アーモンドは野生種に近いビターアーモンドと、スイートアーモンドに大別され、食用とされるのは主にスイートアーモンドです。, 日本国内で消費されるアーモンドは、そのほとんどを輸入に頼っており、更にそのほとんどをアメリカからの輸入に頼っています。2019年の国別輸入シェアを見ると、アメリカが約97.1%を占め、オーストラリアが約2.1%、スペイン約0.6%、イタリア約0.3%と続きます。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), アメリカのアーモンドの約99%がカリフォルニアで生産されていると言われていますが、そのカリフォルニアアーモンドの代表格がノンパレル種です。大粒でクセがなく、加工の際にも割れにくいなど利点が多く、多くの菓子メーカーが採用している品種です。, ※各サイトの検索結果画面を開きます。該当の商品が在庫切れ、またはヒットしない可能性もあります。, モントレー種は、味は良いものの粒の大きさや形が不揃いなため、主に加工用としてスライスやペースト、パウダーなどにされた状態で流通することが多く、粒のまま一般に出回ることがあまり無い品種です。, ノンパレル種によく似た種にカーメル種があります。ノンパレル種に比べると生産量は多くありませんが、こちらも人気の高い品種です。, ビュート種は小粒で丸い品種で使い勝手が良いことから、ノンパレル種やカーメル種では代用の効かない小型のお菓子などに用いられるほか、幅広い用途に使用されています。, 前述の4種は、ある程度ナッツに詳しい人でないとパッと見分けがつかないものだと思いますが、マルコナ種は形状から何から全く異なる、大きく平たい品種です。アーモンドの国別輸入シェア(2019年)では、スペイン約0.6%、イタリア約0.3%と前述しましたが、マルコナ種は主にそのスペインとイタリアのシチリア島で生産されたものが輸入されています。, 高級アーモンドの位置づけで、一般的なスーパーで見かけることはほとんどなく、高級スーパーや輸入食品の専門店の一部で取り扱われています。日本国内での流通量がそもそも少ないのですが、そのほとんどが製菓材料として薄皮が剥かれた状態のものです。皮付きのものは日本では更に珍しく、ほとんど出回っていません。, カシューナッツは、カシューナットノキに生るカシュー・アップルとも呼ばれるりんごに良く似た果実につく、種子の部分です。現地ではカシュー・アップルも食用とされていますが、植物防疫上の理由によりほとんどの地域からの輸入が認められておらず、日本ではカシューナッツのみが流通しています。, 日本国内で消費されるカシューナッツは、そのほとんどを輸入に頼っており、2019年の国別輸入シェアでは、インドが約73%、ベトナムが約26%で、この2国で実に99%を占めています。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), 将来的には分かりませんが、今のところ品質が安定していると言えるのはインド産のほうで、現地や商社、原料メーカー間では、粒の大きさやグレード別に分けられて流通しています。アーモンドのように品種ごとに流通することはほぼありません。, ピスタチオは殻つきで流通することが多く、食べる時に殻をむく作業が発生することが他のナッツとは異なる特徴の一つとなっています。味もさることながら、その作業がお酒のお供として相性が良いためか、酒好きに人気の高いナッツと言われています。逆に、「味は大好きなんだけど殻を剥くのだけが難点」だという方は、「ピスタチオ むき身」等で検索するとお目当てのものに出会えるかもしれません。※むき身の中でも、後述する「スーパーグリーン」はびっくりするほど高いです。, 日本国内で消費されるピスタチオは、そのほとんどを輸入に頼っており、2019年の国別輸入シェアでは、アメリカが約86.8%、イランが約10.5%で、この2国で実に97.3%を占めています。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), 品質が安定しているのはアメリカ産ですが、さっぱりしたアメリカ産に対し、イラン産には深いコクと甘みがあり、筆者個人の好みはイラン産です。, スーパーグリーンという品種があるわけではなく、まだ極めて若いうちに収穫したピスタチオがスーパーグリーンと呼ばれて流通しているものです。本格的なケーキの上に、ちょこんと一粒だけ乗っていることがある、と言えば思い出す方も多いのではないでしょうか。ちなみに、びっくりするほど高いです。, クルミは味もさることながら、見た目や名前の可愛らしさからも人気の高いナッツで、ほとんどが殻を剥いた状態で流通しています。10年ほど前までは、硬い殻に覆われた状態のアメリカ産の殻付きクルミが出回っていましたが、筆者の知る限り2020年現在は少なくとも商業ベースでは輸入されてはいません。したがって、殻付きの状態で流通しているものはほぼ国産のものだと考えられます。, 日本に輸入されるクルミのうち、およそ97%がアメリカ産で、約1%が中国産です。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), 一般にクルミとして流通しているのはシナノグルミ(菓子クルミ)と呼ばれる品種ですが、非常に硬い殻に覆われたオニグルミという品種が、日本や中国、朝鮮半島に自生しています。, マカダミアナッツは、マカデミアナッツとも呼ばれるオーストラリア原産のナッツです。非常に硬い殻で覆われ、更にその外側が繊維質で覆われています。その殻をむく加工に手間がかかることと、主産地であるオーストラリアの人件費の高さも手伝って、ナッツの中でも高級品として取引されています。, マカダミアナッツと言えばハワイの印象が強いと思いますが、日本に輸入されるマカダミアナッツは、オーストラリア産が約69%を占め、アフリカからの輸入約26%を合わせると約95%になります。アフリカの内訳は、南アフリカ約10.9%、ケニア約9.4%、マラウイ約6.1%となっています。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), 筆者はアフリカ産のマカダミアナッツにはあまり詳しくないのですが、主に業務用ルートで流通しているのだと考えられます。それなりの量が輸入されていますが、ショッピングサイトではマラウイ産は数件ヒットしたものの、南アフリカ産とケニア産はほぼヒットしませんでした。, ヘーゼルナッツは、アーモンド、カシューナッツと並び、世界三大ナッツと呼ばれるナッツです。アイスやチョコレート等に入っていることも多く、日本でも馴染みのあるナッツだと思いますが、そのまま単体で食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。, 日本国内で消費されるヘーゼルナッツは、そのほとんどを輸入に頼っており、2019年の国別輸入シェアでは、実にトルコが約98.7%を占め、イタリア約1.0%と、ほぼこの2国からのみの輸入実績となっています。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), イタリア産のヘーゼルナッツは、アーモンドのマルコナ種と同様にシチリア島で収穫されたものが主で、やはり高級品として扱われています。, ピーカンナッツは、ペカンナッツやヒッコリーとも呼ばれます。業界人と一般の消費者の方で最も知名度に差があるナッツではないでしょうか。ナッツに関わる業界では前述の6種とほぼ同列に扱われていますが、一般的にはあまり知られていないかと思います。, 日本に輸入されるピーカンナッツの約99.9%はアメリカ産です。(日本ナッツ協会:輸入統計2019年より), 形状や食感はクルミとよく似たナッツですが、色は深い茶色で、そのまま食べるとやや苦みのあるクルミに対して、ピーカンナッツは優しい甘みがあり、ローストしたものをそのまま単体でも美味しく食べることができます。, 筆者の個人的な好みですが、単独で食べた時に最も美味しいと思うナッツがこのピーカンナッツです。, ブラジルナッツは、ブラジルナットノキの種子で、その名のとおりブラジルを含む南米で収穫されます。栽培は困難で、自生しているものを手作業で収穫したものが流通しています。, 日本ではあまり馴染みのないナッツだと思いますが、2016年のリオのオリンピックの際に、ブラジルつながりで売れると見込んだ商社がそれなりの量を輸入し、売り場にどっと並んだことがあったりします。ですので、その前後にスーパー等で目にしている方も多いかもしれません。それ以来、人気や販売が継続している場所もあるようです。, ピリナッツは、ピリという熱帯性の高木の種子で、主に東南アジアに分布します。ピーナッツ(落花生)に字面が似ていますが、全く関係ありません。商業ベースで栽培されているのはフィリピンのみで、日本国内で少量流通しているものもフィリピン産です。, 一粒が大きいナッツで、舌触りが良く品のある甘みもあり美味ですが、流通量が少なく高価なナッツです。品質面でやや当たり外れがある印象ですが、美味しいものは本当に美味しいです。, 松の実は、成熟した「まつぼっくり」の中にできる種子の中の「白い胚乳の部分」のことで、中国料理や韓国料理、イタリア料理や製菓材料として利用されています。, イチョウの種子の部分で、日本でも茶碗蒸しでおなじみの木の実だと思います。国産のほか、中国産や韓国産のものも流通しています。, 栗をナッツに含めるかは議論のあるところだと思われますが、木に生る実、食用とされる木の実であることは間違いありませんので、リストアップしました。日本食品標準成分表2015年版(七訂)においても種実類に分類されています。, 中国栗は、中国や朝鮮半島、日本国内でも収穫されます。よく耳にする天津甘栗は、定義が複雑で、中国栗自体の別名・通称として使われることもあれば、天津港から出荷された栗のみを天津甘栗と呼ぶこともあり、料理としての天津甘栗を指すこともあります。, 和栗は国内では茨城県や熊本県、朝鮮半島にも古くから自生していますが、他の品種の栗と比べても皮が剥きづらく、高齢化が進んで剥き加工をする業者さんが少なくなっていることもあり、国産栗や韓国産の栗であっても一旦中国に輸送して加工してから再輸入しているところも多いそうです。, ヨーロッパ栗は、フランスやイタリアなどヨーロッパの広範囲で栽培され、ヨーロッパ栗の中でも更に細分化された品種の違いによって、モンブランに向くものやマロングラッセに向くものがあるとされ、焼き栗としても利用されます。, ココナッツもナッツに含めるかは議論があると思いますが、硬い殻に覆われた木の実で、日本食品標準成分表2015年版(七訂)における分類では、胚乳のうち液状の部分に関するものが果実類に、固形の部分に関するものが種実類に属しています。, 近年はココナッツミルクやココナッツオイルが人気ですが、ココナッツの実そのものをしっかり味わうならココナッツチャンク(chunk:大きい塊)という形態のものがおすすめです。, サチャインチナッツは、サチャインチと呼ばれるトウダイグサ科の低木の種子で、別名インカのナッツとも呼ばれます。インカの別名が示す通り南アメリカに自生しますが、商業ベースで栽培されているのは東南アジアのタイで、南アメリカのものに比べ品質も安定しているようです。, 体に良い成分が壊れてしまわないように、との理由で生食を薦める記述を散見しますが、生の種子には毒性がありますので熱して食べるべきです。また、感じ方の個人差やナッツの個体差はありますが、やや土臭い風味がありますので、その意味でも加熱・味付けをして食べた方が良いでしょう。もっとも、日本で流通しているサチャインチナッツのほとんどはロースト済の状態だとは思いますが。, トチの実は、その名の通り栃木県の県木にもなっているトチノキ(栃の木)の種子です。近縁種のセイヨウトチノキの実についても、ヨーロッパで「マロニエ」として食用とされてきました。, トチの実の食べ方について筆者の知識が乏しいため、引用させていただきます。国産のものが少量流通しているようです。, 「とち」の実は、中部以北の山間地で主として採取される。苦みがあるので、灰汁(あく)に漬し、水さらしして粉にし、餅に混ぜて食べられる。, 筆者の知識が乏しいため、引用させていただきます。国産のものが少量流通しているようです。, ドングリはブナ科の果実の総称で、人生で一度くらいは食べたことがある方も少なくないかもしれません。筆者も小学生の時に食べた記憶がわずかにあるのと、大学時代、事の経緯は忘れてしましましたが、教授がキャンパスに落ちているどんぐりを電子レンジにかけて食べていたのを一つ頂いたことがあります。ブナ科と言っても、ブナやクヌギなど多岐に渡りますが、食用に適するのはシイの実とも呼ばれるシイ属またはマテバシイ属のドングリくらいで、衛生的なものであれば、生で食べることも出来るようです。なお、前述の栗もブナ科のため、広義にはドングリに含まれますが、一般にドングリと認識されることは少ないかと思います。, ここまで、固い殻や皮に覆われた食用の果実や種子で、その種実類のうち「木の実」であるものについて、ナッツ類として挙げてきました。木に生るものであっても、一般に食用とされる部位が柔らかい果肉の部分であるもの(フルーツ)については挙げていません。また、食用とされる種実類であっても、ひまわりの種やカボチャの種のような、木の実でないものについても挙げていません。番外編として最後に挙げる2点は、木の実ではないけれども、「ナッツ」の名がついているピーナッツとタイガーナッツです。, 落花生(ピーナッツ)は、見た目も食感もナッツに良く似ていますが、マメ科植物の種子で、木の実ではなく畑で栽培される「豆類」に属します。, 「そんなの常識だよ」という方もいれば、特に意識したことがなく、「言われてみれば」という方もいるのではないでしょうか。, 主に千葉県や茨城県で栽培される国産の落花生は高価ですが、輸入品(中国産、アメリカ産など)の落花生は各種ナッツと比べて安価で、味にインパクトもあることから、ミックスナッツによく採用されます。同じく安価ということと、食感に変化をつける意味で、ジャイアントコーンやガルバンソー(ひよこ豆)なんかもよくミックスナッツに使われます。, 落花生単体では、殻付き(さや付き)、薄皮つき、薄皮まで剥かれたものと様々な形態で販売されています。薄皮が剥かれたものは素焼きではなくバターピーナッツであることが多いです。, タイガーナッツは、ショクヨウガヤツリという植物の塊茎(養分を蓄え肥大した地下茎)で、ナッツではありません。塊茎として最も有名でイメージしやすいのは「じゃがいも」かと思います。, タイガーナッツを長年輸入販売されてきた業者さんもいらっしゃいますが、日本で一般に知られるようになり始めたのは、ここ数年のスーパーフードブームで、その一つとして注目が集まったことが大きいものと考えられます。, 飲茶、プーアル茶、ウーロン茶、ピラフ、焼売、栗、かりんとう、天津飯、餃子、ニンジン、ハツカダイコン、ゴボウ、レタス、ブロッコリー、冷凍庫、ザボン、ドリアン、キウイフルーツ、牛乳、チーズ、バター、クリーム、ヨーグルト、その他, ザワークラウト、マッサ、アンチョビ、バルサミコ酢、シュールストレミング、マーマイト、ベジマイト、バニラビーンズ、カカオ豆、インジェラ、ルイボスティー、ナタデココ、テンペ、コピ・ルアク、ナンプラー、ヌクマム、腐乳、臭豆腐、キムチ、ホンオフェ、キビヤック, 【国家資格】栄養士、管理栄養士、調理師、製菓衛⽣師ほか【民間資格】食品表示検定、ソムリエ、野菜ソムリエ、食学士、食品安全検定、DNAイートスタイルアドバイザー、食生活アドバイザーほか, トリュフはセイヨウショウロ属のきのこの一種で、世界三大珍味の一つに数えられる高級食材。白トリュフと黒トリュフに大別され、イタリアやフランス等で産出される。トリュフを使った調味料にはトリュフソルトやトリュフオイル等があり、トリュフの香りの加工食品としてはトリュフ味のポテトチップスやトリュフ味のミックスナッツなども流通している。, キャビアはチョウザメの卵で、チョウザメは鮫ではありあません。カスピ海の3大キャビア(ベルーガ/オシェトラ/セブルーガ)の他、スターレット、バエリ、ナカーリ、アムール、カルーガ等の種類があり、ランプフィッシュキャビアやアブルーガ等の模造品(イミテーションキャビア)もあります。, 【栄養価パターン】海のミルク、森のバター、畑の肉 【見た目パターン】海のパイナップル、畑のキャビア、グリーンキャビア 【稀少価値パターン】森の宝石、黄色いダイヤ 【ローカルパターン】インドネシアの納豆、富山湾の宝石. 人気のページ 【合格者が語る】食品表示検定・上級の勉強方法. 2020.06.12 2020.07.19 【合格者が語る】食品表示検定・中級の勉強方法. 木の実 草の実: トップページ : 樹のファイル 木の実 : 土から芽が出て 太陽の恵みを受けて 枝や葉を広げ 花を咲かせて 実をつける 脈々と永い時を 先祖から子孫へと繋いでいきます 木の実も草の実もそのさまざまな形に驚きの新発見がたくさんあります 色の鮮やかさ 美しさにも魅了されます 自然の素晴らしさに敬服と拍手 ナッツ(木の実)の種類一覧 . 野生のハーブ・香辛料の探し方【日本に自生しているハーブ達】 たき火初心者が着火剤なしで「ふたりソロキャンプ」片手に着火に挑んだ話 . ここまで秋に食べられる木の実 ... 何種類食べたことある?通学路に生えてる食べられる草木や木の実たち .

言う 類語 小説, はぐれ刑事 なんJ, スイス チューリッヒ 観光, 内訳 英語, COUNTIFS エクセル, 西島秀俊 ブログ, 鬼滅の刃 一番くじ 売り切れ店舗, 東急ハンズ 人気商品 2020, エゾリス 画像, 分かりやすい説明ありがとう 敬語, スマホ画面 チカチカ Aquos, アンハサウェイ 代表作, Wowow きめつのやいば, イナビル 効果, 藤岡弘 本名, 鬼滅の刃 柱 死亡, 芸能人 香水 2019 メンズ, In Detail In Details, 開成高校 野球部 ユニフォーム, 海月姫 漫画 全巻 無料, 関ジャニクロニクルf カラス, パズドラ 碇ゲンドウ 周回, 日の出町平井 殺人, フィードバック 報告書, ドコモ 通信できない, Twitter いいね 消えて いく, はぐれ刑事純情派 最終回 動画, 鬼滅の刃 一番くじ 無限列車, うろこだきさこんじ お面を取った顔,