年齢設定は約1000歳にされている。, 『ゲゲゲの鬼太郎 異聞用怪奇譚』『ゲゲゲの鬼太郎 逆襲!妖魔大血戦』 ロリコン趣味となり、天童ユメコに迫ってカッコ付けたがる事が増えた。 また、初代ねずみ男である大塚周夫に面と向かってねずみ男を演じることを報告したという。後に大塚が演じた白山坊との掛け合いが印象深かったため、6期ではプロデューサーに「白山坊を演じたい」と嘆願し、実現した。 6期 2話から登場。 その体内には強力なメタンガスが充満しており、熟成された最後っ屁はロケットのごとく強烈。引火すれば「屁子力」と呼ばれるほどの爆発を引き起こす。その威力には妖怪も怯む 。屁もねずみ男の妖力次第で妖怪を気絶させることまで可能。人間なら下手をすれば心肺停止を起こしかねないぐらいである。尿も強力な武器として機能する。 初登場時から不潔で汚い衣(マント)を纏っており、原作では黄土色(黄色)、アニメでは同じか灰色や青系(濃紺)など作品ごとに異なる。, 半妖怪であるため戦闘となると、あまり活躍することがない。 全身に未知の皮膚病菌を有し、皮膚から落ちた粉に触れると爛れる。 そのような作品でも大概は詐欺師など悪役であることが多いが、中には神様、フランスから来た腰巻き(昔の女性用下着)デザイナーの「カルダン」、フランス兵の「カルダン」、上忍、俳諧師、バーテンダー、悪徳議員(ただし、ゴミ処理場の臨時職員の妄想内キャラ)など、多彩な立場で登場している。, アニメ版ではその悪辣な個性は若干押さえ気味だが、鬼太郎をよく裏切るという展開には変わりない。, 第一期の第二話から登場。鬼太郎のことを都合よく「親友」と呼びながら、都合が悪くなるとすぐに裏切る。 時代が進むにつれて、人間相手の商売も増えて大規模になっているためか、ビジネスのために衛生面にも気を使うようになりつつあるのかもしれない。 服の色が3期までのようなグレーに回帰したが、顔つき自体は前作に近い。不潔さが目立つシーンは減少しているが、従来より控えめながらも4期以来で皮膚病が描かれるようになり、全身が妖怪カビの塊と化した事まである。 鬼太郎からの折檻が容赦なかったため悪事に手を出しにくい面もあったが、鬼太郎が寝込んだ際は看病するなどの優しさも見せた。 愛情薄い環境にいるためか、女性に対しては意外なほどの純情振りを発揮することがある。 ねこ娘との天敵に近い関係もこれまで通りで、4期ではねこ娘の容姿が幼いこともあって、大の男が自分より小さい女の子にタジタジになるというコミカルな外見となった。一方で一部の回ではねこ娘が荒れた生活をするねずみ男を気遣うなど、腐れ縁なりに絆を育む描写もあった。 ヤクザ系の人間から凶器で脅された時も、ビビって何も出来なくなるほど臆病で非力な面を見せる。13話で見せた鬼太郎への助力も、車を使って敵に突撃するというものだった。しかし、34話で窮地に陥った鬼太郎たちを救うために放った一撃は、凄まじい威力を見せ付けた。 4期同様、半妖怪出自故に人間からも妖怪からもつま弾きにされながら生きてきた自分の立場を憂う発言をしており、仲間がいる鬼太郎に鬱憤をぶつけた事もある。, 大塚が黄色い衣装のねずみ男を演じた唯一の作品。大塚が演じるねずみ男で強烈なオナラ描写シーンを演じたのは本作のみ。また、原作にもあった皮膚からの粉だけでなく、フケにも相手を気絶させる効果を発揮していた。 ねずみ:モデルになった動物からは弱いと評されながらも強く生きていく強かさを受け継いでいる。 ねずみ男「いまは味方だ」 しかし、鬼太郎を裏切ることがほとんどだったねずみ男が、歴代随一の友情を見せるなど、友達思いな性格に。, 高木渉は第四期で偽ねずみ男をやっていたことがあるが、これが起用に繋がったどうかは定かではない。 !異次元妖怪の大反乱」では準主人公と言っても良い活躍を見せ、カロリーヌとの絆が描かれた場面は語り草である。 衣装の色は2期では青っぽいねずみ色、墓場では原作同様に黄色だった(児童書などで2期のねずみ男の衣が黄色だったことはある)。原作同様に不潔だが1期では控えめで、全身の皮膚病は作画都合で省略されていた。2期で不潔さはパワーアップする反面、皮膚病の描写は省略され続けた。 すぐに本物の鬼太郎が背後からあらわれ咎めに来たが、その下駄の音に過剰なほど怖がるというリアクションを見せた。, 『月曜ドラマランド ゲゲゲの鬼太郎』 ビンタとは別に3期の劇場版『激突! 第4作65話「脅威!マンモスフラワー」では、巨大樹マンモスフラワーに変化し、傷つき絶命間近の今際の時に「一度で良いから思いっきり猫の頭を引っ叩いてみたかった」と遺言で鬼太郎に伝えている。, 幾度も周囲に迷惑を掛ける存在だが、鬼太郎親子と出会う以前、半妖怪であるという理由で人間と妖怪の両方から蔑まれた経験を持っている。1970年代サンデー版ではラストで他の妖怪たちに石を投げつけられて孤独感を抱くなどの悲哀が描かれている[21]。第3作5話でも「どっちつかずの半妖怪に生まれたばっかりに…」と夢子の同情を誘おうとする場面がある。アニメ第4作26話では金持ちの令嬢に「お金のためだったら何でもする」と言われた際、「でなきゃ(金にすがるしか)、俺は生きていけねえんだよ。他に方法を知らねえんだ! けどよ、俺はこれでも必死に生きているんだ!」と、悔しさすら滲ませて語っており、自身の出自に苦しんだ過去を匂わせている。第6作13話では輪入道と共謀し、欲に目が眩んだ人間をエサに格安ダイヤモンドを作り出す商売を始めるが、その事で鬼太郎に拒絶されてしまった際、「いつも仲間に囲まれてるお前とは違うよ」「妖怪からも人間からも鼻つまみ者なんだよ」「俺はずっと一人でやってきたんだ」と吐露するなど、半妖怪という立場のため妖怪と人間から長年疎まれ、価値観の違いに苦しんできた過去を匂わせ、半妖怪という境遇に強いコンプレックスと孤独感を抱いている事がはっきり描写され、また自身の境遇から49話で名無しの目的が人間も妖怪も滅ぼすことだと気付いて鬼太郎に伝えたり(第6作シリーズ構成担当の大野木寛は「名無しはねずみ男の裏返しであり、闇落ちしたねずみ男」であると「ねずみ男大全」のインタビューで述べている)、吸血鬼ジョニーの過去に対して同情したりもしている。, 天涯孤独の存在(水木しげるの短編のひとつ『不思議な手帖』には妹「ねずみ女」[22]、2014年初頭の読切には甥「ねずみ猫」が登場している)だが、家族に対する憧れは強く、「おりたたみ入道」で生き別れの弟と出会った時には、弟が盗んだ金を立て替え、第4作版では兄弟で暮らすため真面目に働いた事もあった(しかしこれは後にムジナが化けたものだということが判明する。それでもアニメ第1、4作版ラストでは贋者でも兄弟として過ごした時間を懐かしんでいる)。また鬼太郎の命を狙う死神に「俺はお前の兄だ」と騙されて計画に加担させられるなど、内面に潜む寂しさを利用される事もある。ねずみ男本人も「親子の愛情とかそういうのには弱いんだよ」と認めており、特に子供にだけは甘いところがあり、損得抜きで優しく接することも少なくない。原作「オベベ沼の妖怪」では、かわうそが化けた少年の境遇に同情して「おれだって妖怪愛を持っている」と無償で援助を行い、そのことで酷い目に遭っても少年に恨み言の一つも言わなかった(後で騙されたと知った際には怒った)。第5作でのぬりかべ一家に対しては、心底嫌っているはずの無償労働まで施している。後々悲劇や裏切りに終わる事が多いが、たとえば妻や家族、同居人など扶養対象ができた際には、血のつながりや種族の壁を越えて真摯に世話を焼き、朝から晩まで苦労して就労する事も厭わないなど責任感に溢れており、差別を受ける等の不憫な幼少時代を送って極端に捻くれてはいるが、根はむしろ善人に近い部分がある。, ただしその一方で鬱屈した面はあまり見られず、むしろ逆境に強い精神的なタフさが目立つ。『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂! 弟だと!? 大塚周夫はそれまでにも例外的な作品でねずみ男を演じる機会があったが、映像化作品としては久しぶりだった。このためねずみ男役のオファーがいったときは非常に喜んでいたという。, 妖怪ウォッチとゲゲゲの鬼太郎とのコラボでゲスト出演。 なおアニメでは不潔描写が控えめにされており、期によっては皮膚病を患っていなかったり、近年では悪臭を放つ描写自体がほとんど描かれない事もしばしばある。 表記揺れとしては他に“ネズミ男”など。, 他の鬼太郎ファミリーの多くにも共通することだが、貸本版を含め初期と現在では容姿に差が見られる。 演じた大塚周夫の深く作りこまれた演技(大塚明夫談)は、演じている周夫をして「間違いはない」と断言されるほど。 ID: BYFwMfl6MB, 2020/03/17(火) 10:45:22 【さらば愛しき人よ】声優、大塚周夫氏 「ブロンソン」「ねずみ男」「ゴールド・ロジャー」…“声の彫刻家”亡くなった日も「収録」 関西; オ 出典: https://www.youtube.com. むしろ自身の目的のためならば時には鬼太郎を殺すために手を尽くし、「毒を盛る」「ウソをついて敵の元へ誘き出す」「奈落の底に突き落とす」「自殺へ誘導する」など、本当に鬼太郎を殺しかねない展開も多く見られた。, 歩く不衛生とも言うべきほどの汚さで、風呂はまるで入っていないうえ、とても苦手意識を持っている。 役者 として頑固だったとされており、 大塚明夫 がかつて 俳優 という 仕事 を嫌い対立していたのはそのせいもある。 アニメ の 仕事 で 悪役 ( 主 に ねずみ男 )をしていた周夫にかこつけてからかわれたなどの 過去 も関係しているとか。 大塚明夫さんと大塚芳忠さんといえば、日本を代表する声優界のツインピークス。洋画や海外ドラマ、さらに数多くのアニメやゲームのキャラクターの声を演じて熱烈なファンを獲得しています。 そしてこのお二人、「同じ大塚姓ということは、もしかして兄弟? 自称ビビビのねずみ男。鬼太郎の親友(悪友)。自称怪奇愛好家、怪奇研究家。300年以上も生き続けている半妖怪で、ローブを纏ったその姿はインド乞食と呼ばれることも。 本名は根頭見ペケペケ(鬼太郎地獄編の設定)。 原作墓場鬼太郎では「下宿屋」より登場する。(ちなみにこの頃は今よりもネズミっぽい顔だった)鬼太郎一家との出会いは作品によって異なり、かつては同窓生だったというものまである。 鬼太郎の仲間ではあるが、仲間意識があるとは言いがたく、常に強い方や儲かる方の味方で … それでも許してくれる鬼太郎は、まるで仏様のような優しい友人だとしかいいようがない。, 第二期では、社会風刺を取り込んだ作風から、死神と並んで彼をメインに進行する話も多く作られている。, 衣の色が原作と異なり灰色。この方針は後の第三期でも引き継がれている。 怪奇愛好家であるという設定が強調されており、不気味な目にあってもよほど自身に危害が加えられない限り、平然としているという度胸強さを見せている。 ID: PmzUtlTiM6, 2019/11/11(月) 16:30:09 6期では、逃走時に着ているマントごと全身を器用に変形させる特殊能力も披露した。 シリーズ中で結婚したことも何度かあるが、妖子のケースを含め大抵はろくな目にあっていない。4期での小池小百合とのけつこん(本人筆)は純愛と呼べるものだったが、隠されていたある事情により悲劇に終わってしまった。 他には、敵に食べられても体内にある「ネズミの繁殖力」のおかげで戻ってこられる、全身を溶かされても目玉おやじのように両方の目玉だけで生存する、肉体をスライム状に変化させる、など。 相変わらず汚い商売や詐欺まがいの行為で生計を立てている。やはり最後には失敗して大損するので、多額の借金を抱えており、借金取りに追い回される姿も見受けられる。しかし、自作の妖怪シール販売で得た金にて鬼太郎に夕食をごちそうしたり、弁当の配達をしたりと時折真っ当な商売や仕事も行って、一時的に金回りが良くなる事もある。後半では比較的真面目にバイトをして生計を立てる事の方が増え、バイト先で妖怪事件に遭遇して鬼太郎に助けを求める傾向が多くなった。 演じた竹中直人は、平成になって制作された実写映画版ゲゲゲの鬼太郎でも蕎麦屋の主人役でゲスト出演して、大泉洋が演じたねずみ男と新旧ねずみ男共演を果たした。 ただし第一期では白っぽくなっており、原作の黄色を彷彿させる設定となっていた。, すぐに裏切るという点では前シリーズと変わりはない。衣の色は若干青成分が加えられたカラーに。 あまり知られていないが、実は4期において人情的な描写をされているのは1年目が主。2年目以降は同情的に描きすぎたことを省みてか、どちらかと言えば救いようのないお調子者として描かれることが増えている。 2期までは原作並かそれ以上に鬼太郎を容赦なく裏切ることが多い。また、2期からは、猫娘が登場したことで折檻のパターンにも幅が生まれた。また、この頃は猫娘との関係はそこまで悪くない回もあり、腐れ縁的関係となっている。 実写版における初代ねずみ男。老人たちを相手に長寿教(原作「猫娘とねずみ男」でやっていた詐欺)の辻説法をしていた所をぬらりひょんにスカウトされて悪事に加担するが、金を横領したのがバレて粛清されそうになった所を鬼太郎に助けられる。 とはいえ、戦力として数えにくいので周囲からは低く見積もられることが多い。, 数十年単位でしか風呂には入らない不潔さ。それに伴う様々な技を使う。 その一方では、追跡から逃れるために体を自在に変形させる能力や、気付かれず瞬時に人前に現れたり、室内で天井に張り付いても姿を人間たちに気づかれないなど、妖怪としての神出鬼没さも随所に見せている。 ドライな態度が目立つが、恋愛エピソードは2回もあり、裏切られてなお相手を守ろうとするなど非常に純情な一面を見せた。しかし未練を自ら断ち切ったら2度と振り向く事はなく、むしろ失恋経験を生かして後に妖怪と人間の恋愛ビジネスを立ち上げてもいる。自分を見捨てなかった鬼太郎を身を呈してでも救おうとするなど友情に厚い一面も描かれ、敵に寝返って裏切る展開も歴代よりは少なめだが、それでも時折敵に寝返る事がある。鬼太郎ファミリーとの交流も比較的よく描かれるようになり、親しい相手には親身になることもある。一方で、旧知の仲でない他の妖怪や人間に対しては弱みに付け込んで利用するなどドライな態度も目立ち、歴代シリーズのように困っている妖怪を見過ごせず助けるというような、見ず知らずな他者に対して人情を見せる態度は滅多に見せなくなった。人間に対しては特に冷めた視点を持ち、毒舌家で皮肉屋な面も強いが、第20話で太平洋戦争を本当に嫌な時代だったと語って慰霊碑に手を合わせたり、南島で発見された戦没者の遺骨を遺棄するよう指示を受けた伐採業者に対し強い憤りを見せるなど戦争を恐れる面も多く見られ、良識的な面もある。冷静に正論を吐くこともあり、彼の言った言動が後でその通りになるケースも多い。画面がひび割れた黄色いスマートフォンを常用し、インチキ商売でネット広告を打つ、ステルスマーケティングを行う、仮想通貨事業を立ち上げるなど、悪い意味でネット社会に精通している。衣の色は第3作以来の濃い空色。従来の皮膚病は控えめながら描写されている(半袖半ズボンを着ても隠せる個所にあるので傍目には目立たなくなっている)。最終話では鬼太郎ファミリーや駆け付けたアデル・アニエス姉妹、石動零、伊吹丸たちと連携し、砂かけ婆のネットの力と自分の説得でバックベアードとぬらりひょんに立ち向かう鬼太郎を応援するため、妖怪と人間の和解に一役買った。 担当声優の古川登志夫は第5作でねずみ男役のオーディションを受けていたが落選しており(第5作では、準レギュラーの蒼坊主を演じている)、今作で念願叶って演じることになった[36]。, あくどい金儲けを企み、卑怯でずる賢い面もあるが、名士であることを鼻にかけることもある怪奇愛好家の側面も多く描かれており、幽霊電車に乗った際にも奇怪な現象を恐れる人狼とは対照的に、ねずみ男はしれっとしていた。本作の第2話で正式に鬼太郎親子と初めて出会っており、鬼太郎からは初対面の時点で「虫の好かないヤツ」と言われ、その後もお互いあまり関わりたくないと言い合い、何かと争いが絶えない付かず離れずの仲。お化け大学を卒業したと語るが、虚言であることが判明する。半妖怪であるため生命力は強く、ヒゲを煎じた毛生え薬は死に掛けの老人を生き返らせている(墓場鬼太郎の漫画版では単に「妖怪」としか明言されておらす、ねずみ男の血液を輸血してもらったヤクザの親分が若返っている。なお、この場合はアニメ版とは違ってねずみ男と同じヒゲは生えていない)。口臭による攻撃は勿論のこと、体から大量の垢を落としたりとかなり不潔で、フケの入った饅頭を食べた鬼太郎はショックで気絶してしまった。衣の色は原作と同じ黄色。, 俗っぽく、人間味溢れるねずみ男は水木しげるのお気に入りで、『鬼太郎』シリーズ以外にも短編作品に多く登場する。水木はインタビューなどで「最も好きなキャラクターは」等の質問には必ず「ねずみ男」と即答している[37](他に気に入りのキャラは特にいないという。鬼太郎ファミリーや妖怪全体に愛着があるため、しいてあげられないとのこと)。水木はゲゲゲの鬼太郎という物語中でのねずみ男について, と解説している[38]。もともと水木は勧善懲悪のヒーローを好んでおらず、当初社会風刺的な色合いの強かった鬼太郎が、編集サイドの要望により水木の意志に反して次第に超能力で妖怪と戦うヒーローと化していったことから、水木自身のスタンスに近いねずみ男の活躍が増えていったという見方もある[39][40]。また、週刊実話版では回によっては事実上ねずみ男が主役で、鬼太郎親子は僅かしか(あるいは全く)登場しない話もある。, モデルは水木自身だけでなく、友人であり貸本時代の先輩漫画家にあたる「梅田栄太郎」がモデルでもあるとされる。当時、水木同様に貧しい生活を強いられ窮乏を切り抜けようと策を練る梅田の逞しさと、ひょうきんで憎めない梅田の人柄を反映したのだという。その後、梅田は画業から印刷業に転身して成功を収め、穏やかな生活を送っている。水木の作品については時々読んでいると語っている[37]。, なお、2010年度上半期(3 - 9月)に放送されたNHKの連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の作中では、水木の境港の幼なじみで儲け話に目ざといが、憎めない人柄の「浦木克夫」(配役:杉浦太陽)に人物設定を変え、「ねずみ男」のモデルとしている。, 同作品では、オープニング画面のアニメ合成で鬼太郎や目玉オヤジ、猫娘など、水木作品の主要キャラクターとともに登場しており、最終回のラストシーンでもアニメ合成で水木作品の主要キャラクターとともに登場する。, 水木しげるの『コミック昭和史』には、ストーリーの進行役として登場。実際の報道写真の中に書き込まれていたり、当時の出来事に関する解説を行なう。「話がなめらかにゆきかねるとき、この俺が登場して語ることになっているのだ」[41]と読者に話しかけているように、狂言回しとしての出演になっている。他にも『神秘家列伝』など水木の伝記漫画系の作品などでもストーリーの進行役として登場する事が多い[42]。また、数多の水木執筆の短編作品にも頻繁に様々な役割で登場している。, 水木しげるのアシスタントをしていたことがあるつげ義春の短編漫画『噂の武士』には、宮本武蔵らしき男の噂を聞きつけて宿に集まった野次馬の中に、ネズミ男がまぎれこんでいる。, このほか、水木が直接手がけた事例ではないが、2017年の長編アニメーション『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』では、鬼太郎と仲間たちと共に「コラボ出演」という形で登場。声はアニメで声の初代担当だった大塚周夫の息子・大塚明夫が担当した。30年後の未来の世界が舞台ゆえ、鬼太郎の存在を知る者ははごく限られているため、主人公らを危険分子と見なし鬼太郎を守るため仲間とともに現れる。しかし相手が子どもであり、目的が妖怪退治であると分かると、小金をせしめようと仲間の目前で「自分が鬼太郎だ」と騙そうとするが、背後で鬼太郎の下駄の音を聞くと、無条件で怖がるような描写がある。その後鬼太郎が最小限の助太刀はしたものの、彼らの敵を倒すのは本来の自分の役目ではないと言い残し去っていこうとした時は、「ここは恩を売ってお礼をもらえばいいんじゃないのか」と、がめつさを出しつつ遠まわしに彼らを手伝おうとする言動もした。エンディングでは報酬を貰い損ねて文句を言っているシーンがあり(セリフは無い)、鬼太郎と目玉おやじを呆れさせた。衣の色は灰色。, 原作および第2作20話・第3作27話「ふくろさげ」での「360年も生きていますと…」という台詞より。第1作10話「妖怪大戦争(前編)」でも「俺は300年生きているんだ」という台詞がある。2007年に公開された実写版映画では1000歳と設定されており、ゲスト出演した『, ねずみ男に限らず、同じ半妖怪の猫娘も『鬼太郎国盗り物語』では純粋な妖怪として描かれたり、逆に本来純粋な妖怪である鬼太郎や子泣き爺が、『鬼太郎地獄編』や『国盗り物語』などで人間の血縁とされるなど、基本的な公式設定はあっても作品ごとで時に曖昧な描写もなされる事が多い。, 自分の息がかかっている名士としてフランケンシュタインやドラキュラなどを挙げているが、他の話では彼らにこびへつらう様子が見られる。, 恩を感じてもピントのずれた報い方をすることがあり、第3作55話では悪質商法で閻魔大王に死刑にされるところを鬼太郎のおかげで財産没収と保護観察に減刑された事で「鬼太郎の友情に報いるためにもう一度金儲けのやり直しだ」と言い、この時だけは悪意無しで「純粋に金を儲けて鬼太郎に分けてやらなければ」と、ねずみ男なりに本気で恩返しをする気だったのだが、そもそも罰せられた理由が悪質な金儲けによるものだった点を根本的に理解しておらず、まるで懲りていなかった。, アニメ第3、4作では偽証罪を言い渡される描写は無い。第6作では小次郎らによる尻叩き100回の刑罰。実写映画版第1作では事件後に鬼太郎から絶交される。『妖怪千物語』では6か月の入牢。, この時は元々吸血鬼ジョニーに味方していたが、改心してジョニーに溶かされた鬼太郎を助けたため、事件後他の仲間からは責められていたが鬼太郎だけは許していた。, なお本作には、『最新版』や第3作で五徳猫を妻にした鉄鼠、『国盗り物語』で猫系妖怪に呪いをかけた旧鼠王、第4作でねこ娘をねずみ化した旧鼠など、弱点を克服したねずみ妖怪もいる, ゲゲゲの鬼太郎 DVD-BOX1 2007TVシリーズ SPECIAL BOOKLET 13ページ, ゲゲゲの鬼太郎 DVD-BOX2 2007TVシリーズ SPECIAL BOOKLET 30ページ, 第2話の初対面時は第3作のユメコのように一目惚れはせず見上げ入道に生贄として勧め、第8話で鏡世界に連れ去られた時は金になりそうにないと救助不参加。第10話では7日間絶食の末にカビだらけで行き倒れていた所へ菓子パンを恵まれて好意を抱き、カビが生えて食べられなくなっても後生大事に抱えており、「世間では関係が認められないだろうから、せめてまなちゃんを見守る」と称して学校で贈り物をしたり彼女の机を掃除したりと隠れながら付き纏った。しかし、まなにしてみれば怪談じみた不気味な現象としか映らず、最後まで彼の恋愛感情に気付くことは無かった。ねずみ男に自覚は無いながら、やっている事は, 鬼太郎より先に映像作品になり、同じく社会風刺から、勧善懲悪ヒーロー活劇に変わった『, 伝記や史伝漫画系の作品で進行や案内役の時も、『鬼太郎』シリーズ同様に一人称は「オレ」だが、時折「わし」や「わたし」となったり、『鬼太郎』本編と異なり礼儀正しく敬語を使った丁寧な口調で解説する場合も多い。鬼太郎ファミリー、作者の水木しげる、, 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』ジバニャン役に黒田崇矢さん、ねずみ男役に大塚明夫さん決定! 待望の本予告映像が解禁- アニメイトタイムズ(株式会社アニメイトラボ), "ねずみ男のオーディションを受けたのは今回が2回目。前回は落ちたが今回は決まった!念願のねずみ男を演れる!やった~٩(^‿^)۶‼️", https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ねずみ男&oldid=79822738, 貸本版「おかしな奴」では、鬼太郎が父からちゃんちゃんこを授かった直後に現れ「自分は怪奇界の, 講談社刊『小説ゲゲゲの鬼太郎』第1話「鬼太郎の誕生」では、鬼太郎が育ての親の家を出た直後、猫娘から魚を横取りして逃げて来る。ここでは鬼太郎と出会う以前から猫娘や, 原作『妖怪大統領』では、鬼太郎のちゃんちゃんこの力もあるが、自分のヒゲを髪の毛針のように飛ばしていた。, 『牛鬼』で牛鬼に呑み込まれた時は体内でその脳波を感知し、それで得た情報を脱出後に鬼太郎に話している。, 『幽霊家主』では、目玉おやじから魂を離脱する術を習得している。ただし離脱中の肉体の用心を怠り、後でひどい目に遭った。, 原作『鬼太郎の世界おばけ旅行』では、キーエフ配下の吸血鬼の大群に襲われた際、瞬時に地中に潜って危機を回避した(地面からは彼の足の裏しか見えない状態で、鬼太郎は足首だけ残して食われたかと誤認した)が、自力で戻れず鬼太郎に引っ張り出してもらった。, 漫画原作『地上絵の秘密』では古代語の「雲語(クモ語)」なるものを理解し話すことができるとされ、古代書を理解することが目玉おやじほどではないができる。「これができる者は俺と目玉おやじくらいだ」と話している場面がある。しかし理解があまかったため読み違い、古代書の中に閉じ込められたが、目玉おやじが呪文を逆さまにとなえると本から飛び出てきた。また、原作『井守』では邪馬台国で使用されていた古代日本語を完璧に理解し話す事ができた。, アニメ第6作第48話では、オメガトークに煽られてゲゲゲの森襲撃に向かう人間の群衆から立ち上る憎悪の黒いオーラが見えている。また同作最終話では鬼太郎を応援する者たちから憎悪とは対極の白いオーラが見え、動画配信での応援呼びかけを思いつく。, 『ふくろさげ』でふくろさげの封印を解いて妖怪エネルギーを吸い取られた際、人間としてのエネルギーは残って助かった(アニメ第3作版では、子泣き爺達がエネルギーを吸われて全身青白く萎れる所を、ねずみ男は右半身だけ萎れた)。, 『こま妖怪』では妖力を吸引する岩をものともせずに動かして、行動不能になっていた鬼太郎を救出している(ただし、その岩を投げて鬼太郎を下敷きにしたのは妖怪あまめはぎである)。, アニメ第3作100話では鬼道衆の本拠地を囲む結界(純粋な妖怪は衝撃を受け通れない)を素通りできた。目玉親父はこれを利用して、ねずみ男を貢ぎ物に隠して敵に運び込ませる「. ねずみ男とは、ゲゲゲの鬼太郎に登場する主要な架空のキャラクターの一人で、半妖怪である。, 自称ビビビのねずみ男。鬼太郎の親友(悪友)。自称怪奇愛好家、怪奇研究家。300年以上も生き続けている半妖怪で、ローブを纏ったその姿はインド乞食と呼ばれることも。, 原作墓場鬼太郎では「下宿屋」より登場する。(ちなみにこの頃は今よりもネズミっぽい顔だった)鬼太郎一家との出会いは作品によって異なり、かつては同窓生だったというものまである。, 鬼太郎の仲間ではあるが、仲間意識があるとは言いがたく、常に強い方や儲かる方の味方である。, 鬼太郎を親友だと言ってはいるものの、自分の命や金儲けのこととなると平気で裏切る。 そのため一切登場しないエピソードすら生まれてしまったが、レギュラーの地位は外していない。, 衣の色が初めてアニメでは黄色となり、以降アニメのねずみ男は黄色ということが定着した。, 実質レギュラーから準レギュラーに格下げされた。 目玉おやじから一貫して煙たがられる一方、鬼太郎からは比較的大事に扱われている。1期の初期は手厳しい対応を取られることも多かったが、回を重ねるごとに悪友として描かれることが多くなった。 しかしプライドが高いため、「インキンタムシ」や「ノウマクエン」となど呼ばれたりすると怒り出す事も少なくない。 時代にあわせてねずみ男の収入方法も変化し、ボロ儲け話だけでなく普通にバイトするエピソードも見られた。 役柄を変えて登場する際は忍者、仙人、錬金術師、政治家、大国主の使い、果ては神として登場したこともあり、名前も異なる時がある(例として、フランスの腰巻デザイナー・「カルダン」など)。 2期は完全に全話登場となって主役級な活躍回も頻繁となっており、時には鬼太郎よりも目立ち、話を動かす回も多かった。 鬼太郎との距離は総じてこれまで以上に離れており、仲良しとして描かれる場面はかなり少なかった。とはいえねずみ男が気まぐれにラーメンを奢ったり、逆にねずみ男がマンモスフラワーに寄生された時は、鬼太郎が必死になって救おうとするなど、ややドライながらも腐れ縁的な関係となっている。 そのため彼が近づくだけで周囲は悪臭に悩まされるのだが、鬼太郎達は慣れているのか鼻を塞いだりすることはない。, 他のメンバーと比べると戦闘力に乏しく見えるが、口から吐き出される口臭とロケット噴射のようとすら例えられるほどの屁など、実は強力な武器をいくつか持つ。, また、これは敵に放たれることが少ないものの、「ビビビ!」という効果音による強力なビンタもある。これがビビビのねずみ男の由来でもある。, 敵にも味方にもなるキャラクターだが、当時の子供達からは敵役とみなされがちだったのか、アニメにおいて大塚周夫がこのキャラクターを演じていることを大塚明夫が少年時代クラスに打ち明けたところ、「ねずみ小僧」「小ねずみ男」などとからかわれることがあったという。, このように救いようのないキャラクター性をもつが、こうなったのは鬼太郎親子と会うまでは人からも妖怪からも蔑まれてきたという悲しい過去が背景にある。ねずみ男を演じた大塚周夫も、「人間でも妖怪でもお化けでも何でもない存在だから行く場所がなく孤独化して、寂しいからどんどん性格が悪くなっていく」という趣旨のキャラクター分析を行っている。, こうした事情を汲んでからか、鬼太郎は時に激怒して厳しい制裁をくわえたり絶交宣言をすることはあるものの、ねずみ男の悪事を大抵は許してあげている。 戦いにおいて役に立つことはほとんどなかったが、1・2期のねずみ男は口臭だけを武器にしていたことも特徴。恐らく自主規制と思われるが、後の世になって放屁が解禁されたという興味深い例とも言える。, 2期同様に全話登場で、しかも目玉おやじが1期同様に「幽霊電車」回だけ未登場などの出番的に控えめな事例も幾つかあったため、全体的に従来より彼の方が目立っている。 !ねずみ男は死刑だ」)。, 第4作では鬼太郎と共に行動することは少なく、事件先に既にねずみ男がいて敵対関係になったり、彼が原因を引き起こしたり、鬼太郎を利用した金儲けを思いついたり、バイト先などで事件に巻き込まれ鬼太郎に助けを求めることが多くなっている。距離もこれまで以上に離れており、鬼太郎に「親友だろ?」と言っても「誰が親友?」と受け流されている(10話)。しかし、鬼太郎が土地転がしから銃で撃たれて倒れた際に心配して駆け寄ったり(35話「鬼太郎の地獄流し」)、商売が成功して羽振りが良くなった際に鬼太郎に食事を気前よく奢ったり(53話「霊園行き!幽霊電車」)もしており、65話でねずみ男が巨大樹マンモスフラワーに変化した際、鬼太郎も必死に彼を助けようとするなど友情の強さを感じさせる場面も見られる。, 第5作では互いの友誼がしばしば描かれ、悪友という面が強調されている。一緒にふらりと旅に出ることも少なくないらしく、42話では共にドライブに、84話では妖怪昆虫採集(鬼太郎はねこ娘と映画を見に行く約束をすっぽかした)に出かけたりもしている。14話では牛鬼に憑りつかれ、体を乗っ取られたねずみ男を救うため鬼太郎が「友達だもんな」と身代わりとなり活火山の火口に身を投じたり、27話ではねずみ男が黄泉の国の霊石を盗んだ罪で無間地獄に落とされそうになった際に「どうしようもない最低の奴だが、地獄に落ちるほどの悪党ではない」と評している。ねずみ男も47話の妖怪大裁判で百々爺に協力するふりをして裁判で鬼太郎の無実を証明するなど友情に厚い面を見せており、また裏切り時も鬼太郎を放っておけず助けることもある(54話[18]、劇場版『日本爆裂! そのためか、狡賢な素振りはかなり影を潜め、朗らかで友情や人情に厚いキャラづけになっている。 大塚周夫は東京都出身の声優である。享年85。 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系他)のねずみ男などを担当した。吹き替えではチャールズ・ブロンソンなどが持ち役である。 息子は声優の大塚明夫。父と叔父は彫刻家と芸術一家の生まれ。 原作やアニメ同様の狡猾さ不潔さ間抜けさなどを見せ、演じた大泉独自のコミカルなアドリブも多く見られた。仲間妖怪から「最低」と呆れられる裏切り行為も見せる一方で、いざとなれば仲間を助ける優しさも見せ、お調子者だが憎めない描写が成されている。 一方で目玉おやじはねずみ男が大嫌いで、顔見ればすぐ罵るようなパターンが多い。もっともこれはねずみ男が余計なことを口走ったり、ろくな行動を起こさないためのことであるから仕方ない。, 水木しげるにとって、ねずみ男はゲゲゲの鬼太郎では唯一のお気に入りキャラクターであり、鬼太郎以外の怪奇短編にもスターシステムのような形でよく登場する。その場合ヒゲがないことが多い。(彼だけが登場する作品を集めた「ねずみ男の冒険」という文庫本が存在する。) 実は目玉のおやじ以外の全ファミリーに対して殺害に近い経験がある。目玉おやじも、初対面時に天ぷらにされてドラキュラに食わされている。, 家族愛に弱く、死神に自身の兄だと偽られた時もあっさり信じてしまうが、鬼太郎抹殺に加担させられる。小池小百合との結婚時やむじなが化けた弟と暮らした際は心を入れ替え正規に働くが、騙されたり悲劇に終わってしまう。あかなめや白うねりとの同居時も責任感を持った。見越し入道の息子を拾った時には、ねずみ男の「親心」が見せた叱責により親の見越し入道を改心させている。 厄介な問題ばかり起こすトラブルメーカー。小悪党で金儲けにはドライな行動も躊躇わないが、その反面で涙もろく情に流されやすい心境を見せる事も多く、捻れた性格の中に義理人情に厚い一面を持つ。鬼太郎親子や仲間の妖怪にとっては、迷惑を掛けられつつも憎めない存在だが、ゲゲゲの森で暮らす以前は半妖怪であると言う理由で人間と妖怪の両方から蔑まれた哀しい過去を持ち、鬼太郎たちの仲間となってからも理不尽な目にあうことが時折ある。 妖怪に殺されかけた友人を救う手段を求めてゲゲゲの森に来た主人公を警戒し、鬼太郎の護衛のために鬼太郎ファミリーらと一緒に取り囲む。しかし彼らが鬼太郎の事をほとんど知らないことに気付き、「自分が鬼太郎である」と嘘をついて小金をせしめようとして、「鬼太郎ってセコイ」と呆れられた。 天涯孤独の身の上や、半妖怪ゆえ蔑まれてきた経歴から「家族」に対して憧れている節もあり、その気持ちを「むじな」に利用されてしまうこともある。この話は1期、3期、4期と多くアニメ化されているが、その結末は方向性の違いゆえかそれぞれ大きく異なる。, 猫系妖怪が天敵だが、猫娘とは原作とアニメで多少関係性が異なる。 『妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム』, 『ゲゲゲの鬼太郎』『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 脳の一部に「夢見る機能」が異常に発達していて、「目前に何か素晴らしい事が待ち受けてる」と夢想する感覚になりやすいため、その応用で新たなビジネスを発掘するなどの才能も持ち、人間の社会に対する適応力は並の妖怪より遥かに上。情報収集力にも優れ、自分を売り出すアピールも図々しいくらい強引で、悪人だろうと徹底的に利用する図太さがある。悪行を除けば、感性や常識も問題なく、一時的にでも社会でそれなりに成功している事が少なくない。目玉の親父は、「鬼太郎にもねずみ男のような"ずるさ"かあれば…」と呟いたこともある。, 半妖怪であるため妖怪的な能力が弱いが、逆に妖怪と人間のハーフだからこそ体現できる耐性がある。

中野江古田病院 5ちゃんねる, ラブライブサンシャイン 聖地巡礼ガイド, インフルエンザHAワクチン KMB, 島本真衣 兄弟, Safari Yahoo 開けない, 明細 対義語, 注文明細 英語, イギリス国旗 上下, ツイッター 検索 除外 アカウント, エヴァ オブジェ 荒野, 三浦春馬 占い, ハンズメッセ 買ったもの, 許可 対義語, インフルエンザ 関節痛 理由, 対比 使い方, 内外薬品 読み方, 三 月のライオン 映画 アニメ 違い, 弱くても勝てます Pandora, 中村倫也 映画 ランキング, 南大分中学校 事件, 味覚障害 ストレス, 松ぼっくり イラスト 書き方, Intensive 例文, 白猫 経験値+30 アクセ, Twitter 不具合報告, エクセル 重複削除 関数,