盆栽(ぼんさい)とは、木のほか草、苔を鉢(盆栽鉢、盆器)に植えて、枝ぶり、葉姿、幹の肌、根および鉢、もしくはその姿全体を鑑賞する趣味。 自然の風景を模して造形するのが特徴である。外国でも日本語の発音を基にした「bonsai」で通じることが多い 盆栽としても人気ですよ。 ヒイラギ(柊)の花言葉は「先見の明」 トゲのある特徴的な葉と赤い実のコントラストが美しいヒイラギ。花言葉は 「先見の明」「用心深さ」 です。 古来より トゲがある葉を持つ木は魔除けの能力を持つ縁起木といわれています。 『叶えられた希望』 沢山の種類の苔があります。, 苔はシダ類のように胞子で増える植物です。なので花は咲きません。しかし、胞子体を花に見立てています。, お家の陰湿な場所にはえている苔を飾りたいとは思えませんが、ミニ盆栽や苔玉を見ると何故か和の心がうまれ、真っ青な苔が可愛らしく見えてしまうものです。, 花言葉から母へのプレゼントとしては如何なものかと思いますが、初夏のプレゼントに苔玉だだったりミニ盆栽をあげるのもいいですね。また、プリザーブドフラワーに入れたり 流行のハーバリウムに入れてもカワイイと思います。, 花贈りは、どんな花を贈るかではないんです。どんなキモチを贈るかなんです。贈られる人を想って選ぶ花には、それぞれストーリーができます。その選択のツールとして、花言葉も使ってみてください。. <八重>【誠実】【誠実な愛】【恋を占う】, ・マーガレット【黄】を含むマーガレットの原産地はカナリア諸島だといわれています。マーガレットはカナリア諸島に分布しているのが確認されています。, ○マーガレット【黄】を含むマーガレットは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。マーガレットは暑さ寒さにかなり弱い植物ですが、温度管理がしっかり出来れば、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメの花です。, 「誕生花」・ハボタン <和名・葉牡丹> <学名・Brassica:oleracea:var.acephala> <別名・牡丹菜 ボタンナ・阿蘭陀菜 オランダナ> <英名・flowering:kale・ornamental:kale・ornamental:cabbage>, 「花言葉」・【祝福】【慈愛】【華美】【愛を包む】【利益】【物事に動じない】【違和感を覚える】, ・ハボタンの原産地はヨーロッパだといわれています。ハボタンは地中海沿岸地域に分布しているのが確認されています。, ○ハボタンは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。一部の園芸店では種<タネ>の状態でも販売されています。ハボタンは暑さにかなり強く、寒さにもある程度強いので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。ハボタンは花を観賞して楽しむというよりも、葉っぱを観賞して楽しむ植物です。, 「誕生花」・カンギク <和名・寒菊> <学名・Chrysanthemum:indicum> <英名・Florist’s:chrysanthemum>, ・カンギクの原産地は中国だといわれています。カンギクは日本、中国、朝鮮半島に分布しているのが確認されています。, ○カンギクは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。カンギクは寒さにかなり強く、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。ただし、カンギクは暑さには少し弱いので気を付けて下さい。, 「誕生花」・ナンテン <和名・南天> <学名・Nandina:domestica> <英名・heavenly:bamboo>, 「花言葉」・<ナンテン全般>【私の愛は増すばかり】【福をなす】【機知に富む】【よい家庭】, <色別のナンテンの実の花言葉> 秋の紅葉の主役といえば楓(かえで)ですよね。楓によって真っ赤に彩られた景色は、天然の芸術作品とも言っても過言ではありません。, 紅葉の印象が強い楓ですが、新緑の姿は凛々しく、また春に咲かせる小さな花はとても可愛らしく、1年を通じて美しい変化を魅せてくれるんですよ。, ここでは楓の花言葉や名前の由来、また楓とモミジの違いなどについて解説していきます。おすすめの楓の種類なども紹介していますので、楓に興味がある方はもちろん、そうでない方もぜひ目を通して楓の美しさを知ってくださいね。, 周りの樹木と調和しながら紅葉を作る姿、そして夏から秋へとかけて美しい変化を魅せる姿が花言葉の由来となっているようです。, 「大切な思い出」も紅葉にちなんでおり、紅葉の美しさに心を打たれたこと、大好きな人と紅葉を見に行った日のことなど、紅葉が人々の心の中に大切な思い出として残っている様子が現れています。, 逆に、紅葉以外の姿が表現された花言葉が「遠慮」です。詳しくは後述する「楓の花言葉に関する逸話」をご覧ください。, 「楓」といえばカナダの国旗に描かれている葉であり、紅葉(モミジ)といえば秋に紅葉する葉を思い浮かべる方も多いと思いますが、実はそうではありません。, 楓はカエデ科カエデ属の総称であり、モミジもここに属しています。要するに楓もモミジも同じ品種なのです。, このように区別していますが、切り込みの深さについての規定などはなく、違いは曖昧になっているようです。, 楓の花言葉の中に「遠慮」というものがあります。真っ赤に紅葉する楓の姿に遠慮は全く感じられないのですが、実はこの花言葉は秋以外の楓の姿を現しているようです。, 楓は春に花を咲かせますが、その花はとても小さく、あまり人目につきません。新緑の姿もとても美しいのですが、他の樹木の緑も美しく、楓が特別目立つようなこともありません。, まるで秋に注目されることを考慮し、楓が遠慮しているかのように見えませんか?「遠慮」という花言葉はこれが由来になっているようです。, 他に「遠慮」という花言葉を持つ植物にはシクラメンがあります。うつむき加減に花を咲かせる姿が遠慮しているかのように見えることが由来です。, このように、花言葉から植物の生態が分かることがあります。興味がある方はいろいろ調べてみてくださいね。, 花束やアレンジ、寄せ植えのギフトも素敵ですが、一風変わったプレゼントを用意したい時には楓をギフトにして贈ってみませんか?一緒に花言葉も添えると、きっと印象に残るプレゼントになりますよ。, 楓は庭木という印象が強いのですが、管理をすれば鉢植えでも育てられます。和風に仕立てたい時にはイロハモミジ、洋風に仕立てたい時にはサンゴカクモミジがおすすめです。, (それぞれの品種の特徴は、後述「購入時の注意。楓の種類の選び方」を参考にしてください), いまや老若男女問わず、高い人気を、誇っている盆栽。楓の盆栽もまた独特の風情があり、注目を集めています。, ひとくちに盆栽といっても、下から上へと真っ直ぐに伸びる「直幹」、幹がぐにゃりと曲がった「模様木」、意図的に斜めに植えられた「斜幹」など仕立て方は様々です。贈る相手の顔を思い浮かべ、楽しみながら選んでみてください。, 楓の花言葉の中でも、ギフトに添えるのに相応しい花言葉は「大切な思い出」ではないでしょうか。事情がありお別れする方、これから一緒に思い出を作っていきたい方、どちらにも使える花言葉です。, たくさんの思い出が出来たことへの感謝、これから先も仲良くしたい希望など、楓のギフトと一緒に花言葉を伝えてみませんか?, 楓の他にも、日本の庭木や花木には素敵な花言葉を持っているものがたくさんあるんですよ。人気の高いおすすめの木を紹介します。, 冬から初春にかけて趣のある花を咲かせる椿。花言葉は「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」になります。, 「邪気を取り払ってくれる庭木」として人気がある一方で、「花をポロリと落とす生態が斬首を連想させる」との理由で縁起の悪い木とされている地方もあるようです。, 楓の紅葉が秋の風物詩ならば、桜のお花見は春の風物詩。お庭でお花見をするのも、なかなかの風情がありますね。, 花言葉は「精神美」「純潔」。桜はとても大きく育ちやすい性質があるうえ、剪定すると弱ってしまう傾向があります。お庭に植える時には広いスペースの確保が必須です。, 赤く染まる楓も素敵ですが、黄金色に輝くイチョウもとても素敵ですよね。イチョウは「長寿」「荘厳」「鎮魂」という立派な花言葉を持っており、神社、寺院、学校などに植えられることが多い樹木です。, こちらも桜と同じでとても大きく育ちますが、小まめに剪定にすることで樹高を抑えることが可能です。盆栽としても人気ですよ。, トゲのある特徴的な葉と赤い実のコントラストが美しいヒイラギ。花言葉は「先見の明」「用心深さ」です。, 古来よりトゲがある葉を持つ木は魔除けの能力を持つ縁起木といわれています。鬼門に植えると「邪気を払う」「鬼が入ってこない」という言い伝えもあるほどです。, シンボルツリーを植える時には、常緑樹と落葉樹、どちらにするのかを選ぶ必要があります。, 落葉樹…春~秋にかけては葉がありますが、冬になると葉が落ちてしまいます。夏は葉で影をつくり、冬は日光を取り入れてくれます。, 自宅で楓を育てる場合、まずは庭植えと鉢植え、どちらにするかを考えてみましょう。それぞれの育て方、購入する時の注意を解説します。, まずは楓の選び方です。楓には様々な品種があり、その数は300を超えるほど。中でも人気の高い品種には、以下のようなものがあります。, 植え付けに適しているのは12月~3月です。基本的に水やりは不要ですが、土が乾いている時にはたっぷりと与えてください。, 品種にもよりますが、楓は放っておくとどんどん大きく育っていきます。コンパクトに仕立てたい時は、落葉期に剪定を行いましょう。, 2年に1度、一回り大きい鉢に植え替えると根が育ちやすくなり、木も元気になりますよ。, 楓が誕生花に当てられている日にちは、10月3日と10月25日です。ちょうど紅葉が見頃の時期になりますね。, 楓の名前の由来は、葉の形がカエルの手に似ていることが語源だそうです。カエルの手、カエル手、カエルデ、そしてカエデになり、葉が風に揺れるさまが美しいことから「楓」という漢字になりました。, 事情がありお別れする方、これから一緒に思い出を作っていきたい方、どちらにも使える花言葉, 庭木・花木専用の用土を購入する。または、赤玉土70%・黒土20%・腐葉土10%を合わせて用土を作る。. 学名: Forsythia フォーサイシア(属名) <赤>【私を信じて】 英名: Golden bells レンギョウは、ちょうど桜と同じころ、春を待ちわびていたように一斉に小さな黄色い花を枝いっぱいに咲かせる低木です。 日本では、公園や校庭でよく植栽されています。玄関先に植えている家もあれば、盆栽としても人気のある花木です。 12月31日生まれの誕生花と花言葉アスナロ「誕生花」・アスナロ <和名・翌檜> <学名・Thujopsis:dolabrata> <英名・Hiba・False:arborvitae・Hiba:arborvitae> <別名・明日檜 アスヒ>「花言葉」・【不滅】【不死】【変 黒松(クロマツ/雄松)の花言葉とは? 『不老長寿』『同情』『哀れみ』『慈悲』など. <白実>【深すぎる愛】【募る愛】【機知に富む】, ・ナンテンの原産地は中国だといわれています。ナンテンは日本、中国、インドに分布しているのが確認されています。, ○ナンテンは花屋さんで切り花として販売されています。華道の生け花などでよく使われています。ナンテンは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態でも販売されています。一部の園芸店では種<タネ>の状態でも販売されています。ナンテンは暑さ寒さにある程度強く、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。, 「誕生花」・ユリオプスデイジー <英名・Euryops:daisy> <学名・Euryops:pectinatus> <別名・Grayleaved:euryops グレイリーブドユリオプス>, ・ユリオプスデイジーの原産地は南アフリカだといわれています。ユリオプスデイジーは南アフリカに分布しているのが確認されています。, ○ユリオプスデイジーは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。ユリオプスデイジーは暑さ寒さにある程度強く、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。, 「誕生花」・ストック <英名・stock> <学名・Matthiola> <和名・紫羅欄花 アラセイトウ>, 「花言葉」・<ストック全般>【永遠の美】【不変の美】【変わらぬ美しさ】【幸福】【永遠の恋】【豊かな愛】【愛情の絆】【愛の結合】【求愛】【満足】【豪華】【思いやり】【真面目】【平和】【順風満帆】【逆境に堅実】【見つめる未来】【迅速さ】【単純】【素朴】【同情】, <色別のストックの花言葉> <ピンク>【ふくよかな愛情】【豊かな愛情】, ・ストックの原産地は南ヨーロッパだといわれています。ストックは地中海沿岸地域に分布しているのが確認されています。, ○ストックは花屋さんでは切り花として販売されています。人気のある花で、一般家庭では花瓶などに一輪挿しとして飾られたり、華道の生け花でもよく使われています。花束やアレンジメントフラワーやスタンド花などにもよく使われているポピュラーな花の一つです。ストックは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態でも販売されています。一部の園芸店では種<タネ>の状態でも販売されています。ストックは暑さにはある程度強く比較的に簡単に育てられる部類の花です。ガーデニング初心者でも育てられるのでオススメです。ただし、ストックは寒さには弱いので気温の管理は気を付けて下さい。, 「誕生花」・カボチャ <和名・南瓜> <学名・Cucurbita> <英名・Pumpkin パンプキン・squash スクウォッシュ> <別名・南京 ナンキン・唐茄子 トウナス>, ・カボチャの原産地は中央アメリカ、南アメリカだといわれています。カボチャは世界中に分布しているのが確認されています。, ○カボチャは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。一部の園芸店では種<タネ>の状態でも販売されています。カボチャは品種によって暑さ寒さにかなり強い品種から、暑さ寒さに弱い品種まであるので、暑さ寒さに強い丈夫な品種のカボチャなら、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。カボチャは花を観賞して楽しめて、実を食べても楽しめる植物です。, 「誕生花」・センリョウ <和名・千両・仙蓼> <学名・Sarcandra:glabra> <英名・Japanese:sarcandra> <別名・草珊瑚 クササンゴ>, 「花言葉」・【可憐】【恵まれた才能】【裕福】【富】【財産】【富貴】【利益】【価値】【定める】, ・センリョウの原産地はアジアだといわれています。センリョウはアジアに分布しているのが確認されています。, ○センリョウは花屋さんで切り花として販売されています。正月の縁起の良い植物として、他の花などと一緒に飾られたり、華道の生け花などでもよく使われています。センリョウは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態でも販売されています。センリョウは暑さにかなり強く、寒さにもある程度強い丈夫な植物なので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。, 「誕生花」・オリーブ <英名・Olive> <学名・Olea:europaea> <和名・橄欖 カンラン>, ・オリーブの原産地はギリシャだといわれています。オリーブは地中海沿岸地域に分布しているのが確認されています。, ○オリーブは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。オリーブは暑さにかなり強く寒さにもある程度強いので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。オリーブは日当たりの良い場所で育てて下さい。オリーブは実を観賞して楽しめて、実を食べても楽しめる植物です。, 「誕生花」・アオキ <和名・青木> <学名・Aucuba:japonica> <英名・Japanese:Aucuba>, 「花言葉」・【永遠の愛】【変わらぬ愛】【美人】【艶やか】【若く美しく】【初志貫徹】, ・アオキの原産地は日本だといわれています。アオキは日本の本州、四国、九州、沖縄に分布しているのが確認されています。, ○アオキは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。アオキは暑さ寒さにかなり強く丈夫な花なので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。アオキは日陰でも育つ丈夫な植物です。, 「誕生花」・ヒノキ <和名・檜・桧> <学名・Chamaecyparis:obtusa> <英名・Japanese:cypress・Hinoki:cypress>, ・ヒノキの原産地は日本、台湾だといわれています。ヒノキは日本、台湾に分布しているのが確認されています。, ○ヒノキは花屋さんや園芸店などで苗木や鉢植えの状態で販売されています。ヒノキは暑さにかなり強く、寒さにもある程度強い丈夫な植物なので、ガーデニング初心者でも簡単に育てられるのでオススメです。ヒノキは30mから50m位まで大きくなるので、かなり広めの庭がある家には露地栽培もオススメします。ヒノキを大きく育てたくない場合は、鉢植えや盆栽の状態で育てて剪定<センテイ>などをこまめにすれば大きくなるのをある程度は抑えられます。, 「誕生花」・ロウバイ <和名・蝋梅・臘梅> <学名・Chimonanthus:praecox> <英名・Winter:sweet> <別名・唐梅 カラウメ>, ・ロウバイの原産地は中国だといわれています。ロウバイは中国に分布しているのが確認されています。, ○ロウバイは花屋さんで切り花として販売されています。華道の生け花などでよく使われています。ロウバイは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えや盆栽の状態でも販売されています。ロウバイは暑さ寒さにかなり強い丈夫な植物なので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。ロウバイは花を観賞しても楽しめて、蝋梅油<ロウバイユ>として薬としても使用できる植物です。ロウバイは2mから4m位まで育ちますので、大きめの庭がある家には露地栽培もオススメです。ロウバイを大きく育てたくない場合は鉢植えや盆栽などの状態で育てて、剪定<センテイ>などをこまめにすれば大きくなるのをある程度は抑えられます。, 「誕生花」・ユズ <和名・柚子> <学名・Citrus:junos> <英名・Yuzu> <別名・本柚子 ホンユズ>, 「花言葉」・【幸せ】【汚れなき人】【花嫁の喜び】【嬉しい知らせ】【健康美】【恋のため息】, ・ユズの原産地は中国だといわれています。ユズは日本、中国、朝鮮半島に分布しているのが確認されています。, ○ユズは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。一部の園芸店では種<タネ>の状態でも販売されています。ユズは暑さにかなり強く、寒さにもある程度強いので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。ユズは花を観賞して楽しめて、果実を食べても楽しめる植物です。ユズは1.5mから5m位まで育ちますので、大きめの庭がある家には露地栽培もオススメです。ユズを大きく育てたくない場合は鉢植えや盆栽などの状態で育てて、剪定<センテイ>などをこまめにすれば大きくなるのをある程度は抑えられます。, 「誕生花」・カサブランカ <学名・Lilium:Casa:Blanca> <英名・Casablanca:lilium カサブランカ:リリウム・Oriental:lily オリエンタル:リリー> <別名・百合の女王 ユリノジョオウ> <品種名・Oriental:hybrid:lily オリエンタル:ハイブリッド:リリー>, 「花言葉」・【祝福】【祝賀】【純潔】【栄華】【純粋】【無垢】【壮大な美しさ】【洗練された美】【無意識に出る美】【雄大な愛】【甘美】【高貴】【偉大】【威厳】【自尊心】, ・カサブランカは数種類の百合を掛け合わせて作り出された園芸品種なので、原産地ではなく生産地はオランダです。カサブランカは人の手で作り出された園芸品種なので自然分布はしていません。, ○カサブランカは花屋さんで切り花として販売されています。一般家庭などで花瓶などに一輪挿しとして飾られたり、華道の生け花などでもよく使われています。カサブランカは大変人気のある花なので、花束やアレンジメントフラワーやスタンド花などでもよく使われています。カサブランカは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。一部の園芸店では球根の状態でも販売されています。カサブランカは寒さにかなり強く、暑さにもある程度強いので、ガーデニング初心者でも簡単に育てる事が出来るのでオススメです。, ビートきよし・木之内 頼仁・高樹 澪・小錦 八十吉・秋山 エリカ・高良 匠・江口 洋介・まこと・東 貴博・古屋 隆太・かみじょう たけし・川崎 誠一郎・須藤 理恵・捧 圭一・柴嶺 亮・中越 典子・村主 章枝・川隅 美慎・木下 あかり・白石 糸・橋本 祥平・熊代 珠琳・平野 道彦・糸瀬 七葉. 和名: 連翹(レンギョウ) 花言葉の「雄弁」は、枝先に群がり咲くサルスベリの華やかな咲きっぷりに由来するといわれます。 また、枝をこすると葉や花が揺れ、盛んに話しているようにみえることから「雄弁」の花言葉がついたともいわれます。 サルスベリの誕生花 花言葉 誕生花 常緑低木 毒 万葉集 有毒 鉢植え 小高木 アセビ アシビ 馬酔木 庭木 生け垣 盆栽 房状 ツボ形 ツツジ科 スポンサーリンク シェアで花の良さを伝えたり、あとで読み返すことも可能です 花言葉の「雄弁」は、枝先に群がり咲くサルスベリの華やかな咲きっぷりに由来するといわれます。 また、枝をこすると葉や花が揺れ、盛んに話しているようにみえることから「雄弁」の花言葉がついたともいわれます。 サルスベリの誕生花 原産地: 中国. 花言葉の由来. 花言葉から母へのプレゼントとしては如何なものかと思いますが、初夏のプレゼントに苔玉だだったりミニ盆栽をあげるのもいいですね。また、プリザーブドフラワーに入れたり 流行のハーバリウムに入れてもカワイイと思います。 『verwachting(期待)』(蘭), レンギョウ属は世界に10数種しかなく、ほとんどの種類は東アジアで見られます。ヨーロッパにも1種類だけ原種がありますが、植栽として広まっているのは、中国原産種をドイツで品種改良した大輪の花が咲く品種です。, 日本でも、切り花として売られ、生け花などに使われるレンギョウは、このドイツ生まれの園芸種です。各地の植木のほとんどは、中国大陸からの外来種です。, ヤマトレンギョウは中国地方の一部、ショウドシマレンギョウは小豆島だけに生息する固有種です。どちらも近年減少ぎみで、絶滅危惧種に指定されています。, 葉は花が終わってから出ます。枝が弓なりに長く伸び、花の重みで先端が地面まで垂れ下がることもあります。園芸界では、この樹形のレンギョウを, 一見、レンギョウとの区別がわかりにくいですが、近寄って花を見ると、微妙に違います。, チョウセンレンギョウとシナレンギョウの花は、黄色がやや濃い目で、花びらが細長くなっています。チョウセンレンギョウは少なく、ちょうどいい花の写真が見つからなかったので、こちらはシナレンギョウの写真を載せておきます。, 冒頭にも書いた通り、寒さが緩み、ポカポカとした春の訪れを知らせるように一斉に満開になる姿が、西洋では“春本番を告げる花”と受け止められてきました。, 鈴なりに咲き乱れた枝を見て、これから訪れる活動シーズンのことを思ってワクワク胸を膨らませる印象から、, レンギョウにこれほどポジティブな印象を抱くのは、この花の強い繁殖力からくるイメージも影響しています。, シダレレンギョウの枝先が地面につくと、そこからも根が出て新しい株となります。増やす時は、挿し木で簡単に根付きます。, 黄色は、西洋では不吉なイメージもありますが、東洋では喜びを表します。また、黄金を連想させるので、幸運や金運を呼び込む、縁起のいい色です。, 中国では、早咲きのレンギョウは、春節(中国のお正月)を祝う花の定番となっています。, ポジティブな表現に満ちた花言葉の中に、なぜか日本人はひとつだけネガティブな言葉を加えました。この由来は探しても見つかりません。, もしかしたら、「中身がない」ことが「他者の言いなり」のイメージにつながったのかも・・・これはあくまでも仮説です。断定して広めないでくださいね。, 分類: モクセイ科レンギョウ属 花持ち期間: 4~5日 ©Copyright2020 花かんざしflowerShop.All Rights Reserved. 『attente(期待)』(仏) ピンクの花を春に何本もつける落葉樹、ハナカイドウ。庭木や盆栽として古くから親しまれています。今回は、ハナカイドウの花言葉と育て方をご紹介します。 ハナカイドウとはどんな花を咲かせる植物? 『豊かな希望』 <黄>【寂しい恋】【淋しい愛】 <赤実>【幸せ】【私の愛は増すばかり】【福をなす】【よい家庭】 黒松は松の1種なので、花言葉も松と同じものが付けられています。不老長寿は、松の樹齢が長く、月日がたつにつれて品格を増すその姿に由来しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。. 「誕生花」・アスナロ <和名・翌檜> <学名・Thujopsis:dolabrata> <英名・Hiba・False:arborvitae・Hiba:arborvitae> <別名・明日檜 アスヒ>, ・アスナロの原産地は日本だといわれています。アスナロは日本に分布しているのが確認されています。, ○アスナロは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。アスナロは暑さ寒さにかなり強い丈夫な植物なので、ガーデニング初心者でも育てる事が出来るのでオススメです。アスナロは10mから30m位まで育ちますので、かなり大きめの庭がある家には露地栽培もオススメです。アスナロを大きく育てたくない場合は鉢植えや盆栽などの状態で育てて、剪定<センテイ>などをこまめにすれば大きくなるのをある程度は抑えられます。, 「誕生花」・イトスギ <和名・糸杉> <学名・Cupressus> <英名・Cypress サイプレス> <別名・西洋檜 セイヨウヒノキ>, ・イトスギの原産地は北半球だといわれています。イトスギは北半球に広く分布しているのが確認されています。, ○イトスギは花屋さんや園芸店などで苗や鉢植えの状態で販売されています。イトスギは暑さにかなり強く、寒さにもある程度強いので、ガーデニング初心者でも育てる事が出来るのでオススメです。イトスギは10mから20m位まで育ちますので、かなり大きめの庭がある家には露地栽培もオススメです。イトスギを大きく育てたくない場合は鉢植えや盆栽などの状態で育てて、剪定<センテイ>などをこまめにすれば大きくなるのをある程度は抑えられます。, 「誕生花」・マーガレット【黄】【キ】<英名・Marguerite> <学名・Argyranthemum:frutescens> <和名・木春菊 モクシュンギク>, 「花言葉」・【恋占い】【恋を占う】【恋の行方】【誠実】【誠実な心】【純潔】【真実の愛】【友情】【真実の友情】【信頼】【貞節】【心に秘めた愛】【秘密の恋】【天真爛漫】【優しい思い出】【私を忘れないで】【慈悲】【予言】, <品種別のマーガレットの花言葉> 盆栽としても人気ですよ。 ヒイラギ(柊)の花言葉は「先見の明」 トゲのある特徴的な葉と赤い実のコントラストが美しいヒイラギ。花言葉は 「先見の明」「用心深さ」 です。 古来より トゲがある葉を持つ木は魔除けの能力を持つ縁起木といわれています。 【誕生日プレゼント】東京盆栽では花が咲く盆栽・ミニ盆栽が充実。誕生日プレゼントや退職祝いプレゼント、お祝いプレゼントにピッタリの盆栽をご用意。【誕生日プレゼント】 レンギョウは、ちょうど桜と同じころ、春を待ちわびていたように一斉に小さな黄色い花を枝いっぱいに咲かせる低木です。 日本では、公園や校庭でよく植栽されています。玄関先に植えている家もあれば、盆栽としても人気のある花木です。 盆栽(ぼんさい)とは、木のほか草、苔を鉢(盆栽鉢、盆器)に植えて、枝ぶり、葉姿、幹の肌、根および鉢、もしくはその姿全体を鑑賞する趣味。自然の風景を模して造形するのが特徴である。外国でも日本語の発音を基にした「BONSAI」で通じることが多い[1]。, 植物を観賞する方法として、植木鉢に栽培するのは広く行われるもので、鉢物などと呼ばれる。盆栽は広義にはこれに含まれるが、盆栽はその中で独自の位置を持つ。その目的は自然の風景を、植木鉢の中に切り取って作り出すところにある。その植物の、野外で見られる大木の姿を、鉢の上に縮小して再現することを目指すものである[2]。そのために剪定を施したり、自然の景観に似せるために枝を針金で固定したり、時に屈曲させたり(針金掛け)[1]、あるいは根を石の上に這わせたり土を掴むように露出させたり[1]と、様々な技巧を競うのも楽しみの一つとされる。, 施肥、剪定、針金掛け、水やりなど手間と時間をかけて作る。生きた植物なので「完成」というものがなく、常に変化するのも魅力の一つである。, 中国で唐の時代に行われていた「盆景」が平安時代に日本へ入ってきて始まった[1]。古くは「盆山」「鉢木」「作りの松」などとも呼ばれた[3]。能には『鉢木』の演目があり、鎌倉時代には武士階級の趣味として広く普及していた。江戸時代になると盆栽の栽培や園芸が盛んになり、盆栽が描かれた浮世絵も残る[1]。明治時代以降も盆栽は粋な趣味であったが、培養管理・育成には水やりなどの手間や数年がかりの長い時間が必要なために、生活環境の推移によって次第に愛好者は時間的余裕のある熟年層が多くなった。そのため、第二次世界大戦後から1980年代ぐらいまでの間は、年寄り臭い趣味とされたこともあった。しかし、1990年代以降は盆栽が海外でも注目を集め、英語でもBONSAIと呼ばれることもある。, 名品と評される盆栽においては樹齢100年 - 300年以上の銘品が知られる。例えば「青龍」と命名された五葉松は樹齢350年と推定されている[1]。近時は盆栽の促成栽培の技術が向上し、短期間でも(例えば10年未満)相応のものに仕上げられることがある。樹齢が明記されることも少なくないが、実際には樹齢の正確な把握は容易でないことに注意を要する。, 数ある松の品種の中でも、葉の短く、節間が短い「八房(やつぶさ)」という種類が盆栽においては小さい鉢の中で大木を表現するのに適するため珍重される。黒松(寿、寸梢など)や五葉松(銀八房五葉=略して銀八、瑞祥、九重、明星など)に多い。, 過去において八房ブームの時代があり、特に八房五葉松は投機の対象となって広がるとともに値段が高騰し、粗製乱造されるに至って評価を落とした時期もあった。しかし近年、樹齢50年足らずの瑞祥が盆栽展の中でも最高峰ともいわれる「国風展」でグランプリをとり、再び評価されるようになってきている。, また石化性と言って葉や幹の一部が刷毛状になる植物も、その形の面白さから珍重される。石化ヒノキや石化黒松、石化スギがこれに当たる。, ドライ盆栽(ドライぼんさい)は、盆栽の一種。「枯れ盆栽」とも呼ばれる。盆栽業者の藤田茂男と、キュレーションジャパンの西園寺薫によって開発された[4]。通常、盆栽は生きている樹木を剪定や水やりなどの手入れによって維持する必要があるのに対し、「枯れた状態」であるためそうしたメンテナンスが不要である[4][5]。, 枝や幹の一部分が枯れることによって、樹皮が剥がれ白色の木質部分が剥き出しになることがある。こうなった部分を、枝で起こったものを神(ジン)、幹で起こったものを舎利(シャリ)と呼ぶ[1]。自然に起こるものだが、盆栽では彫刻刀などで削り人為的に作り出すという技法がある。主に真柏などの松柏に行うが、梅などにも施すことがある。, 東京小石川周辺の盆栽業者が関東大震災で被災し、この地に移住して形成された地区[1]。, 土居町南部の東赤石山と西赤石山一帯に五葉松が自生。これを麓の地域で栽培し盆栽として加工している。, その他にも盆栽育成の盛んな地域がある。東京都には、2002年に盆栽美術館春花園BONSAI美術館が開業。また埼玉県にも2010年にさいたま市大宮盆栽美術館が開業している。, 日本の盆栽はヨーロッパでは1970年頃から「Bonsai」として根強い人気がある。盆栽は日本から盛んに輸出されるほか、ヨーロッパ産の木を盆栽に仕立てることも一般化している。, 1970年代には既に米国やヨーロッパにおいて盆栽協会がある。ヨーロッパにおいて最も盆栽文化が普及した国はイタリアとされ、1964年に村田憲司『盆栽入門書』が初めてイタリア語に翻訳されたのを皮切りに、盆栽の愛好家が少しずつ増えていった。1970年代後半から日本からの盆栽輸入が始まり、1980年初頭に盆栽愛好会などが誕生しはじめた。愛好家や盆栽専門家による盆栽展なども各地で開催されるようになり、イタリアには日本にもない盆栽のための専門学校まである。, 1989年4月6日 - 9日に第1回世界盆栽大会が埼玉県大宮市(現・さいたま市)にて開催され、参加国は32ヵ国、参加者は1200名に達した。それに合わせて、世界盆栽友好連盟(WBFF)が発足。また、第1回世界盆栽大会を訪れて影響を受けたイタリア人によって、1990年にはイタリアで第1回「ヨーロッパ盆栽大会」が開催された。1989年以降、4年ごとに世界各地で世界盆栽大会が開かれるようになり、これまで米国のニューオーリンズ(第2回)、韓国のソウル(第3回)、ドイツのミュンヘン(第4回)、ワシントンD.C.(第5回)、プエルトリコのサンフアン(第6回)、中国の金壇市(第7回)で開催された。2017年の第8回世界盆栽大会は「世界盆栽大会inさいたま」として初回開催地のさいたま市で4月27日 - 30日の4日間で開かれ、参加国は40ヵ国、参加者は1200名にのぼった。第9回大会は、2021年にオーストラリアのパースで開催すると発表された。, 2008年10月15日、オランダ輸出向けの庭木よりゴマダラカミキリが寄生されたものが見つかったことにより輸入規制強化の緊急措置が施行された。ゴマダラカミキリが侵入しない施設で2年間生育されたもの以外は輸入を認めないとする内容であり、2009、2010年度の輸出が事実上不可能となった[6]。, JETROによると、盆栽と庭木を合わせた日本の輸出額は、2001年時点で6億4000万円だったが、2011年には過去最高の67億円に達した。, なお、基本的に植物であるため、海外に発送するときには検疫が必要となる。インターネットオークションなどが発達し、国境を越えた個人間の売買が簡単になった近年では、検疫を行わずに盆栽を日本国外に輸出しようとする事件が時折発生している[7]。, 2016年2月、日本人クリエーター今吉将之(Masanori Imayoshi)が磁力で浮かせる空中盆栽 (Air Bonsai/The floating Bonsai) を発明し、米国のクラウドファンディングで発表。米国誌『TIME』で紹介されたことにより、Bonsaiの名前が世界中に広まった。, 1965年、盆栽愛好家の団体「日本盆栽協会」が設立される。盆栽師、盆栽コレクターだけでなく、盆栽を楽しみたいという初心者でも入会ができる。海外の会員も多い。, “管理に手がかからないドライ盆栽などが展示される「NEW BONSAI ART展」が開催”, https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/46372/, http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/06/0626.html, http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090409-OYT1T00600.htm, http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026790.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=盆栽&oldid=79886653.

バーレスク東京 やばい, 流暢さ 英語, 遺留捜査スペシャル 2020 ネタバレ, エクセル 以上 以下 複数, Extensive Reading For Academic Success Advanced A Student's Book, Ipad Twitter 複数アカウント, バスソルト 手作り 販売, くまのプーさん あらすじ 簡単, エヴァンゲリオン大投票 ゲスト, 除去 英語, Dtvチャンネル 解約したのに, 二次面接 お礼メール, ペテロ 否認, どんぐり倶楽部 後悔, 善逸 育手, 錦戸亮 DVD, ネジ ピッチ 計算方法, イギリス 正式名称 由来, ブリガンダイン Wiki, シンジ 使徒化, 鍋をつつく 意味,