島田講平さんの実弟( 島本真衣さんの叔父 )、島本啓次郎さんも プロ野球選手 でした。 1977年撮影と記載がありますので、啓次郎さんがジャイアンツに入った当初に撮られたと思われる記事画像が ⇒ こちら 兄弟ともにイケメンですね。 島本 講平(しまもと こうへい、1952年11月1日 - )は、和歌山県海草郡下津町(現:海南市)出身の元プロ野球選手(外野手)・野球解説者。, 箕島高校時代は主戦投手・4番打者として活躍し、1970年の第42回選抜高等学校野球大会で優勝。チームを全国制覇に導き[1]、前年の選手権大会で準優勝した三沢高校(青森)のエース・太田幸司(後、近鉄バファローズに入団)に続いて甲子園のアイドルとなる。太田の愛称・コーちゃんと自身の「講平」の名に因んで、「コーちゃん2号」や「2代目コーちゃん」と呼ばれた。選抜大会で優勝投手となった島本は、同年夏の第52回全国高等学校野球選手権大会にも出場。1回戦で北見柏陽高校から完封勝利(スコアは8-0)を挙げるも、2回戦で湯口敏彦を擁した岐阜短期大学付属高校に1-6で敗退している。 父は、南海ホークスや近鉄バファローズで活動した元プロ野球選手の島本講平。 叔父は、読売ジャイアンツや近鉄バファローズでプレーした元プロ野球選手の島本啓次郎 島本 真衣(しまもと まい、1983年 12月11日 - )は、テレビ朝日の女性アナウンサー。 兵庫県出身。. 島本真衣さんはいつ結婚して!どうして離婚したの?お子さんは? 島本真衣さんは、学習院大学を卒業した2006年4月に新卒でテレビ朝日に入社を果たしています。 入社してからは高校野球番組を担当。 島本さんでもなければ、真衣ちゃんでもありません。 彼女のことを呼ぶときは「まいぷ」と声を掛けて頂きたい。 というか、もう本人が「まいぷ」と言ってます。 お父様は、南海ホークス・近鉄バッファローズで活躍した元プロ野球選手!叔父様は読売巨人・近鉄バッファローズ活躍した元プロ野球選手!です。, お父様の兄弟が元プロ野球選手で活躍しており、そのDNAを持って生まれた彼女は幼い頃からスポーツ万能な上、学力も素晴らしい経歴を持っています。でも、気になる経歴が一点だけ・・・。彼女は政治家と結婚したにも係わらず1年で離婚をしてしまいます。, 島本真衣さんは、学習院大学を卒業した2006年4月に新卒でテレビ朝日に入社を果たしています。, 入社してからは高校野球番組を担当。自身のお父様や、叔父様も甲子園出場経歴を持っている事から、一味違ったレポートを繰り広げていたようです。余談ですが、幼い頃からお父様とバッティングセンターなどには定期的に通っていた事を明かしており、高校選手のバッティングフォームを見て、一般の女子アナでは言いそうもない専門用語を使い、番組を進行していたことが高評価を得ていたようです。, 後に、報道番組を担当するようになり、知り合ったきっかけなど詳細はわかりませんが、2013年10月、自民党衆議院議員の小倉将信さんと結婚することが報道され、同年11月に結婚をされました。, 議員の妻となった以降、2014年からは、報道の公平性を保つ為に、アナウンサーとして、表舞台からは少しずつ消えて行くようになり、ナレーションの仕事がメインとなっていきます。, 真衣さん自身は、議員の妻として徹するためにアナウンサーを辞職することも考えていたようです・・・。, しかし!翌年の2015年4月には正式に離婚をしました・・・。幸いに、お子さんは出来ていなかった様です。, 現在も仕事は、ナレーションのパートが多い上京ですが、得意な情報・報道への活躍も徐々に増えていくと期待されています。, 離婚後、新しい恋の噂などはないようですが、ネット上では!野球選手との再婚を望む声も多い様です。, 離婚を経験した女性は、慎重に自身の人生を考えるものですが、真衣さんはスポーツ一家に育っていますから、再婚する相手の旦那様もスポーツ好きな方がいいと思います!今後も、野球の技術に詳しい女子アナの一人として活躍の場を拡げて欲しいと思いました。, 今回は、そんなママさん女子アナの中京テレビ放送(株)の政次夏希アナウンサーを紹介致します。, 2016年3月で岩手放送を退社してしまった富田奈央子アナウンサー。なぜ、退社してしまったのでしょうか。まさか、フリーに転身!?今回は、元岩手放送富田奈央子アナウンサーのご紹介を致します。, 今回は、TVQ九州放送・立花麻理アナの結婚や退社の噂や、エピソードなどを紹介していきます!. この年は、湯口(同年、読売ジャイアンツドラフト1位)や広陵高校の佐伯和司(同、広島東洋カープ同1位)と共に「高校三羽烏」「高校生ビッグ3」と並び称された。 1970年のドラフト会議では、一番くじを引いた南海ホークスが1位で指名。「チームに人気が無いから、島本で人気アップを狙う。来てくれるかな?」と、監督の野村克也から直々に指名され、高校卒業後に入団した[2]。, 入団当時、野村は島本を二刀流で売り出すことを考え、オープン戦で投手としても起用したが、プロでは通用しないと断念[3]。外野手に転向し[4]、1971年のオールスターゲームには、高卒ルーキーながらファン投票で選出された(一度も経験のない一塁手として選出)。プロ1年目の打撃成績は、8打数2安打(2本塁打)。南海では、在籍4年半でわずか16試合の出場に留まった。, 1975年シーズン途中に佐々木宏一郎との交換トレードにより近鉄バファローズに移籍。7月26日のロッテオリオンズ戦の9回裏に代打で移籍後初出場すると同点2ランを放つ。移籍初年度より西本幸雄監督に抜擢され、控えながら40試合に出場しチームの後期優勝に貢献した。同年の打撃成績は、113打数32安打、打率.283。1976年には開幕直後から四番打者として起用され、後半は失速気味となるが82試合に先発出場。翌1977年には自己最高の12本塁打を放つ。1979年は故障もあって低迷するが、同年と1980年にはリーグ優勝も経験した。リーグ2連覇の1980年には規定打席には達していないものの、打率.351を記録している(128打席、114打数、40安打)。6月28日のロッテ戦では倉持明からサヨナラ本塁打を放っている。同年の広島東洋カープとの日本シリーズでも4試合に代打、守備固めとして出場した。1981年以降も外野手、指名打者として起用され打線の中軸として活躍するが、1984年には出場機会が減り、1985年のシーズン終了後、33歳で引退。バファローズでは通算812試合に出場した。, その後は、1990年代後半までの間、和歌山放送の『WBSゴールデンナイター』(大阪スタヂアムでのホークス戦中継)やテレビ大阪の『藤井寺バファローズアワー』(藤井寺球場からのバファローズ戦中継)[5]で解説者を務めた。, 近年は大阪府東大阪市にある野球塾「チェイスアワードリーム」の塾長として、子供達に野球を教えている。, なお、実弟の島本啓次郎(箕島高校→法政大学→読売ジャイアンツ→近鉄バファローズ)とは、バファローズでチームメイトだった時期がある(1981年途中から1983年オフまでの約2年半。但し、啓次郎は1軍戦未出場の為、パ・リーグ公式戦での同時出場は無し)。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=島本講平&oldid=70734783. 島本 講平(しまもと こうへい、1952年 11月1日 - )は、和歌山県 海草郡 下津町(現:海南市)出身の元プロ野球選手(外野手)・野球解説者。 娘は、 テレビ朝日 アナウンサーの 島本真衣 。 島本真衣 幼少時代〜 ・父親はプロ野球選手の島本講平。 ・叔父はプロ野球選手の島本啓次郎。 ・自然に恵まれた環境でのびのび育った。 ・将来ケーキ屋さんになりたいと思っていた。 ・高校時代、チアリーディングをやっていた。 私生活

Party 意味, グッドモーニングコール キスシーン, エヴァンゲリオン 映画 動画 ダウンロード, シャドーハウス 48, 織斑一夏 アンチ, Ufotable 社長, 鬼滅の刃 再放送 地上波 長野, 沼津 マンホールカード, 渋谷すばる ライブ 一般, インフルエンザ 家族感染 何日後, 野ブタをプロデュース 赤西仁, 東急ハンズ Dポイント 3倍, 松岡由美 小川範子, 宇多田ヒカル ブログ, サムライ ホワイトムスク 口コミ, 日本語 いかにも, ラミエル 違い, 上田麗奈 フォトブック, 下野紘 ファンクラブ, エヴァンゲリオン 評価, アカガシワ どんぐり, 松井玲奈 ドラマ, エヴァンゲリオン 旧劇場版と新劇場版, 葉っぱ 英語 複数形, Mac ページを開けません, YouTube フィードバック 方法 Pc, エール 五郎役, 弊風 類語, 半分青い マナ, 池脇 千鶴, ツイッター 見るだけ いいね, エヴァンゲリオン 世界地図, 錆兎 プロフィール, ルパンの娘 脚本, サムライ 香水 芸能人, 赤木ナオコ 死因, 炭治郎 鬼化 上弦の零イラスト, Safari 楽天 表示されない, 燕 英語,