービスです。, 基本的に、園内に写真が貼られて、それを保護者が見て希望する写真をチェックし、保育士に預けてプリントしてもらう形が一般的です。しかし最近では、園児ごとに写真をデータでもらう方法も増えてきました。, 保護者からのニーズが高い「写真販売」ですが、保育士や園職員にとっては、手間がかかり煩雑化しがちな作業です。, 見本となる写真の展示や、注文を受けた写真の集計、さらにはプリント代の集金、そして仕上がった写真の仕分け・引き渡しと、作業内容は多岐にわたります。こうした作業は、通常業務と平行して行われるため、業務時間内には終わらずに残業して行うなど、保育士・職員の負担となってしまっているのが現状です。, 本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。 また、こども専門写真館で培った撮影技術を活かし、カメラマンの派遣も行っております。, カンタンにオリジナルのアルバムが作れます。 だから、私たちは印刷品質にもこだわります。 みんなの写真屋さんはスクール写真のネット販売サービスです。幼稚園・保育園の日常風景やイベント、小学校の学校行事での”うちの子”写真を顔認識「うちの子検索」ですぐに見つけ、注文できます。あなたの町の写真屋さんが撮影からプリントまでするので安心です。 写真販売についてとお伝えください 平日9:00〜18:00. スマートフォンをお持ちでない保護者は、PCからの購入となります。, 保護者の写真代金の支払いは、クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。 みんなの写真屋さんはスクール写真のネット販売サービスです。幼稚園・保育園の日常風景やイベント、小学校の学校行事での”うちの子”写真を顔認識「うちの子検索」ですぐに見つけ、注文できます。あなたの町の写真屋さんが撮影からプリントまでするので安心です。 コドモンプリントは、園や教室内で撮った写真をインターネット上で簡単に公開や販売が出来るサービスです, 「コドモンプリント」は現場で働く職員様の声を元に、写真の掲示・販売を個人情報に配慮しながら出来るだけシンプルで簡単にするために作られた写真のインターネット販売システムです。 お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。, 写真販売のニーズが高まる中、大きな注目を集めているのが「写真販売システム」です。写真販売システムは、ネットワークを介したシステムを活用して、オンライン上で写真を共有・販売する方法です。, 保育士や職員は、撮影した写真をシステムにアップロードするだけで済むので、保育士業務の負担になることもありません。また専用のアプリや管理画面を使って、オンラインで写真を販売することで、いつでもどこででも写真を確認することができるほか、決済方法も複数選択ができるなど、保護者にとっても魅力的です。, このようにメリットも多い写真販売システム、保育園で使う場合、どう効果的になるのでしょうか。, では保育園にて、写真販売システムを使うと、どのような効果があるのでしょうか。主な効果として、大きく4つのポイントをご紹介します。, これまでの写真販売の場合、保育士さんは写真を印刷して展開、さらに保護者が選んだ写真のリストを収集し、対象の写真をプリントアウトして分類し配布していました。写真の管理だけでなく、お金の管理なども大変なので、通常業務に加えて大きな負担となっていました。, 写真の展開から決済まで多岐にわたる「写真販売」作業は、非常に手間がかかります。しかしネットワークを介した写真販売システムを活用することで、写真の展開や販売、決済に集金などが全てシステム上で完結されるため、保育士の業務効率化に繋がります。, 今、全国的に保育士不足に悩まされている現状があります。写真販売などの作業も、通常業務時間内に対応する余裕がないため、残業して対応するほかありません。ただでさえ人手が足りない中、写真販売を行うことで大きな負担がかかります。, 写真販売システムを導入することで、保育士側の負荷が軽減され、人手が足りなくても写真販売を行うことができます。, これまでの写真販売では、保育園内に写真を展示して、保護者がそれを確認して注文していました。しかし保護者の方も、そのために保育園に行く時間を作るのが難しい場合もあるため、じっくり選ぶことができませんでした。さらに写真代の支払い時にも、手渡しや振り込みなど、面倒な手間がかかっていました。, しかし写真販売システムでは、サイト内やアプリへ写真を展示するため、好きな時間どこででも購入が可能です。さらに決済方法も複数選択できるので、写真販売にかかる保護者側の満足度も高くなります。, 運動会やお遊戯会など、大きなイベントの際に問題となるのが、カメラマンの手配です。だいたい同じカメラ屋さんに依頼しているかと思いますが、どうしてもスケジュールが合わなかったりすることもあるでしょう。またカメラマンは依頼せずに、保育士さんや職員の方に撮影をお願いする場合もありますが、どうしてもプロとの差が出てしまうほか、イベントの運営に関わる人手が減ってしまうことにもなります。, 写真販売サービスでは、プロのカメラマン派遣を行っているところが多数あります。手間なく簡単にカメラマンの手配ができるため、急なスポット依頼でも柔軟に利用することができます。, コドモンでは、導入時のiPad代など インターネット写真販売の決定版。価格と使い勝手にこだわり保育園・幼稚園様など、pcに不慣れな職員でも簡単に操作を行う事が出来ます。 保育園向けインターネット写真販売システム. メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから ご購入時に保護者に選択頂けるほか、2度目以降の購入にあたっては前回の支払い方法をそのまま選択できるため、購入の手間はかかりません。, 先生が日常的に使うものだから、 園・教室内写真の販売は、保護者からの要望は多いものの職員にとっては手間になりがちです。コドモンプリントでは、販売集計や集金、写真プリント、配送といった事務作業をすべて代行することで、職員の方々が保護者とさらに良好な関係を築きつつ、子どもとふれあう時間をしっかり確保頂ける体制づくりを支援します。, 現場業務や保護者対応、事務仕事など、現場の多忙な状況に配慮し、出来るだけシンプルで簡単にお使い頂けるよう、様々な工夫を行っています。, PCの苦手な職員でも迷わず操作で頂けるよう、シンプル且つ美しい管理画面をご用意しています。, 公開期間中に保護者の買い忘れが発生した際には、一時的に販売期間の延長を行うことが出来ます。, 撮影した写真を、インターネットを介してアップロードするだけで現場の作業は終了。残りの事務作業はすべてお任せください。, 保護者に都度アクセス用のパスワードの発行を行うなどの必要はなく、写真の登録後即座に公開・販売できます。, 写真データをはじめとする、お子様やご家族の大事な個人情報は最新の注意を払って管理しております。 ※取り扱いの無い場合もございます。, 運動会などの大きなイベント時や撮影スケジュールが合わない場合などに限り、サポートカメラマンをご手配させていただきます。 (売上は写真店さまに帰属), プレゼントされたファイル(すくすくアルバム)にL版写真や集合写真を入れたいので、中台紙を購入したい。, http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/anti-spam/fillter/function-09/, http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n95708. 写真のネット販売サイト「みんなのおもいで.com」 PV数累計750万を突破!(2020年7月29日) 20.07.29. ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね! このプリント費用は、全て一律ではないので、写真販売で利益を出すのであれば、保護者への販売価格を調整して生み出す形になります。もちろん利益を得ようと、高い値段設定をしてしまうと、逆に誰も購入しなくなりますので適正な価格で販売するようにしましょう。, 写真販売システムによっては、別途サービス手数料が発生するものもありますので、必ず確認しておくようにしてくださいね。, 今注目の「写真販売システム」について、おすすめサービスや導入のメリットなどをご紹介してきました。, いくら保護者からのニーズが高くても、保育士業務負担となってしまうのであれば、頻度やクオリティも落ちてしまいます。せっかく子どもたちの様子を、パパやママに知らせるチャンスなので、効率的に行っていきたいですね。, 写真販売システムは、基本的に費用が発生しないため、保育園側のコストも大幅に削減できます。保育士不足が叫ばれる中、少しでも負担なく写真販売を考えている方は、ぜひ「写真販売システム」を検討してみてくださいね。, 資料ダウンロード申請は当社の「プライバシーポリシー」へ同意していただいたものとみなします。, 【厳選】保育園の保育ICTシステム!連絡帳、写真販売など機能充実!ここから選べば間違いなし!, 【徹底比較】保育園の写真販売システム6選!写真販売で利益を出すには?システムのメリットや特徴を解説!, 子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!, 「hugmo(ハグモー)」は、保育士の業務効率化から午睡チェックまで可能な保育ICTシステム, 写真撮影・販売は、写真代行サービスがおススメ!保育園が写真代行サービスを利用すべき6つの理由!. ステム(アイキャンパス)です。, パソコン、タブレット、スマホ、iPhoneなど様々なネット端末に対応しています。. egaoスクールフォトサービスをご利用いただきありがとうございます。新規会員登録や会員情報変更、注文完了時等のメール送信について、icloud.comなどapple社のメールアドレスやdocomo・au・softbank等のキャリアメールを指定されると、メールが正しく届かないケースが多数報告されております。(メール本文にURLや金額等が入っていると正しく送れない場合があるようです)該当メールアドレス(ドメイン):@icloud.com@me.com@mac.com@docomo.ne.jp@au.com@ezweb.ne.jp@i.softbank.ne.jp(i.softbank.jp)原因はメールを受信するサービス側のセキュリティ対策によるものと思われ、現時点で送信側で出来る対応手段がございません。今まで送信出来ていても、急に送れなくなるケースもございます。大変申し訳ございませんが、上記のアドレスについてはご利用を避けていただき、他のアドレスをご利用ください。(googleの無料メールアドレス@gmail.comをお勧めします)Gmailアカウントの作成:https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=jaお手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。※すでに会員登録されている状態でメールアドレスを変更した場合、 変更されるのはメール通知用のアドレスのみとなります。 ログインIDは登録時のメールアドレスですのでご注意ください。, 「スタジオアリス」が運営するインターネットフォトセレクトシステムです。 … Copyright©ã€€ãƒãƒƒãƒˆã‚¢ã‚¤ã‚­ãƒ£ãƒ³ãƒ‘ス All Rights Reserved. 1分以内にご入力頂いたメールアドレス宛にログインに必要な情報をお送りいたします。. 写真販売の副業は、自分で撮った写真を写真販売サイトへ出品し、 その写真が購入されるとその売り上げの一部が写真出品者に支払われる 仕組みになっています。 ブロガーやYoutuberなどが使っている写真はほとんどが写真販売サイトから使用している写真です! 保育ICTシステム「コドモン」のお問い合わせはコチラから!, 写真販売サービスは、基本的に初期費用や月額費用がかかりません。その代わりに、写真のプリント費用が発生します。 「はいチーズ!」は、幼稚園・保育園で行われるイベント(運動会、卒園式等)や日常保育の風景をプロのフォトグラファ−が撮影し、その写真を、ご家族やご友人に、インターネットを活用して24時間どこからでも閲覧・ご購入いただけるサービスです。 今回は、数ある幼稚園・保育園サイトを、いろいろチェック。そのトレンドを探ってみました。, 幼稚園や保育園のサイトといえば、ひと昔前までは「かわいく」まとめていれば、十分役割を果たしていたかもしれません。しかし、今は少子化時代。「認定こども園」の創設など制度も変わり、業界は変動の時代にあるともいえます。一方の保護者は…といえば、「保活」という言葉も生まれ、多忙な中でいくつものサイトを見て入園先を早期から検討。WEBサイトの重要性は以前にも増して高まっています。このような背景のもと、効果的なホームページ制作に役立ちそうな、参考32サイトをピックアップしてみました。, 数ある幼稚園、保育園サイトから、他園との差別化を意識し、戦略的にホームページを作成・運営していると思われるサイトを選んでいます。, 「1951年創立」の歴史と伝統ある園という重厚感を、トップのエンブレム風のロゴでさりげなく演出。手描き感のあるブラウンのパーツやアイコン、随所に現れるイラストなどで、子供っぽくなりすぎない程よい温かみを演出しています。, 情報が非常に充実しており、ブログ(園の記録)の設置、写真ギャラリー、フェイスブックページ、LINE@の連動など、様々な方法で園の最新情報がわかるようにしているところも保護者にとっては安心材料のひとつ。保護者の声や親子スナップなど、生の声が掲載されているのも参考になります。 http://kurume.ac.jp/, 静岡県熱海市にある富士保育園のサイト。水彩画タッチのイラストを使った、かわいらしい演出がなされ、トップのメイン画像をスライドショーとして見せています。, 季節の行事の写真を使うことや、子どもギャラリーもしっかり作品がUPされるので、保育園の様子を知りたい保護者がたびたび訪れて楽しめるサイトになっています。「苦情申し出窓口」も設置され、決算報告書や各種届出用紙などもPODFでダウンロード可能になっているなど、保護者への情報開示や利便性提供にも努めています。 http://atami-fujihoikuen.jp/, 長崎県雲仙市にある、認定こども園のサイトです。子どもが王冠をかぶったようなロゴがポイント。トップでは、そのロゴと一貫性をもたせたトリミングで、子どもたちの楽しそうな様子をスライドショーで紹介しています。, このサイトは平成27年の園舎リニューアルに伴って作成されたようで、美しい園舎の写真が多く掲載されているところも魅力のひとつ。基本情報がわかりやすく整理されている他、ブログでも日々の様子が詳しく紹介されており、保護者の知りたいことが十分にわかるホームページになっています。 http://obama-kodomoen.jp/, タイトルになっている「たかみようちえん」のひらがな表記や、文字間を少し広めにした見出し表現、マウスにあわせて微妙に動くアイコンなど、女子(母親)ゴコロをくすぐる小技も効かせ、ていねいに作成されています。, 多くの親が知りたい給食内容がブログで毎日アップされ、行事もリストになっているなど、園児の親に役立つコンテンツが充実。子どもたちのいきいきした表情の写真が美しく、制服やバス通園などの説明コンテンツにもしっかり活かしている点は、とても参考になります。 http://takami-kids.com/, この幼稚園のサイトでは、トップページでイラストの一枚絵をダイナミックに使い、そこにコンテンツをうまく溶け込ませています。動的な要素はおさえながらも、インパクトのあるデザインにしています。スケジュールにはGoogleカレンダー機能を利用し、保護者の利便性も考慮。サイトの構造はシンプルに設計されており、更新性も考慮されているところもポイントです。 http://hojo-gakuen.ed.jp/surugadai.html, まるで先生方が手作りした壁新聞を思わせるような、温かく、楽しいトップページのサイトです。自動車や気球、虹などの子どもの夢いっぱいのイラストアイコンが動くところや、それとうまく組み合わせられた子どもたちの切り抜き画像がかわいらしいイメージ。各コンテンツの見出しも手書き風フォントで親しみやすさを演出しています。, サブメニューも手書き風文字で右カラムにまとめ、全体の雰囲気を保ちつつ、サイト内で迷子にならないように配慮。堅実さと柔らかさを両立させたデザインに仕上がっています。 http://www.bukkyo-u.ac.jp/kindergarten/, トップページでは、ボケ味を聞かせたクオリティの高い写真がスライドショーになっていて、つい見入ってしまいます。どのページにも写真が多用されているのが特徴で、イキイキとした子どもたちの表情は存在感十分。写真とテキストにメリハリがあり、テンポよく読み進められます。更新頻度高めのブログ(お知らせ)でも写真が多く掲載されているので、子どもたちの様子がよくわかり、保護者に喜ばれそうです。 “http://kyougakuji-kids.com/, みどり保育園と名谷みどり保育園の2園や児童施設を運営している社会福祉法人のサイトです。個々の園の情報ページの上位となる法人の総合サイトという位置づけ。トップページでは保育理念をスライドにして見せて、ポリシーをしっかり伝えています。, ここからリンクしている各保育園のページも、同様のフォーマットに統一し、全体にすっきり整理されています。コンセプトムービーがある幼稚園サイトは意外と少ないのですが、ここではトップに持ってきて、動画ならではの情報や雰囲気がよく伝わってきます。 http://midori-fukushikai.or.jp/, 質感のあるクラフトペーパーに、鉛筆やサインペンで描いたようなイラストがポイント。写真のトリミングにもそのテイストを踏襲しています。アースカラーで優しい色調をベースに、イマドキの母親が好みそうな、おしゃれなかわいさを演出しています。トップページでは、基本メニューに加え、保護者向けの「お知らせ欄」「今日の給食」が目立つようにナビゲーションをシンプルに構成。動線もわかりやすくなっています。 http://www.izumi.akita.jp/child, 2015年から認定こども園になった山梨県の園のサイト。トップに「SMILE FOR PEOPLE」と大きくテーマを表示するなど、園の想いや方針をしっかりと伝えようとする姿勢が感じられます。それが信頼感になり、ブランディングにつながっています。表現面では、パステルカラーの色使いや囲み枠は角丸にするなどで柔らかさを演出していますが、全体としては比較的静的なサイトとして、シンプルにまとめられています。 http://www.oshiharakodomoen.jp/, トップに使われている季節ごとの切り絵風イラストが印象的。知りたいことが簡潔にまとまった、見やすいサイトです。ブログも頻繁に更新されて子どもたちが園の日常を伝えており、「学年だより」では子どもの育ちを語る文章に信頼感が持てます。動きのスムーズなレスポンシブWEBデザインになっており、母親のスマホ利用率の高さにも配慮されています。 http://www.nozomi-koi.jp/, パララックスデザインの活用事例として紹介されることも多かったサイトですが、ワンカラムのシングルページという構成は幼稚園サイトとしては珍しいのでピックアップしました。, イラストの園児が歩いていくのに合わせて「みほ幼稚園とは」などのテキストが左右に出現。転んで泣いたり、ボールを蹴ったりしながら進んでいく園児の姿をストーリーとして見せながら、園全体をひととおり紹介するという企画がユニークです。園児の制服や背景が四季に合わせて変化するようになっているなど、細かい演出がなされています。 http://miho-youchien.com/, 細かいドット柄をベースに、明るい差し色のピンクが印象的なかわいいデザインのサイトです。書体もこだわりを持って設定されています。イラストなどの要素は少なめでも、配色と書体でかわいさを表現できるという参考になりそうです。, この幼稚園では、その日の出来事をほぼ毎日アップ。トップページにはサムネイルの写真が並び、ワンクリックで、その日の子どもたちの様子が写真も豊富に交えて見られるようになっています。保護者なら毎日欠かさずチェックしたくなりそうなコンテンツです。 http://kdk.tsuzuki-edu.ac.jp/, 園が大切にしている「自然」「礼儀」「食育」というテーマにフォーカス。トップページの自然豊かな写真で、その世界観に引き込まれます。, 幼稚園だからとかわいいだけに振り回されず、より物事の本質を追求していくようなこだわり派のターゲットに刺さるコンセプト。そして、都会的で洗練されたレシポンシブデザイン。Facebookページもこまめに更新されており、スマホ世代の保護者にマッチした運用をしています。 http://www.nodayama.jp/, ちょっと昭和風でかわいい動物アイコンを起用した大阪の幼稚園のサイト。一見すると今風とはいえないイメージですが、サイトは見やすいレスポンシブデザインになっています。様々な情報が詳しく丁寧に掲載されており、行間から熱意が感じられます。先生自らが情報を発信したいという園には参考になりそうです。情報公開にも積極的で、監査報告書や自己評価も余すところなく公開されています。 http://www.hoshinohikari.com/, 白をベースに、赤のラインと細ケイで上品で都会的なイメージにまとめられたサイト。トップ画面は最新行事や日々の様子の画像がグリッドでレイアウトされ、企業の会社案内などに近いイメージ。コンテンツ面では、フロアマップはほかのサイトでは意外と見られなかったもの。イメージ動画は静止写真を使って編集したものですが、ひとつの差別化になっています。 http://www.fuchu-minami.jp/, イラストと手書き風文字がかわいく、幼稚園の「明るさ」「楽しさ」「かわいさ」のイメージが凝縮されたようなデザインといえます。保護者への配慮からか、写真は小さめに抑えられていますが、コンテンツのテキスにも手書き風のフォントを使用するなど、全体の世界観をうまく統一しています。 http://www.shinko-midori.com/, 丸く切り抜いた枠の中の写真がそれぞれスライドし、その時期の行事にあわせて、幼稚園の「今」がわかるようになっています。そこに、切り抜きにした子どもの写真をうまく加えて、動きを演出。経営者である園長じきじきのブログがしっかり更新されているのにも信頼感があります。, 写真アルバムや園だよりの掲載用には、認証が必要な保護者向けページが設けられ、情報管理がなされています。またレスポンシブにはなっていませんが、スマホ向けサイトが別に用意されています。 http://www.hiromi-land.com/, 松山市にある幼稚園。上品で美しいビジュアルイメージが印象的なサイトです。ヘッダー部分の縦書きのメニューがメインビジュアルとうまくマッチしており、細部まで丁寧にデザインされています。「ロザリオ通信」は、先生たちが撮影した園児の写真が掲載されるフォトギャラリー。ブログも頻度高く更新されており、園の様子がよくわかります。 http://www.rozario.ed.jp/, 表示環境の横幅に合わせてコンテンツ構成が変わるタイルレイアウトを採用。幼稚園のサイトとしては珍しい、ユニークなデザインだといえます。レイアウトイメージから期待するような更新性の高い情報はないものの、どのカテゴリーも明快なコピーで分かりやすく編集されています。必要な情報にすぐたどり着けるコンパクトさで、使い勝手のいいサイトになっています。 http://www.kokufu.ed.jp/, シンプルで大きな特徴はないサイトのように見えますが、「自然豊かな環境」というセールスポイントがよく表現されています。トップのメイン写真で、緑豊かな環境をアピール。「園内マップ」では、イラストマップと写真を使って園内環境が紹介されており、竹やぶやザリガニが取れる川、芝生の庭などの恵まれた環境が楽しみながら見られ、この園らしさのPRが光ります。, また、一般には入ってみて分かることの多い父母の会情報などが掲載されているところも、保護者には安心できるコンテンツになっています。 http://matsuho-kinder.jp/, アニメーションを使いながら、最小限の情報だけで構成されたサイト。メニューをクリックして各コンテンツに入れば、ページを縦スクロールすることなくすべての情報を見ることができるようになっています。, 幼稚園サイトによくある園の様子などの写真要素などはまったく入れず、基本情報のみで構成。園生活の様子などは別ページのブログに集約して、こちらには写真などを豊富に掲載。役割分化させたサイト構成のひとつのやり方として参考になります。 http://ishige-kids.com/youchien/, 創設30周年を記念して作られたマスコットキャラクター「うるたん」と「うるみん」をうまく活用したサイト。キャラクターは、沖縄の家の守り神であるシーサーをモチーフに、イラストレーターの石倉悦加さんが作成したもので、園の守り神という意味が込められているようです。「給食・おやつの考え方」が明記されているところは、保護者に安心できる要素になっています。 http://www.uruma.ed.jp/, 教育番組でも活躍するアートディレクター、佐藤可士和さんデザインによるサイト。幼稚園サイトにはめずらしい、ちょっとパンキッシュな色調を起用し、他園とは強烈な差別化が図られています。トップページはタイル風、下層は2カラムと、基本構成はベーシックなものですが、遊び心のある色使いやトリミングで個性を表現しています。 http://fujikids.jp/home/, ヘッダーや左カラムのメニュー構成など、わかりやすいナビゲーションで、豊富な情報をうまくまとめています。サイト内に「地域への取り組み」のページを設けたり、Facebookページで地域イベント参加の様子を伝えたりなど地域コミュニティの一員としてのスタンスをアピール。Facebookページでは、保育関連の時事ニュースなども随時取り上げており、社会課題としての保育に取り組む熱心な姿勢が感じられます。 http://www.ahiru-net.jp/, 白とグレーをベースにしたシンプルで洗練されたイメージのサイト。オレンジの動物のロゴマークがポイントになっています。CMSを使って構築されており、凝った作りにはせず、更新性を重視したテキストベースの構成。情報をすっきりとまとめています。短いタイトルのブログは、切り口が新鮮。開設以来毎日更新されているという継続性も好印象です。 http://wakohoikuen.or.jp/, トップページ最初に出てくる“虹”が象徴的なサイト。その7色を中心に、全体にポップなイメージにまとめています。「私たちの夢」などのメッセージには、素朴な思いが感じられます。, また、保護者の声のページでは、直筆のメッセージを紹介するなど、園からの一方的な情報発信だけでなく、保護者とも協力しあって子どもをはぐくみたいという姿勢が感じられます。園児限定のコーナーは、園児の安全などへの配慮によるものと思われます。 http://www.zento-youchien.jp/, 東京都稲城市にあるこの幼稚園では、園のロゴに使われている色でサイトをデザイン。落ち着いたグリーンとの組み合わせで印象的に仕上げています。各ページの写真の選び方が上手く、そこからも園の様子がよく伝わってくるサイトです。「保育者・教育者を目指す方」では、園長の熱意が語られ、人材に重きを置く方針も読み取れます。, また、Facebookページをリクルートページとして、目的特化して活用する方法はユニーク。参考にできそうです。 http://rika.ed.jp/, 情報が整然とまとめられた可読性の高い構成ながら、手描きイメージのイラストやパララックスの動きの効果で、温かみのある雰囲気を演出しています。また、見やすいレスポンシブデザインになっています。「教育」のページでは園歌がBGMになった施設案内のYouTube動画、「生活」のページでは、フォトギャラリーとしてGoogle+に写真をアーカイブするなど、外部のWEBサービスもしっかりと活用しています。 http://www.bunka-youchien.ed.jp/, 栃木県にある認定こども園のサイト。自然や動物をモチーフにしたイラストや、切り絵風のカラフルな見出しなど、活気のあるデザインに仕上がっています。見出しの文字に大小をつけたり、色替えしたりしてメリハリをつけたりているのも、ポイントが視覚的にわかって効果的。Q&Aページではテンポ良い問答で、保護者が知りたいことが完結にまとめられています。 http://www.kazetomidori.ed.jp/, 広島県呉市にある保育園のサイトです。やさしい雰囲気のイラストを使い、わかりやすい構成でまとめています。ロゴのイメージに合わせて使われている書体が、サイトの特徴を生み出しています。この園では、サイトポリシーやプライバシーポリシーの明記はもちろん、財務諸表等もPDFファイルで公開。情報開示や信頼性確保の面にも配慮しています。 http://yokoho.net/, 幼稚園自体の紹介サイトではなく、職員採用のためのサイト。その意味では他とは異なりますが、採用ページを別サイトとして作成しているケースは、他にはあまり見られなかったので、参考として最後に取り上げました。このように独立させるだけでも、採用に力を入れていることが伝わります。内容的にも、「求める人材像」を明らかにしながらも、「先生の本音」として仕事のやりがいや職場の実態が公開されているなど、応募のハードルを低くするコンテンツも工夫されています。 http://urawa-tsukushi.com/recruit/, イキイキとした子供たちの写真が大きく扱われているホームページ、子供が好みそうなイラストを使ったホームページ、動物やキャラクターを使ったホームページなど、「雰囲気を伝える」という点では、各園それぞれの工夫が見られます。, ただし、教育方針や信頼感の伝え方、給食や送迎などの保護者目線に立った具体的な情報提供、詳細な経営情報の開示などにはまだ検討の余地が大きく、その表現を十分に練っていけば差別化につながる余地があるように思えます。また、保護者のネット活用レベルが上がってきているので、地域コミュニティとの連携なども含め、ブログやソーシャルメディアによるきめ細かな情報提供なども、今後さらに重視すべきポイントになりそうです。.

鬼 滅 の刃 23巻表紙, Twitter ブロック, ツイッタージャパン 社長, かすがいからす 声優, おかげさまで助かりました 敬語, スマホ画面 小刻み, 大倉忠義 ブログ 八割クマ, Sumif 複数条件 Or, 鬼 滅 の刃 23巻表紙, エヴァ Q ブルーレイ 中古, 分析 対義語, リック ホフマン バトルシップ, 飛龍 艦橋, サウロン イケメン, 使徒 強さ スレ, 上田麗奈 写真集 売上, Crisis 日本語, 排他的 意味 わかりやすく, 菅官房長官 人気, インフルエンザ死者数日本 2019, 中村倫也 体調, 広告 対義語, Extensive Reading For Academic Success, 藤岡弘 息子 セガ, エンベロープ 破壊, Twitter 自分のツイート 表示させない, 国営企業 国有林野, きめ つの や い ば アミューズメント, パズドラ 碇ゲンドウ サブ, 鬼滅の刃 羽織 柄 名前, 鬼滅の刃 かすがいからす 声優,